英語よりも役立つ!超実践的な資格・MOSが 世界中で愛される「5つの理由」

キャリアアップを考えると英語は重要。でも、毎日のように使うWordやExcelのスキルを磨いた方が、あなたの仕事のスピードは猛烈に早くなり、評価もアップするのでは?

実は、Microsoft Officeの腕前を上げつつ、世界的にも評価される資格試験がありますそれが「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」。英語は苦手だし…というあなたでも大丈夫。日本語で取得できるMOSの秘密に迫ります

01.
Microsoft Officeをマスターすれば
デスクワークに自信が持てる

Word、Excel、PowerPoint…多くの人が使っているMicrosoft Office。使いこなせている人はどれくらいいるでしょうか?

いくら資格を取得しても、使わなければ宝の持ち腐れ。その点Microsoft Officeは、あらゆる業種のデスクワークで日常的に使うソフトウェア。資格取得のための勉強が、そのまま仕事に活かせるのが特長です。
使い方をマスターすることで、いつもの仕事がスピードアップ!ますます仕事に自信が持てるようになるかも。

02.
MOSは世界共通
どこでも評価される万能スキル

Microsoft Officeは日本だけでなく、世界中で使われているグローバルなソフトウェア。MOSで学んだことは、いわば世界中で使用できると言っても過言ではありません。

世界は日に日にグローバルになっています。あなたの会社にも外国人の社員が入ってきたり、海外支社と直接データのやり取りをしたり、海外出張することだって…。たとえそんなときでも、パソコンスキルがあれば言語の壁を越えて役立てることも可能に。
しかもこのMOS、一度取得すれば世界で同じようにスキル評価を受けられます。いま学ぶべきは、やっぱり英語よりもMOSなのかも!?

03.
口下手でも大丈夫!
プレゼンに自信が持てる

海外のビジネスパーソンにプレゼンスキルの高い人が多いのは、対話をベースに普段の仕事が進むからと言われています。だからなのか、意外なことにMicrosoft Officeを使いこなせている人は少ないそう。

それに対して「日本人はプレゼンが下手」とはよく耳にする言葉ですよね。そんなとき、もしWordやPowerPointの使い方をマスターしていれば、立派なプレゼン資料をつくることも可能に。少しくらい口下手でも、雄弁な資料が勝手に説明してくれます。

04.
圧倒的なスピードで仕事ができる
から、信頼も得られる

odessey_05

例えばExcelを使っていて、わからないことがあったらどうするでしょう? 人に聞くか、すぐに検索して調べますよね。少し考えてみてほしいのが、わからないことを調べるのに使う時間。5〜10分程度だとしても、積み重なると膨大な時間を費やしていたことに気づくはずです。

しかも、調べたことが本当に正しいことなのかはわかりません。ひょっとすると何か前提が必要だったり、別に必要なソフトがあったりするもの。何事も基礎がしっかりしていなければ土台はグラグラ。穴だらけの知識では信頼も得られません。

MOSで固めた盤石な土台は、きっと上司や先輩からの信頼を勝ち取れるでしょう!

05.
受験日は自分で決める!
勉強の進捗次第でいつでもOK

odessey_05

資格試験にありがちなのが、限られた日程でしか試験を受けられず、年に1回の受験日を逃すと来年まで受けられない…といった問題。

MOSは毎月1〜2回の全国一斉試験のほか、最寄りの試験会場で随時受けられる随時試験も用意されています。なので土日が仕事の人でも平日開催日を選んで受験することができますし、あらかじめ決まっている旅行や友だちの結婚式が試験日と重なって焦ることもありません。
勉強の進捗を見て、自分に合わせた日程で気軽に受験できるのもメリットですね。

変化の早い時代、これからどんなスキルが仕事で必要とされるのかわかりませんが、いかなる仕事であれパソコンスキルは必要となります。世界で通用するこの資格で、いつでも必要とされる人になってみませんか?

Sponsored by Odyssey Communications

今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
いろんなストーリーが浮かんできます。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
バレエダンサーとして数々の公演をおこなってきたAesha Ashさん。現在はフリーランスとなり、社会的な活動をしている。それが「The Swan Drea...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
「愛しきれない」という事象について、すこし考えてみました。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
このテスト、ネイティブスピーカーでさえ全正解率は5%という難関らしい。でも、日本人って、意外と文法には強かったりするもの。なので、全16問に挑戦してはどう...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
「成功」によって、大切なものを失ってしまう人がいます。『Inc』のライターNicolas Coleさん曰く、それはこの5つに当てはまるから。
カウンセラーのF.Emelia Sam博士は、こう警鐘を鳴らします。社会生活のなかで責任や同調を理由に、私たちは「心の深部にある“自分の声”を無視しがち」...
「Elite Daily」より、外にばかり「愛されたい」と愛情を求める人が、自分に問いかけるべき5つの質問。何かから逃げてない?そもそも自分のこと好き?あ...