ノーブラ

温泉を満喫するために、欠かせないと言ってもいい浴衣。ここで、女性のみなさんに聞いてみたい。温泉でゆっくりしてから浴衣を着るとき、ブラジャーなんてしたくない...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
日本を飛び出して、今まで目にしたことがないような美しい自然に包まれたい!そんなあなたには、広大なオーストラリア大陸のなかでもノーザンテリトリー(NT)がピ...
「睡眠中のバストケア」と「基礎体温の計測」という、女性にとって大切なこの2つが一緒にできてしまう画期的なナイトブラ「IoTナイトブラ」。
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。 Photo by A...
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
自分で「選ぶ」ということ、「選ばない」ということ。
「飛び込み100件!」と命令すれば、(パワハラかよ)と部下は腹の中で毒づく。では、どうすればいいか。「キミたちなら、飛び込み営業は何件までできるだろうか...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...