デザイン性抜群、価格も安い!男の必須アイテムに「NEW TYPE」が新登場

持ち物にこだわる――それは何もバッグや財布だけの話じゃない。毎日使用する、何気ない日用品こそ、デザインコンシャスなアイテム選びを心がけたい。もっと平たくいえば

「どうせ使うなら、カッコイイものが欲しい!」

というわけでチェックしたいのが、こちらのアイテムだ。

kaijirushi_form1

まずは 最新鋭の流線型のフォルムに注目!なんとも男心をくすぐるカタチだ。

kaijirushi_form2次に、可動部分。直線的ではなく、なめらかな動きが画像からでも伝わってくる。どうやら機能性も十分のよう。

・・・と、かなり引っ張ったが、じつはこれはカミソリの新商品。その名も

「Xfit」クロスフィット)

コンセプトはずばりNEW TYPE!  新しいのは見た目だけでけじゃない。コストパフォーマンスや機能面でもしっかりとNEW TYPE。そのスゴさを紹介していこう!

■1年間でカミソリ代が約半分に!kaijirushi_point1

「Xfit」の魅力は、なんといっても圧倒的なコストパフォーマンスにある。ごくごく一般的なカミソリは4枚入り(約2ヶ月分)で約1,500円。「Xfit」は使い切りの本体もついて4枚入り(同じく約2ヶ月)が756円。1年間で比較すると・・・

【ごくごく一般的なカミソリを使用した場合】
1,500円(2ヶ月分)×6+ホルダー代=9,000円+ホルダー代

【「Xfit」を使用した場合】
756円(2ヶ月分)×64,536円

カミソリ代は、約半分となる計算だ。かなり経済的!!

■安くても、機能に妥協ナシ!

安価なカミソリというと、使い切りの簡易的なモノを思い浮かべてしまうが、「Xfit」は安いのは価格だけ。
機能は一切妥協せず、剃り心地を追求しているのも特徴だ。

5BLADE

kaijirushi_point4

スムーズな剃り心地は、やはり刃から。「Xfit」はオリジナルの超・硬刃技術とチタニウムコーティングを施した5枚刃。しっかり剃れて、肌にもやさしい!

3Dヘッド 

kaijirushi_point3

 自由自在に動く3Dヘッドの構造も、快適な剃り心地をサポート。さらに弾力性のあるエラストマーバンパーを採用し、肌への密着度を高めている!

 Xfit(クロスフィット)替刃4コ入り ¥756
kaijirushi_btn_02

 

■今なら「NEW TYPEパック」も!

現在「Xfit」は、『That's the NEW TYPE』をテーマに、機動戦士ガンダムとキャンペーンを展開中。店頭では期間限定で、「NEW TYPEパック」も発売している。機動戦士ガンダムのアムロとシャアという2人の「ニュータイプ」をあしらったイラストパッケージは、描き下ろしの限定品。ファンならずともチェックしたい!!

th_パッケージ_アムロ

 

Xfit(クロスフィット)ニュータイプパック アムロ/シャア ¥1,512

・35周年を迎えた機動戦士ガンダムとのコラボレーションパッケージ!・イラストは新規描き下ろし!・話題のゲーム「ガンダム デュエルカンパニー」で使用できる限定オリジナルカード2枚がもれなく封入!・購入者全員にスマホ・PCの壁紙をプレゼント!・さらに抽選でオリジナルの豪華商品が当たる!

btn_kai02

世 界 と つ な が る 、S H A V E す る       -       T A B I   L A B O

Sponsored by 貝印株式会社
男性の朝の日課。それはシェイビングクリームをつけて、髭を剃ること。剃り残しをなくすため、何度も剃ることでカミソリ負けした人も多いはず…。そんな悩みとは無縁...
人によってかっこいいの基準は様々だと思いますが、ここでは、かっこいい男が自然とまわりの人に助けられる理由を7つ紹介したいと思います。1.一所懸命な男には、...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか? 今回は、全米で2...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?その他、こんなカラーも。まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイ...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
「ロッキングチェア」といえば、おじいさんが座ってゆらゆらしていそうな木製のイス。そんなイメージが一般的でしょう。しかしここで紹介するものは、その印象を一瞬...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...