お酒を楽しんだ後の定番「シジミ」のパワーって?

よく二日酔いには「シジミの味噌汁がいい!」なんて言いますが、その他のシーンでもシジミは食卓の味方・健康のお供として愛されています。そんなシジミに含まれる成分のなかでも、ここで注目したいのはオルニチンというアミノ酸です。

01.
数多くのアミノ酸のなかで
オルニチンの特徴とは?

35b8734ba7bd9c7d716b83f1ac134f650c18179f

一口にアミノ酸といっても、多種多様です。なかでも、オルニチンはシジミに含まれているというだけでなく、大手メーカーも着目するほど。その理由は、多くのアミノ酸がたんぱく質の中に存在しているのに対して、オルニチンが血液に溶け込んで、アミノ酸の状態のまま存在するからだそうです。

つまり、体内で活躍する特徴を持っているわけです。

02.
ただし、シジミに含まれる量は
ごくごくわずか……

df319ff19917180373cda602037881e9ea356402f

ただし、オルニチンを多く含むと言われているシジミでも、100g(約35個)にたった10.7mg〜15.3mg程度しか含まれていないと言われています。つまり、食事でこのオルニチンを摂取するのは、とても難しいということ。

ちなみにオルニチンの1日の摂取目安は、一説には400mg〜800mgと言われています。この数字をみても、シジミだけでオルニチンを摂ることの難しさがわかります。

03.
医薬品原料メーカーによる
サプリなら、一粒にシジミ300個分!

123_305188400

オルニチンを効率的に摂るために、医薬品原料メーカーが開発したのが『協和発酵バイオのオルニチン』です。このサプリメントは、一粒にシジミ300個分のオルニチンが含まれているというスグレモノ。

同社はオルニチンの研究に力を入れていることでも知られており、昨年はテレビCMでも良く見かけましたよね

朝食にシジミの味噌汁もいいですが、すでに150万人が体験したという大ヒットサプリメント『協和発酵バイオのオルニチン』も試してみる価値がありそうです!

btn_moist_160124_03

Sponsored by 協和発酵バイオ

定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...