孤食

未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
食用コオロギパウダーを使った「コオロギと温泉水のチップス」は、一般的なポテトチップスと比べると高栄養&低カロリーな昆虫食チップス。食べ始めたら意外とハマるかも?
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
1食3ドルほどとお財布にも優しく、シンプルだけどバランスのいい食事は、思うように外出できないお年寄りから人気が高いとか。
完全食チョコレートとして話題の「andew」に、砂糖、人工甘味料ともに不使用の「ノンシュガータイプ」が仲間入り。栄養豊富にして甘さとカロリーが抑えられてい...
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
厚生労働省が定める必須栄養素(全48種)をすべて植物性原材料のみ無添加で仕上げたバータイプの完全栄養食「CENZ BAR」。
「からあげクン」をフリーズドライにした「スペースからあげクン」が、6月10日、ついに正式に「JAXA宇宙日本食」に認証された。コンビニのオリジナル商品が認...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
3月7日(土)と8日(日)の2日間、代々木公園、NKH、NHKホール前広場にて、ふるさとの食を味わいながら、地産地消や食育をあらためて考える大規模イベント...