【悲しい現実】国内で増加する「ファミレスベイビー」を知っていますか?

ポリ袋に入った乳児の遺体がゴミ捨て場から見つかった、女子高生が自宅のトイレで出産し、生まれたばかりの赤ん坊を窒息死させた…。

赤ちゃんの遺棄事件のニュースが流れるたび、もしも誰かが手を差し伸べていたら。そう思わずにはいられません。この問題を解決しようとあるプロジェクトが進行中です。

ファミリーレス=家庭がない
赤ちゃんをこれ以上増やさないために

content_3f5256b547e2293369d65a44109b03ae96e4963c本来であれば、温かい家庭生活のなかで、子どもを育てたい。しかし、以下のようなやむを得ない事情で実現困難な妊娠中の女性がいるのです。

・風俗で働いていて、保険がない。
・ホームレスで、ネットカフェに泊まっている。
・レイプされてしまって、誰にも言えない。
・まだ学生で未成年。どうしていいのかわからない。
・一緒に育てようと言っていた男性がいなくなった。
・妊娠したとたん、夫が暴力をふるいはじめた。
・どうしても産みたいのに、無理やり中絶させられそう。

1人で出産するのは心細い…
妊娠中の女性を全力でサポート

47978782

ロング朋子さんが代表を務める社団法人ベアホープでは、ファミリーレスな(家庭がない)まま赤ちゃんが生まれてくることがないよう、全力で妊娠女性のサポートをしています。この一年間で100件以上ものメールや電話で妊娠の相談が寄せられたといいます。

■具体的な支援内容とは?

ベアホープでは、必要に応じて相談者の住む場所を探し、未受診の妊婦を受け入れてくれる病院を探し、行政の支援につなげるようサポート。時には司法の専門家の助けを借りることもあります。

「1人で出産するのは心細い」

時には、そんな不安を抱えた女性の出産に立ち会うことも。

「どんなに困難なケースでもネットワークを駆使して、赤ちゃんや子どもたちがファミリーレスにならないように、サポートしていきたいと願って活動しています」と、ロング朋子さんは語ります。

content_98503531538e1f707c125f669ff5219e64ff7983ベアホープの助産師が赤ちゃんを抱っこ。「生まれてきてくれて、ありがとう!」と、感動がこみあげてきます。

ベアホープの目の前には、まだまだ助けを求める妊婦さんが数多くいます。誰かが活動をサポートすることで、間接的にではありますが、妊婦や母親を助けることが可能です。

しかし、活動を継続させていくための資金は不足しています。現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで資金を募っています。小さな赤ちゃんたちの明るい未来のために。心が動いた人は、ページを見てみてください。

コンテンツ提供元:READYFOR

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「生理」を取り巻く価値観をアップデートする——「#NoBagForMe」は、生理用品を購入する際の“選択肢”の多様化を推進するプロジェクト。
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...