「見知らぬ人から贈られた、10万円」アナタならどうする?

「見知らぬ人から贈られた、10万円」
アナタならどうする?

見知らぬ誰かから贈られた「無償の親切」。海外の掲示版サイトに投稿された驚きの内容が話題を呼んでいる。知らない誰かから約10万円の現金が贈られてきたのだと言う。

投稿主のGingerさんはある朝、突然自宅を訪問してきた男性から郵便局のマークが入っていない贈り物を受け取った。男性はGingerさんを見ると「カレンさんですか?」と尋ねた。「カレン」は彼女の母親の名前だった。

Gingerさんは荷物を受け取り、中身を見て床に座り込んでしまった。中には「手紙」と「現金1,000ドル(約10万円)」が入っていたのだ。

Photo by gingersnap1316 on imgur

以下に手紙の全文を意訳した物を掲載する。

このギフトを、「無償の親切」として受け入れていただくようお願い致します。私の大切な家族の1人が、「無償の親切」に心血を注いでいます。彼女は様々な方法を用いて人々を助けます。そして常に匿名でその「親切」を行っています。私は彼女の想いを尊重する為に、この行いをコミュニティ化して継続的に行っていきたいと思っています。「無償の親切」は、お金を与えるなど、必ずしも金銭を伴った行動である必要はありません。シンプルに誰かと同じ時間を共有したり、話に耳を貸してあげたり、慰めてあげたり。この行動の最も重要な部分は、リターンを求めたり、期待をしたりしないことです。私達はあなたがどんな人なのかを個人的には知りません。しかし、私達のコミュニティのメンバーはあなたを「ギフトを受け取るにふさわしい人物」であることを認識しています。このお金はあなたがするべきだと思うことに必要な資金として、どうか自由に使ってください。私達は見返りを求めません。しかし、願わくばあなたが誰かの考えに何かしらの変化をもたらしたり、アイデアを実現させる為のモチベーションを向上させたり、この「親切」を次に繋いだりすることができればと考えています。From imgur

Ginger氏は掲示版でこう説明している。

「私は母親を呼んで、この手紙を呼んで聞かせました。母親はすぐに声を出して泣き出してしまいました」

彼女の母親は、3年間卵巣ガンと戦い続けていたところで、とても長くつらい道のりを戦っていた2人は精神的にも体力的にも経済的にも厳しい時期だった。しかし、この親切によって彼女の母親のストレスを解消し、希望をもたらし、笑顔を生み出すことができたと語っている。

2人はこの「無償の親切」に深く感謝している。この親切を送ってくれた恩人が誰なのかは、全く検討がつかないそうだ。

もしも「無償の親切」を受け取ったら・・・アナタならどうする?

Reference:imgur

母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
コレクターが多い資生堂パーラーの洋菓子シリーズは、プレゼントを選びに銀座へ足を運ぶことも含めて、楽しい贈りものです。
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
白地に赤いレトロな字体がポップ。110年を超える歴史を持つサクマ式ドロップスのなかでも、疲労回復に必要だと言われている、糖分、クエン酸、ビタミンCの3つの...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。