暇をもてあそぶじじいが教える「寄席と演劇」の楽しみ方

これは、作家・吉川 潮と島 敏光による、もてあます暇をもてあそぶ極意。著作『爺の暇つぶし』から一部抜粋したものです。

吉川 私は現在67歳の立派なじじいです。現役の作家ではありますが、仕事量は激減。しかし、そのことをまるで憂いておらず、暇ができたことを喜んでいます。

暇と元気さえあれば鬼に金棒。そこに少しのお金さえあれば文句なし。ダメダメな暇の潰し方といえば、1にパチンコ、2にテレビ、3、4がなくて5に病院で決まりでしょう。家でゴロゴロしているのもいいけれど、それでは家庭不和の元。これも暇つぶしの一つと思って読み進めてください。私の専門分野である演芸に関してアドバイスをおくります。

01.
うっかり寄席に入ると
えらい目に遭う

と言ったのは、私が敬愛する立川談志師匠です。確かに高い入場料(2,500円〜3,000円)を出して入ったら、知らないおじさんばかり出てきて、つまらない話をしてうんざりすることがあります。ですから、寄席に入ってみたいという方は事前に出演者を調べ、お目当ての落語家がたっぷり演じるトリの出番の時に見に行くことをお薦めします。

都内には上野の鈴本演芸場、浅草演芸ホール、新宿末廣亭、池袋演芸場、永田町の国立演芸場と5軒の寄席があり、落語協会と落語芸術協会の落語家が交代で出演しています。志の輔、談春の会はたちまち完売になるプラチナチケットなのでご注意を。運良く取れたとしたら、決して期待を裏切らない落語が聴けること請け合いです。

色物に注目!

寄席の楽しみは落語だけではありません。色物と呼ばれる漫才、コント、奇術、音曲、紙切り、曲芸などの演芸は目で楽しむものが多く、時には落語よりも楽しい。

紙切り芸人は、客の注文を受けて切り絵を作るので、あなたが注文して切った作品はタダでもらえます。

子供の頃、人形町にあった寄席、末廣で父が紙切りの初代・林家正楽に歌舞伎の「勧進帳」を注文したのを覚えています。

私自身は、学生時代に新宿末廣亭で2代目正楽に「長嶋茂雄」を注文して、打撃フォームを切り抜いた作品をいただきました。平成に入ると、長男を寄席に連れて行き、3代目正楽(当時は一楽)に「キン肉マン」を切ってもらいました。親子3代が3代の正楽に切ってもらったのだから良い思い出です。

紙切りの正楽か二楽(2代目正楽の次男)が出ている寄席に入って注文してみてください。どんなに難しいお題でも切ってくれます。お土産にしてもらえば、入場料の元が取れたと言えます。落語以外の演芸が楽しめる、それが寄席の良いところです。

02.
演劇を楽しむ裏ワザは
「名刺をつくる」!?

 映画と比べると、演劇関連は料金が高いですね。名の知れた劇団や俳優の出ている芝居となると、1万円オーバーは当たり前です。では、名前の知られていない小劇団の芝居はどうでしょう?

ストーリーがヘッポコ、しかも主演女優が突然降りちゃった(誰も気がつかない)なんてことも決して珍しくありません。でも、何が起こるかわからない、そういう部分も含めて、芝居を観に行くというのはなかなか刺激的なものです。

それにしても聞いたことも見たこともない出演者ばかりの芝居なんて、どうにも興味が湧かないという人は、役者と知り合いになってしまえばいいのです。そのためには、名刺があると便利です。「肩書がありません」という人は、作ってしまいましょう。

友人のマリ・クリスティーヌは、カルチャー・コミュニケーターという世の中に一人しか存在しない肩書を名刺に刷っていましたが、今ではそれがすっかり定着し、テレビ等で紹介されるときもテロップに堂々と流れるようになりました。言い続ければ勝ちです。

油井昌由樹(俳優)は「夕日評論家」、俵山栄子(ものまねタレント)は「猫研究家」の名刺を持っていたことがあります。何でもアリなのです。自分の好きなモノを想い出し、バード・ウォッチャー、アイスコーヒー愛飲家、ダンゴムシ研究家などと勝手に名乗っても法律には触れませんし、誰も怒りません。

好きなものが見つからなければ、自由人、フリー・ウォーカー、隠居、ノーマリスト、バガボンド、凡人、暇つぶシスト…何でもいいじゃないですか。人が名刺を作れば、名刺が人を作ります。

出演者に配って
仲良くなれ!

小劇団の芝居では、終演後に出演者全員が出口のところでお客様を見送ります。笑った、泣けた、きれいでした、とシンプルで好意的な感想を述べ、そして…名刺を渡すのです。

小ぎれいな身なりで、能書きを垂れず、時に差し入れでもしておけば、「あの変な名刺の爺さん、また来てくれたね」と劇団内の人気者になったりもします。いつしか打ち上げの席などにも呼ばれるようになります。こうして新しい世界が広がっていくのです。

私の知り合いで小劇団の魅力に取りつかれ、60を越えてから芝居に出演するようになった人もいます。稽古場では孫ほど年の離れた若手の役者に怒鳴られたりしています。バカですね。でも、お酒やバクチよりは安上がり。それはそれで幸せそうですよ。

『爺の暇つぶし』(著:吉川 潮、島 敏光)

現役時代は多忙で趣味にいそしむ時間もなく、いざ定年を迎えてみると有り余る時間を持て余してしまうというシニアの方々へ。「暇つぶしの達人」を自認する演芸評論家にして辛口エッセイスト・吉川潮と、その友人でオールディーズと映画をこよなく愛するコラムニスト・島敏光。この両氏が楽しく豊かな老後のための、上手な暇のつぶし方を指南します。

ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催される『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』。渋谷のギ...
7月末、大雨でスウェーデンのウプサラ中央駅が浸水。ショックを受けるどころか、なんとその状況を楽しでしまった地元の人々。その光景は瞬く間にネット上で拡散され...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
「インスタ映えする料理」や「絶品グルメ」がもてはやされる時代に、あえて「普通の味」であることをよしとするグルメ本がある。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、「オードブルの魅...
落語と並ぶ日本の伝統芸能、「講談」。“そのものの良いところを発掘して伝える”という特性を活かし、全国各地の魅力を講談で伝えている田辺鶴遊さんにインタビュー...
ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
街中の花壇や路地でスケボーの練習をしている若者を目にすることがあるのですが、先日、盆栽がスケボーに乗っているのを見かけました。しかもよく見ると、盆栽が入っ...
シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさ...
東京から約2時間。埼玉県の北西部にある「長瀞町(ながとろまち)」。大自然に囲まれていて、オールシーズン楽しめる人気スポットなので遊びに行った記憶がある人も...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
近年、ハロウィンといえば、普段はできないような格好に「仮装すること」がメインの楽しみとして定着しています。が、中には「そろそろ他の楽しみ方を知りたい!」と...
一年中売り場に並んでいるイメージのブロッコリーですが、冬場が最旬期。味も濃く、茹でたてはまるでお芋のようなホクホク感を楽しむことができます。そんな旬のブロ...
2015年10月18日、Twitterに投稿されたいろは@速度制限中さんのツイートには、ほんの少しの工夫で劇的に便利になった「パスタの袋の開け方」が紹介さ...