1年以内に結婚したい人が、今すぐやるべきたったひとつのこと

周りを見渡せば「今度、結婚することになったよ」「結婚してから太っちゃってさ〜」といった幸せ話ばかり。自分は自分、と割り切ってきたけれど、友人や両親からは「そろそろ結婚しないの?」といったプレッシャーが・・・そんな時、婚活支援サービス『パートナーエージェント』が、今年こそ結婚を、と思っているあなたに最高の出会いを提供してくれるかもしれません。

「そろそろヤバイ」から、
もう3年も経っている・・・

「もちろん、結婚について考えていないわけじゃないんです」というあなたも、日々の仕事や遊びに夢中になってるうちに、ちょっと結婚を片隅に置いていたら、あっという間に何年も経っていた・・・なんてことも。でも大丈夫、限りある時間の中で最高のパートナーに出会いたい、と思っているのはあなただけじゃないんです。パートナーエージェントでは昨年、なんと活動開始から1年以内に成婚した人が64.9%にのぼったことが公表されています。

btn_partneragent_160223_01

「出会い」なんて、
そもそもどこにあるの?

婚活って、真剣に向き合えば向き合うほど遠のいていくような、そんな不安に襲われますよね。さらに、そもそも出会いがなければ結婚なんて夢のまた先、と思っている人もいるでしょう。これから先、せっかく出会うなら、しっかり自分に合ったパートナーを見つけたいですよね。パートナーエージェント会員の1年以内の交際率は92.4%ととても高く、さらに会員の2人に1人が交際中というから、驚きです。

btn_partneragent_160223_02

同棲までした彼女と
なぜか「結婚」までいかない

付き合うのと結婚は別モノ、なんてよく言いますが、せっかく長く付き合ったパートナーとの結婚がうまくいかなかった時は「一体、何がいけなかったんだろう?」と自問自答を繰り返してしまいがち。なかには「今までのムダな時間を返して!」なんていうネガティブな気持ちになってしまう人もいるのではないでしょうか。パートナーエージェントの平均を見ると、成婚までに23.3人とお見合いし、6.7人と交際しています。

btn_partneragent_160223_03

婚活ってお金がかかるんでしょ?
ダメだった時を考えると・・・

婚活を支援してもらうからには「質の高いサービス」で「しっかりパートナーを見つけて」「なるべく早く結婚に繋げたい」ですよね。でもそれって、なんとなくお金がかかりそうな予感がしませんか? 成功したならまだしも、もしパートナーが見つからなかった時は大きな喪失感に繋がるかもしれません。でも「出会いがなければ全額返金保障」と言われたら、どうでしょう?

btn_partneragent_160223_04

累計成婚数は
なんと1万人を突破

2006年9月からサービスを開始したパートナーエージェントでは、創業から10年経った2016年の2月、ついに累計成婚が1万人を達成しました。さらに昨年の成婚実績は3,050人もの数に及び、ますますそのマッチング数を増やしています。多くのデータを積極的に開示しているその姿から、そこには、本気でパートナーを見つけたい人に向けて「透明性の高い」サービスを実施していることがよく分かります。

btn_partneragent_160223_05

結婚適齢期の今こそ結婚したい、というあなた。パートナーエージェントに相談して、今年を人生の節目にしてみませんか?

Sponsored by 株式会社パートナーエージェント

「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
誰しもが、結婚するときは幸せな家庭を思い描いて、大好きな人と一緒になれた喜びでいっぱいのはずですが、結婚生活が「日常」になるにつれて、ささいなことでケンカ...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
付き合って9年目。そろそろ結婚も視野にいれはじめていて、相手にその気があるか確かめたい。でも、どうしたらいいか分からない…。と、困っているあなたにご紹介し...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
10歳以上年上の彼氏と結婚する際には、何か注意しておくことはないのでしょうか。前もって確認しておいたほうがよいことを知っていれば、年の差があっても安心して...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...