お酒を楽しんだ後の定番「シジミ」のパワーって?

よく二日酔いには「シジミの味噌汁がいい!」なんて言いますが、その他のシーンでもシジミは食卓の味方・健康のお供として愛されています。そんなシジミに含まれる成分のなかでも、ここで注目したいのはオルニチンというアミノ酸です。

01.
数多くのアミノ酸のなかで
オルニチンの特徴とは?

35b8734ba7bd9c7d716b83f1ac134f650c18179f

一口にアミノ酸といっても、多種多様です。なかでも、オルニチンはシジミに含まれているというだけでなく、大手メーカーも着目するほど。その理由は、多くのアミノ酸がたんぱく質の中に存在しているのに対して、オルニチンが血液に溶け込んで、アミノ酸の状態のまま存在するからだそうです。

つまり、体内で活躍する特徴を持っているわけです。

02.
ただし、シジミに含まれる量は
ごくごくわずか……

df319ff19917180373cda602037881e9ea356402f

ただし、オルニチンを多く含むと言われているシジミでも、100g(約35個)にたった10.7mg〜15.3mg程度しか含まれていないと言われています。つまり、食事でこのオルニチンを摂取するのは、とても難しいということ。

ちなみにオルニチンの1日の摂取目安は、一説には400mg〜800mgと言われています。この数字をみても、シジミだけでオルニチンを摂ることの難しさがわかります。

03.
医薬品原料メーカーによる
サプリなら、一粒にシジミ300個分!

123_305188400

オルニチンを効率的に摂るために、医薬品原料メーカーが開発したのが『協和発酵バイオのオルニチン』です。このサプリメントは、一粒にシジミ300個分のオルニチンが含まれているというスグレモノ。

同社はオルニチンの研究に力を入れていることでも知られており、昨年はテレビCMでも良く見かけましたよね

朝食にシジミの味噌汁もいいですが、すでに150万人が体験したという大ヒットサプリメント『協和発酵バイオのオルニチン』も試してみる価値がありそうです!

btn_moist_160124_03

Sponsored by 協和発酵バイオ

「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。