人間不信に陥る可能性がある8つの原因

人間はさまざまな理由により、他の人を信じられない人間不信に陥ってしまうことがあります。

きっかけは些細なことから、とても重大なことまでさまざまですが、人を信じられなくなることで孤独な生活を送っていても楽しいはずがありません。

では、具体的にどんなことが原因となって人は人間不信になってしまうのか、以下に紹介していきます。

1.親しい友人の裏切り

All sister's fight sometimes

人から裏切られると、誰でも心は傷つくものです。

特に親しい友人、中でも親友から裏切られたら場合によっては、立ち直ることができない心の傷を負ってしまうこともあります。

相手への信頼が大きい分、深い心の傷を負ってしまい人間不信に陥ってしまうことがあります。

2.恋人から裏切られる

恋人との関係は、本来全幅の信用を置けるもののはずです。

しかし、何かのきっかけで裏切られることで、その人だけでなくすべての異性に対して人間不信に陥ってしまう場合があります。

パートナーの浮気といったような裏切り行為など、心のトラウマになってしまう場合が多いです。

3.根拠のない恨み

Sad businesswoman

自分自身は何もしていなくても、人から根拠のない恨みを買う場合があります。

一生懸命努力して勝ち得た成功なども、他人から見れば"なんであいつだけ"と思われることもあります。

自分では全く身に覚えもないことなので、相手の気持ちには恐怖感を感じてしまう人もいるほどです。

4.良好でない家族関係

家族からの愛情、中でも特に自分の親から小さい頃に十分な愛情を受けられなかったという人や、困っている場合でも手を差し伸べてもらえなかったという人も多いそう。

親という絶対的な存在の人を信じることができなくなることも人間不信になる原因に一つです。

5.決まりを守らない人が多い

Businesswoman on coffee break in office

集団に所属している人の中には、様々な人が混じっています。

中にはなかなか規則を守ることができない人がいますが、ルールを守らないことが裏切りに感じてしまい、人間不信の原因となる場合があります。

つい何度も確認してしまうため、相手に不快感を持たれることもあるため、人間関係がうまくいかないという悪循環に陥ってしまいます。

6.人間関係が上手に築けない

なかには、自分の言動で相手を傷つけてしまうことに対して鈍感な人もいるもの。

自分ではそのつもりがなくても、相手を傷つけるような言葉を投げかけたり、行動を取ったりしてしまうことがあります。

悪気がないこともあるため、少しずつ自分の周りの人間関係が煩わしくなり人間不信になることも。

7.他人からの嫉妬心 000010759553_Medium

自分ではどうしようもないこととして、他人からの嫉妬があります。

誰もが認める素敵なスタイルの持ち主であれば、それを褒めてくれる人がいる反面、逆に嫉妬心から陥れてやろうと考える人もいるものです。

自分では悪いことを一切していないので、改善のしようもなく気がつくと人間不信になり、人から自分を遠ざけるようになってしまいます。

8.人に対して期待しすぎる

人は十人十色なので、それぞれの考えや行いは決して同じものではありません。

人が何かをするときに過剰な期待をかけてしまうと、思ったような反応がなく不信感を抱いてしまうことも。

期待しすぎると、人間不信の元にもなります。人は人という気持ちを忘れないことが大切です。

人間不信になる理由は様々ありますが、みんなが自分と同じではないと理解することが大切なのではないでしょうか。

人間関係は、日常生活を送る上でも欠かすことができないものですが、何かのきっかけで人を信じることができない、人間不信に陥ることがあります。人間不信のまま楽し...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
コーチング(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)で、多くのビジネスパーソンを救ってきた和気香子さんの著書『人間関係の整理術』では、...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
出会い系アプリや友達作りアプリが溢れる現代。特にロマンティックな一夜のためのインスタントな人間関係みたいなものは、言ってしまえば以前よりもずっと「お手軽」...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
世の中にはさまざまな人がいますが、人間は残念ながら決して一人だけで生きていくわけにはいきません。それぞれの人間関係においてお互いの信頼はとても大切です。そ...