嫌いな人に「馬糞」を送りつけるサービスがあるらしい・・

「復讐してやる」とまで本気で思わなければ、こんなの無縁のサービス。でも、必要としている人にとっては、この上ないお返しができてしまう。しかも、その手を汚すことなく。

仕返しは「馬糞」のプレゼント

working

この冗談みたいなトンデモないサービス「Shitexpress」は、アメリカを中心に実際に運用され、すでに“ウンマン人”が利用しているとかいないとか。公式ページから、ウンチ(現在は馬糞のみ)、任意でコメントが記入できる添付メッセージシール、送付先、決済方法を選べば、あとはShitexpressがあなたに代わって匿名で、直接相手の自宅に届けてくれるサービスだ。ご丁寧にラッピングの仕方まで選べるという。

最大の利点は匿名性

スクリーンショット 2015-10-01 10.47.18

そもそも、贈り主は絶対に秘密の「匿名性」が大前提。でなければ、ただの嫌がらせですから。復讐を完璧に遂行するための施作が、ビットコインもしくはPayPalによる決済方法。つまり、クレジットカード決済による「支払い証書もなくそう」という念の入れよう。あなたのブラウザにさえ細心の注意を払っていれば、誰もあなたの計画を知る由はないということ。

ちなみに、料金は一律16.95ドルで世界どこへでも、送料無料で届けてくれるらしい。

もしも、誕生日のプレゼントが
馬糞だったら・・・!?

gc1_lq

例えば、バースデープレゼントで復讐。自由記述のメッセージカードに皮肉を込めて。こんな感じに。

「最近、お忙しく活躍されているそうですね。ちょっとでも、ストレスを和らげるお手伝いができたらと思い、こんなプレゼントにしてみました。まだ、しっとり湿った馬のウンチを送ります。気に入ってくれると嬉しいです」

誕生日のほか、クリスマスプレゼント、年賀状、ハロウィンなど、添付できるカード型のシールも豊富。

この、どこまで本気や冗談なのか微妙なサービス、利用するか否かはあなたの選択。復讐心に走る前、送りたい相手を「クソヤロー!」と本気で思っているかどうか、いま一度、心に問いかけてみては。

Licensed material used with permission by Shitexpress

ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
2017年5月に設立した「IQUEUE」は、依頼した限定品の販売や、人気レストランの列に、代わりに並んでくれるサービス。今ならセール価格で3時間(並ぶ、買...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
洋服を決めるときは試着、新しい食材を買う際には試食、車を購入する前には試乗──。何かを判断する前には「試す」という行為があるべきなのに、こと住まいにおいて...
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...