「日本の美しい場所31選」にも選ばれた神社 お賽銭が世界で一番入れづらいと話題に・・・

日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの薄いこの神社。ところが、いま外国人観光客の熱い視線が集まる、注目の場所なんだとか。

海と鳥居のコントラスト
CNNが「美しい日本」に選出

その理由は、2015年3月「CNN」が発表した「日本でもっとも美しい場所31選」に那智の滝(和歌山県)や厳島神社(広島県)、金閣寺(京都府)といった世界遺産と肩を並べ、この元乃隅稲成神社がランクインしたから。青い海を見下ろす崖から延びる朱色の鳥居のコントラスト、さらには地元民から永らく愛される、小さな願掛け稲成という点が、高く評価されたようです。

Photo by sohkai_works

ちなみに、稲荷神社は全国4万か所近くありますが、“稲成”と表記するのは、ここと島根県の太鼓谷稲成神社の2社のみ。稲成とされたのは、願望成就のためだとか。

海へと続く123基
鳥居のトンネル

地元長門市によれば、これらの鳥居は昭和62年から10年間かけて奉納され、合計123基が元乃隅稲成神社の裏参道から海へと向かって、およそ100メートル続いているそうです。その先は青く開けた日本海。
と、ここでは高台から見下ろす景色の良さに目を向けていますが、本来稲成へと続く参道への入口は崖下。つまりは、海側から鳥居を1本1本くぐって、崖の上へとたどり着くのが正解。

付近には、岩場に押し寄せる波が白い波しぶきを上げながら砕けちる様子から、その名が付いた「龍宮の潮吹」が。高いと海水を30メートル近く吹上げ、龍が天に昇る姿に見えるのだとか。

まさかの地上5メートル
日本一入れづらい賽銭箱

商売繁盛、縁結び、開運厄除、交通安全、子宝、学業成就、さらには大漁祈願まで。あらゆる願いを叶えてくれると人気の稲成。でも、それには願掛けだけではいけません。自力で願いを掴みとる、こんな驚きの仕掛けがありました。

元乃隅稲成神社もうひとつの目玉。それが頭上5メートルの鳥居に設置された賽銭箱です。しかも、一般的なものに比べて小ぶり。賽銭を投げ上げ、見事入れば願いが叶う。この地に古くから伝わる風習なのかと思いきや、どうやら神主さんのユニークな発想から導入されたもののようです。

これが一筋縄ではいかないらしく、チャレンジした人たちのSNSには「◯回目でようやく成功!」なんてコメントがずらり。こちらは非公認ながら、世界一難しい賽銭投げであることは、間違いないでしょう。願いが叶うかどうか、ぜひ試しに行ってみませんか?

Licensed material used with permission by yu_aa.0210,sohkai_works,taaakada,karekarekarena,jazztrunk,taka.71,yuya0616_ig

近年「パワースポット」として注目され、山ガール、釣りガールに続き「御朱印ガール」が登場するほど神社ブームが過熱している。しかしそんな神社ブームが来るはるか...
年始に初詣するところ。霊的な何かを感じるパワースポット。受験や縁結びの神頼みをするところ。大抵の人が考える神社とはそんな場所だろう。しかし、神社の本質はそ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
いろんなストーリーが浮かんできます。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
世界遺産の上賀茂神社には、神によってもたらされた名水が流れています。その名前は「神山湧水(こうやまゆうすい)」。手水にも使われるこの名水を使ったオリジナル...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
茨城県東茨城郡大洗町にある「大洗磯前神社」。そこには、海岸に立つ鳥居「神磯」があります。
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋「むすんでひら...
丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。神社のシンボル的な存在と言えば狛...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?