「瓦」の新しい楽しみ方を提案するブランドが誕生。実はインテリアにも馴染むらしい

日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え、日本の美しい街並みをつくってきた存在と言えるでしょう。

この日本独自の色「いぶし銀」の美しさを活かし、現代のライフスタイルに溶け込みやすいデザインと機能性に優れたアイテムを開発したのが「icci KAWARA PRODUCTS」。山梨県の100年企業が、クリエイターとともに瓦の新しい楽しみ方を提案しています。

「瓦」から「kawara」へ

同ブランドは、今年で創業100年を迎えた有限会社一ノ瀬瓦工業が、メディアクリエイターのハイロック氏をアートディレクターに起用し誕生した瓦ブランド。コンセプトは、「日本のヒトカケラを屋根の上からテノヒラの上に」。そこには、屋根だけでなく、より身近なところでも瓦に触れてもらいたいという想いが込められているそう。

気になるアイテムは、コースターやトレイ、 ボウルなど日常生活で手軽に使えるスタイリッシュで機能的なものから…、

サイコロやバナナ、 りんご、ドルマークといったインテリアやアートとして楽しめるものまで幅広くラインナップ。

瓦のあるライフスタイルって
きっとこんな感じ。

気になった方はこちらのオンラインストアをご確認あれ。テノヒラの上に「kawara」のある生活、ちょっと粋かも!

Licensed material used with permission by icci KAWARA PRODUCTS
他の記事を見る
上海や深センの摩天楼とは異なり、最近は伝統建築のリノベーションが目を引く北京。ここで取り上げる「东四胡同博物馆」という博物館でも、伝統とモダン要素を調和さ...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
パリのデザインスタジオ、「Studio Dessuant Bone」が手がけるこちらの食器、一見「何かの冗談では?」と思ってしまいますよね。
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...