「4年間働いた経験を誇りに思う」マクドナルド元店員のブログが海外で話題に・・・

南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、彼女が「Medium」に投稿した心境の変化を紹介します。

マクドナルドの仕事に対する
偏見と差別

87600023090691_Large

18歳から22歳の間、私は4年間マクドナルドで働いていた。フルタイムとパートタイムを掛け持ちしながら常にもっといい仕事がないかと探していたけど、うまくいかなかった。管理職に就くこともなく、何も達成できず、やる気もなく、典型的なダメ店員だった。いろんな方法でサボっていた。

その内容を聞いた友達や家族は顔をしかめていた。

「まだそこで働くの?」「そんな働き方したことがないわ」「もう行かなくていいよ」

そんなのわかりきっていたことだった。仕事はノロいし、自分の置かれた状況にいつもイライラしていて、不注意からのミスを連発していた。でも、私は自分みたいな優秀な人材がマクドナルドにいるなんてもったいないと思っていたし、「くだらない仕事だなー。でもお金は必要だから」なんて考えていた。

私は、本が好きで、知的な会話が好きな学生だった。でも、現実には、何の役にもたっていなかった。成長もしなかった。しなきゃいけない理由がわからなかったのだ。

でも、数年たって私の態度は変わった。この仕事に誇りを持てるようになった。

他の仕事との違い

145600015742269_Large

私は自問自答した。マクドナルドと他の学生バイトとの間にある違いって何?なんで私の仕事はこんなに惨めなんだろう。

大企業だからだろうか、そんなわけない。だって、それなら倉庫やアパレルの仕事だって同じだ。会社が非倫理的だから?でも、他社だって従業員を奴隷のように使っている。じゃあファーストフード店で働いているから?でも他のバーガーショップはそれほどわるく思われていない。

そして私は、マクドナルドの仕事は他の職に就けない人のためのものなんじゃないかと思うようになった。魅力が月並み以下の人、うまく英語を話せない人、ティーンエイジャー、外国人。店を支えている中心メンバーは、他でもない彼らだ。

そこで私は、他の店を観察した。私と同じ条件の従業員を見たかった。白人で20代前半、魅力的、スリム、普通に英語を話せる人を。

「私には、価値がある」

The perfect little boutique

結論、私の視点はこの仕事に対するまちがった先入観に縛られていたのだ。衣料品店の優秀な従業員に会う機会があった。けど、きっと彼らがマクドナルドで働いたところで役にはたたないだろう。

たしかに、油でベトベトになるのがこの仕事だ。でも、私の友だちや家族、そして私自身が持っていたマクドナルドに対する偏見は、ハンバーガーを作っていることが原因じゃない。それ以上の価値が自分にあると思っていたからなのだ。

一緒に働いている人より、知性があり勤勉、そして才能があると思っていた。「いい」仕事をするに値する人間だと思っていた。私は特別な存在だという過剰な自意識を持っていた。どんな粗悪な仕事よりも、どんな労働者よりたちの悪い考えだったと思う。

スキル

987000023108635_Large

同僚は仕事熱心だ。真夜中にハンバーガーを食べたいという利用客のために20時間ものシフトをこなす人がいた。たとえ彼らが商品を待ちながら叫んだり、ドリンクを投げたり、ケチャップが足りないからといって人種的な中傷をする人たちだったとしてもだ。それは紛れも無いスキルでもあるのだ。

労働にもいろいろなタイプがある。どんな仕事にだって価値がある。たとえあなたが商社でファイルを整理をしていたとしても、決して彼らよりも優れているわけではない。

この4年間はとても貴重だった。もう一度フライドポテトをすくったり、ハンバーガーを作りたいとは思わない。けど、大切なことを学んだ。自分の傲慢さを少しずつなくすことができた。

最前線で働く人々を蔑むような考えはやめた。もっと思いやりの気持ちを持つようになった。マクドナルドで働いた経験が笑われるだなんて、私には理解できないことだ。

Licensed material used with permission by Refinery29

淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
気になるアルバイトのなかから特定の業務を選んで働けるサービス「BITE-バイト-」が登場。正式リリースは2020年春頃を予定している。
日本の粉末プロテイン市場ではホエイとソイが大半を占めるなか、福岡で業務用液卵・凍結卵を製造販売している「イフジ産業株式会社」は、長年の鶏卵加工の強みを活か...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
 ロンドンの中心部を通るフリートストリートにあるマクドナルドで、世界初となる「お持ち帰り専用」店舗が誕生した。
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
マクドナルドやバーガーキングに続いて、ケンタッキーフライドチキン(KFC)もヴィーガンに対応すると発表しました。イギリスのいくつかの店舗にて、期間限定でフ...
「ORBIS Mr.」が、今週4月1日から同ブランド初となるメンズ用メイクアイテムの展開をスタート。ファッションを楽しむように男性が日々取り入れられる美容...
青森・十和田の奥入瀬渓流沿いに建つ「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、5月7日~7月31日、苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」を実施。部屋の装飾か...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ベルギーの「バーガーキング」がSNSに投稿した写真が話題を呼んでいる。写っているのは、店外に設置した広告により大手ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」と...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
見れば、見るほど、いいんだよなあ。
オーストラリアの通販サイトに登場したのは、「マクドナルド」の「チーズバーガー」の香りで仕上げたキャンドル。これ、需要あるんでしょうか(笑)
オーストリアのマクドナルドの店舗は、アメリカ大使館の相談窓口としてサービスの提供を開始。アメリカ国民に限って、緊急事態の場合に支援を受けられます。