「瓦」の新しい楽しみ方を提案するブランドが誕生。実はインテリアにも馴染むらしい

日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え、日本の美しい街並みをつくってきた存在と言えるでしょう。

この日本独自の色「いぶし銀」の美しさを活かし、現代のライフスタイルに溶け込みやすいデザインと機能性に優れたアイテムを開発したのが「icci KAWARA PRODUCTS」。山梨県の100年企業が、クリエイターとともに瓦の新しい楽しみ方を提案しています。

「瓦」から「kawara」へ

98cdfe8b6dae1431c982a239699c7a1867fb3c79

同ブランドは、今年で創業100年を迎えた有限会社一ノ瀬瓦工業が、メディアクリエイターのハイロック氏をアートディレクターに起用し誕生した瓦ブランド。コンセプトは、「日本のヒトカケラを屋根の上からテノヒラの上に」。そこには、屋根だけでなく、より身近なところでも瓦に触れてもらいたいという想いが込められているそう。

Da437ff01783f545f411d67160c31f7aaa6ee34394d00299922e0bb751c541836a09c79f9a818fb5E4b021211bbe2ad8fa48f02bdbd5329b023f7d63

気になるアイテムは、コースターやトレイ、 ボウルなど日常生活で手軽に使えるスタイリッシュで機能的なものから…、

B25ff386264a1abe9aad17d566ec0b46e37ae4b692c6c584148e2f14593f48e745dfbd32a555d472

サイコロやバナナ、 りんご、ドルマークといったインテリアやアートとして楽しめるものまで幅広くラインナップ。

瓦のあるライフスタイルって
きっとこんな感じ。

357b4dd4c11002e8930e5a9bcee3dcc65564fb207d5854b47da2fbac55257fabce997b43746c12e2D7f8d5470eb150ac094f0604500adeeaea2a25e4F68dff9faf071843862ec99c707d5c8354606496791c26839a461ce605298de983a55459af5ace1fA48500cd54df99f021ca830a95b039d2b55c80c57664beabac24c8d7980ea42d1b7ea3bc25490388

気になった方はこちらのオンラインストアをご確認あれ。テノヒラの上に「kawara」のある生活、ちょっと粋かも!

Licensed material used with permission by icci KAWARA PRODUCTS
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
そのビジュアルは、どこからどう見てもハンドバッグ。しかし、にわかには信じがたいですが、実は「スピーカー」だというのです!女性のみなさん、これってアリですか...
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。