その瞬間、世界がふたりを祝福する・・・ ロケーションが魅力の結婚式を集めてみました

ゲストが喜んで参加してくれるような結婚式場選びって意外と難しいもの。景色にこだわりすぎるとアクセスが悪くなってしまうし、利便性だけを追求すると雰囲気が……。

ここで紹介する式場なら、海や山など自然豊かな最高の景色が楽しめて、アクセスも抜群! 主役の2人はもちろん、ゲストにとっても思い出深い式になるはず。

みんなで盛りあがれる
開放的でオシャレなパーティーは
ビーチ沿いがオススメ
160226_novarese_001

アマンダンブルーコラージュ

時折潮の音が聞こえてくる、ロマンチックな非日常空間ーー朝の海にぴったりな流木やサンゴの小物を置いてみたり、夕方の海にぴったりな濃いブルーとゴールドで大人のコーディネートするのもGood。美しい空と海が印象的な『アマンダンブルー鎌倉』は、駅から潮の香りを感じながら歩いてもよし、バスも出ているのでゲストも安心! 文句なしの景観で誰もが日常を忘れられる空間です。

btn_istock_160226_04

緑に囲まれた
ナチュラルな空間で
リラックスできる結婚式を

160226_novarese_005

アマンダンヒルズ コラージュ

“アットホームウエディング”なんて言葉を昨今はよく聞きますが、緑に囲まれていれば、無理矢理アットホーム感を演出しなくてもOK。その開放的な空気の中なら、ゲストとの心の距離は近くなりますよ。ポイントは、式場とガーデンの雰囲気がどれだけマッチしているか。ゲストが長い時間を過ごすバンケットやラウンジでも、木漏れ日やグリーンを感じられる空間が◎。

『アマンダンヒルズ』のパーティー会場は一面ガラス張り。外には森林とそれにつながる自然庭園が広がっています。会場と庭園の行き来が自由っていうのもうれしい!

ナチュラルな雰囲気たっぷりのデザートビュッフェや、季節のフラワーを使ったテーブルコーディネートなら、よりナチュラル感を演出できますね♪

btn_istock_160226_04

夜景が見える式場で
ハイセンスなウェディング

160226_novarese_006

横浜モノリス コラージュ

ちょっぴり大人っぽいムーディーな式にしたい! というあなたはライティングにこだわって会場を選んでみては?

例えば、高層ビルの上階で夜にパーティーを開くのはどうでしょう。『横浜モノリス』は、港街を一望できる最高のロケーション。主役はもちろん、ゲストもきっと大満足!

ドレスのカラーは、王道のホワイトで。夜景と相まって高貴な雰囲気が演出できますよ。ちなみに、駅チカでアクセスがいいのも魅力です。

btn_istock_160226_04

海、山、街全部好き!
欲張りなあなたは……

欲張りさん1コラージュ

①ウェディングフォトはビーチ、結婚式はアクセスのいい会場で

遠方からのゲストが多いなら、駅チカでアクセスのいい式場選びが正解ですが、「ウェディングフォトくらいリゾート気分を味わいたい!」なんてカップルは、前撮りだけビーチ……なんていうのもアリです。

2人だけで時間を気にせずゆっくりと撮影ができるので、リラックスした雰囲気のなか、式当日とはひと味違う素敵な写真がたくさん撮れることでしょう。

②いっそのこと、2回結婚式しちゃう!?
自然の中で家族婚、海を目前に友人とパーティー

緑のなかでの結婚式と、ビーチでの結婚式。どっちも捨てられない!という欲張りなあなたは「家族だけの結婚式」と「友人を招いた結婚式」2回を式を開くのだって◎。

じつはそういうカップル、増えているんです。家族水入らず、ガーデンで挙式・会食をしてから、友人を集めたビーチでのリゾートウェディング。2人はもちろん、家族やゲストも存分に楽しめて、最高の想い出になること間違いナシです。

家族婚についてもっと知りたい人はコチラから
結婚式に関するオススメの記事はコチラから

Sponsored by NOVARESE

ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
世界中のウェス・アンダーソンのファンが偶然出会った、映画のような実在の風景がたくさん集められているinstagramアカウント「accidentallyw...
結婚式に誰を呼ぶかって、きっと誰でも迷うもの。友だちをたくさん招いて大きなパーティもよし、身内だけでしっぽり祝福するもよし。でもせっかくの晴れの舞台、どう...
今日は結婚式。会場はカリブ海のまんなか。主役である花嫁はまるで人魚のよう…。まわりのゲストたちも水をかけて祝福しています。そんな夢のような結婚式を挙げたの...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
結婚式は一生に一度の晴れ舞台。大切な思い出を美しく残すため、プロのカメラマンを雇う人はたくさんいます。でも、自分たちのことをよく知る参列者から集めた写真だ...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリア...
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...