嫌いな人に「馬糞」を送りつけるサービスがあるらしい・・

「復讐してやる」とまで本気で思わなければ、こんなの無縁のサービス。でも、必要としている人にとっては、この上ないお返しができてしまう。しかも、その手を汚すことなく。

仕返しは「馬糞」のプレゼント

working

この冗談みたいなトンデモないサービス「Shitexpress」は、アメリカを中心に実際に運用され、すでに“ウンマン人”が利用しているとかいないとか。公式ページから、ウンチ(現在は馬糞のみ)、任意でコメントが記入できる添付メッセージシール、送付先、決済方法を選べば、あとはShitexpressがあなたに代わって匿名で、直接相手の自宅に届けてくれるサービスだ。ご丁寧にラッピングの仕方まで選べるという。

最大の利点は匿名性

スクリーンショット 2015-10-01 10.47.18

そもそも、贈り主は絶対に秘密の「匿名性」が大前提。でなければ、ただの嫌がらせですから。復讐を完璧に遂行するための施作が、ビットコインもしくはPayPalによる決済方法。つまり、クレジットカード決済による「支払い証書もなくそう」という念の入れよう。あなたのブラウザにさえ細心の注意を払っていれば、誰もあなたの計画を知る由はないということ。

ちなみに、料金は一律16.95ドルで世界どこへでも、送料無料で届けてくれるらしい。

もしも、誕生日のプレゼントが
馬糞だったら・・・!?

gc1_lq

例えば、バースデープレゼントで復讐。自由記述のメッセージカードに皮肉を込めて。こんな感じに。

「最近、お忙しく活躍されているそうですね。ちょっとでも、ストレスを和らげるお手伝いができたらと思い、こんなプレゼントにしてみました。まだ、しっとり湿った馬のウンチを送ります。気に入ってくれると嬉しいです」

誕生日のほか、クリスマスプレゼント、年賀状、ハロウィンなど、添付できるカード型のシールも豊富。

この、どこまで本気や冗談なのか微妙なサービス、利用するか否かはあなたの選択。復讐心に走る前、送りたい相手を「クソヤロー!」と本気で思っているかどうか、いま一度、心に問いかけてみては。

Licensed material used with permission by Shitexpress

ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
2017年5月に設立した「IQUEUE」は、依頼した限定品の販売や、人気レストランの列に、代わりに並んでくれるサービス。今ならセール価格で3時間(並ぶ、買...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
11月19日〜25日、60ヶ国450ヵ所のB&Bで実施されるサービスの紹介です。「Barter Week」と呼ばれていて、旅人たちは物々交換をすることで部...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。