ストレスをためる人とためない人「10の違い」

最近、なんだかイライラしたり、気分がすぐれないことが多くなったという人は、ストレスがかかり過ぎているかもしれません。ストレスをためる人とためない人の違いについて、具体例を用いながら紹介していきましょう。

1.細かいことが、どの程度気になるか

細かいことが気になる

ストレスをためる人は、あらゆることの細部に至るまで気になり、人に対して指摘したり、自分で何らかの対処をして、気持ちをスッキリさせようとします。一方、ストレスをためない人は、気になることがあったとしても、細かい部分は上手に流していき、大勢に影響がある場合にのみ、なんらかのアクションを起こします。

2.どれくらい気が長いか短いか

ストレスをためる人は、どちらかと言えば短気で、ストレスをためない人は、気が長い人が多いようです。その結果、同じ境遇に置かれたとしても、ストレスをためる人は、ちょっとしたことでイライラする傾向がありますが、ストレスをためない人は、比較的いつも穏やかです。

3.行き詰ったときに、協力者を求めるか否か

Utilizing tech to make their meetings more efficient

ストレスをためる人は、とにかく何でも一人でやり通そうとして、忍耐と我慢を繰り返します。一方、ストレスをためない人は、ある程度の時間と自分の能力をもってしても埒があかないときには、協力者にサポートを求めてスムーズに乗り切ることができます。

4.人の長所を見るか、短所を見るか

人から「○○さんは、どういう人か」と尋ねられたとき、ストレスをためる人は、人の短所を中心に返答をする傾向があります。しかし、ストレスをためない人は、無意識に人の長所に注目して、「○○さんは、こんなにいいところがたくさんある」と述べます。

5.悲観的か楽観的か、考え方の違いが影響している

楽天的

ストレスをためる人は、どちらかといえば、悲観的に物事を捉える習慣が身についていますが、ストレスをためない人は、同じ状況や環境下であっても、なんらかの希望や期待を抱くことができ、物事を楽観的に考える傾向があります。

6.基本的な時間軸の違いが影響している

ストレスをためる人は、短いスパンで時間軸を持っており、人によっては、分刻みで行動している人もいます。一方、ストレスをためない人は、比較的長期目線で物事を考えるクセづけができているため、気持ちをゆったりと持つことができます。

7.気分転換がうまくできるかどうかにより差が出る

気分転換

ストレスをためる人は、常に忙しくしていないと気持ちが落ち着かず、休憩や休みを取ることに対して罪悪感さえ抱くこともあります。一方、ストレスをためない人は、良い仕事をするためには、充実した余暇や休みが必要と考えています。

8.努力に対する結果を、どの程度気にするかによって分かれる

ストレスをためる人は、努力したらそれなりの結果を当然のごとく求め、期待通りの結果が得られなければ、落胆したり不満を抱いたりと心が穏やかではありません。一方、ストレスをためない人は、努力したからといってすぐに結果が表れるものでもないと考え、すぐに見返りを求めようとはしません。

9.完璧主義者かそうでないか

完璧主義

ストレスをためる人は、いつでも自分の理想通りに完璧に事が進まないと、怒りや焦りを感じ続けます。一方、ストレスをためない人は、ある程度の妥協点を見出すことが得意であるため、臨機応変に「適当」な状況を判断して、行動することができます。

10.楽しむことにどれくらい重きを置いているか

ストレスをためる人は、義務感や責任感がもっとも大切であり、楽しむことは二の次三の次となっています。しかし、ストレスをためない人は、人生の中で楽しむことが一番大事なことのひとつだと考えて行動を起こしています。

多忙な毎日を過ごしていると、知らないうちにストレスがたまりやすい体質になっていたなんてことも少なくありません。良い精神状態を保ち、自分の能力を最大限に発揮するためにも、ときどき、自己チェックをしてみることも大切です。

関連する記事

せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
完璧を求める人はあなたの周りにもきっといるはず。その考えを押し付けられると…。話は変わってくるかもしれません。The School of Lifeの動画は...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?完璧主義は必ずしも悪いも...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から人間関係にまつわる心理テストを3つ厳選してご紹介します。人間関係に悩むあなたの深層心理...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
「Elite Daily」で紹介された記事を読むと、心理学的にいうと、タイプAとタイプBと性格別で分けたとき、タイプAの人は、仕事熱心で出世欲が強いとされ...
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
本記事ではネガティブな印象を持たれがちな「内向的」の正しい意味を説明し、内向的な人の日常生活や恋愛視点で強み・弱みを分析します。記事後半では 内向的な自分...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
『Elite Daily』のAnnakeara Stinsonさんがまとめてくれたのは、よくある「ストレスを表す夢」。実は胃腸炎になる前に、見た覚えがいく...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
他人を精神的に追いつめる人に共通する「13のこと」をご紹介。あなたも知らないうちに被害者になっているのかも。
パーティーで騒ぐのも、コーヒーを飲みながらゆっくりするのも、どっちも好き!
もしもあなたが内向的なら、幸せになるためには外向的な人と違うことをする必要があります。外向的な人のほうが有利な世の中。内向的な人は、不満が溜まってしまいま...
人間関係においてある程度の計算はどうしても必要なものですが、中には「この人腹黒い人だな」と感じてしまうほど計算高い人もいますよね。そんな腹黒い人によく見ら...
人の性格って、そんなシンプルなものじゃない!…とは思いつつ、こういう診断って気になってしまうもの。インド発のウェブメディア「WittyFeed」のイラスト...
ハンドルの握り方「10タイプ」で性格診断をご紹介。今度助手席からのぞいてみて。
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
「ストレス」を甘くみてはいけません。なぜなら、日々の生活や人生を狂わせてしまうほどの負の威力を持っていると言われているからです。Elliot Caleri...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
たちが悪い人に共通する10の特徴をご紹介。今後の人間関係の参考にしてみて。
『Inc.』のライターMarcel Schwantesさんが紹介している「リーダーシップに必要な5つの特質」に当てはまるなら、あなたはまさに、人から羨まし...
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
よく話題に上がる、外向的な性格と内向的な性格の比較。いろいろな説やコラムがありますが、一体どちらがイイのでしょう。また、性格は成長過程や、生活していく上で...
人間関係において多くの人が苦手意識を感じるのが「威圧感のある人」ではないでしょうか。威圧感のある人の特徴を知ることで、苦手意識を克服してストレス減の関係を...
よく内向的な人たちは特徴的で、変わっているとレッテル貼られます。でも逆に内向的な人から見たら、周りがやっている普通のことが理解できないのです。内向的な人た...