「見知らぬ人から贈られた、10万円」アナタならどうする?

「見知らぬ人から贈られた、10万円」
アナタならどうする?

見知らぬ誰かから贈られた「無償の親切」。海外の掲示版サイトに投稿された驚きの内容が話題を呼んでいる。知らない誰かから約10万円の現金が贈られてきたのだと言う。

投稿主のGingerさんはある朝、突然自宅を訪問してきた男性から郵便局のマークが入っていない贈り物を受け取った。男性はGingerさんを見ると「カレンさんですか?」と尋ねた。「カレン」は彼女の母親の名前だった。

Gingerさんは荷物を受け取り、中身を見て床に座り込んでしまった。中には「手紙」と「現金1,000ドル(約10万円)」が入っていたのだ。

Photo by gingersnap1316 on imgur

以下に手紙の全文を意訳した物を掲載する。

このギフトを、「無償の親切」として受け入れていただくようお願い致します。私の大切な家族の1人が、「無償の親切」に心血を注いでいます。彼女は様々な方法を用いて人々を助けます。そして常に匿名でその「親切」を行っています。私は彼女の想いを尊重する為に、この行いをコミュニティ化して継続的に行っていきたいと思っています。「無償の親切」は、お金を与えるなど、必ずしも金銭を伴った行動である必要はありません。シンプルに誰かと同じ時間を共有したり、話に耳を貸してあげたり、慰めてあげたり。この行動の最も重要な部分は、リターンを求めたり、期待をしたりしないことです。私達はあなたがどんな人なのかを個人的には知りません。しかし、私達のコミュニティのメンバーはあなたを「ギフトを受け取るにふさわしい人物」であることを認識しています。このお金はあなたがするべきだと思うことに必要な資金として、どうか自由に使ってください。私達は見返りを求めません。しかし、願わくばあなたが誰かの考えに何かしらの変化をもたらしたり、アイデアを実現させる為のモチベーションを向上させたり、この「親切」を次に繋いだりすることができればと考えています。From imgur

Ginger氏は掲示版でこう説明している。

「私は母親を呼んで、この手紙を呼んで聞かせました。母親はすぐに声を出して泣き出してしまいました」

彼女の母親は、3年間卵巣ガンと戦い続けていたところで、とても長くつらい道のりを戦っていた2人は精神的にも体力的にも経済的にも厳しい時期だった。しかし、この親切によって彼女の母親のストレスを解消し、希望をもたらし、笑顔を生み出すことができたと語っている。

2人はこの「無償の親切」に深く感謝している。この親切を送ってくれた恩人が誰なのかは、全く検討がつかないそうだ。

もしも「無償の親切」を受け取ったら・・・アナタならどうする?

Reference:imgur

母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
スコットランドの海に、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。ポツリと佇む真っ白な灯台が映える。そのふもとには、白で統一された小さな家。けれどこの島には、住ん...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
人に何かをあげた時ーー。相手が思いがけないプレゼントで驚き、喜ぶ顔を見るのはとってもうれしいですよね。それを利用して「もっとお花を贈ってもらおう」と、新た...
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
あなたはこの乳房をみて、どう思いますか?
キャラ弁ならぬ、「キャラプレート」で話題のサマンサ・リーさん。彼女は2人の娘を持つマレーシア在住のママで、Instagramのフォロワーはなんと世界中に7...
オランダのある牛が、今、SNSで注目を浴びています。彼女を助けるためにたくさんの人が協力し、約660万円が寄付されたとのこと。いったい、なぜなんでしょう?
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
どんなに大きい夢や達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる」「やるぞ」と信じるところがスタート地点です。でも現実は失敗ばかりで、くじけそうになること...