「一日一生」。仕事に遊びに、毎日を全力で楽しむイスラエルの暮らしが教えてくれること

今や日本でもおなじみのバス&ボディケアブランド『SABON(サボン)』が生まれた国・イスラエル。普段サボンのアイテムを使っていても、そこがどんな国なのか、実はイメージできないという人も多いかもしれませんね。

イスラエルは、歴史的にも、民族的にも、その特殊な環境で培われてきたカルチャーも、一色には染まらない不思議な魅力を感じさせる国です。そして、イスラエルの人々の暮らしを眺めてみると、カラフルで豊かな暮らしを送っているのがわかります。

もしもあなたが、単調な毎日の繰り返しを変えてみたいと感じているなら、この記事を読んでみてください。きっと、彼らのライフスタイルから、「幸せ」を感じるためのヒントが得られるはずだから。

イスラエルってどんな国?

まずは数字という側面から見てみましょう。イスラエルの建国は1948年と意外に新しく、約22,000㎡の国土は四国よりやや広い程度と決して大きくはありません。年々増加傾向の人口は約834万人、その約75%をユダヤ教徒が占めています*。

国の成り立ち上、政治的な視点から報道されることも多く、ともすると危険なイメージで見られがちなイスラエルですが、実は「世界幸福度ランキング」では堂々の世界11位*。このランキングが示している事実にフォーカスすると、人々の暮らしぶりが見えてきます。

*外務省HP 「イスラエル国基礎データ」
 *世界幸福度報告書2013(World Happiness Report 2013)

伝統も最先端も、
バランスよく取り入れる

イスラエルの「今」を体感できるのが、経済とカルチャーの街「テルアビブ」。地中海に面した長い海岸線のほぼ中央に位置するこの都市には巨大なオフィスビルが林立し、最先端のEDMが大音量で流れるクラブがあり、現代アートのギャラリーが集まっています。そうかと思えば、古い港町の景色は昔ながらのイスラエルそのもの。その伝統と最先端のミックス具合が独特の世界観を生み出しているのです。

なんでも楽しんでしまう天才
イスラエル人

イスラエル人はビジネスセンス抜群な企業家も多く、今をときめくハイテクから美容系までイスラエル発のスタートアップ企業が世界に進出しています。それは、彼らの仕事には常にワクワクするような遊びゴコロがあるから。「一日一生」というユダヤ人の精神が根付いているイスラエル人には、失敗すらも辞さない素質が備わっていて、チャレンジすることを心から楽しめるのです。

しかし彼らは仕事に忙殺されることはありません。
仕事が終わればとにかく遊ぶこと。時にはクラブで夜通し羽目をはずし、時には地中海に沈む夕日を眺めながら仲間と語らう。週末になれば、公園に行くような気軽さで家族と一緒に「死海」に繰り出す・・・常に彼らが幸せそうなのは、その笑顔を見ればわかります。

コミュニティみんなで
「家族」になる

彼らの「笑顔の素」をたどると、「家族」に行き着きます。どんなに成功している起業家でも一番大切なパートナーは誰かと聞かれれば迷わず「妻」とか「夫」、または「家族に決まってるよ」と答えることでしょう。

ユダヤ人は伝統的に多産の文化で子だくさんの家族も多く、隣人や友人との結束も固いため、地域のコミュニティ全体で子どもを育てる様子も見受けられます。それはまるで、「古き良き日本」が持っていた風景のようでもあります。イスラエルの「ハッピー」の源は、どうやらこの辺りにありそうです。

「安息日(シャバット)」に学ぶ、
「幸せ」を実感する方法

イスラエル人が家族を大切にするのは、ユダヤの伝統と深い関係があります。それは週に1度訪れる「安息日(シャバット)」。旧約聖書に記されている天地創造の7日目に神が休息をとったことに由来した、イスラエル人にとって何より重要なものなのです。

毎週
金曜日の日没前から土曜日日没後までが安息日。その間、彼らは基本的に働いてはいけません。そこで何をするのかというと、家族で集い、親しい友人たちを自宅に招いて大勢で食卓を囲むのです。それはまるで、お正月の団欒が毎週一度訪れるような感じと言えば、その雰囲気が伝わるでしょうか。イスラエルには移民も多く、その食卓は自然と国際色が豊かな異文化交流の場にもなっています。

波乱に満ちたイスラエルの歴史の中で、この「安息日」という伝統が守られてきたからこそ、「家族とともに過ごすことが一番の幸せ」という、当たり前のようでいて私たちが普段おろそかにしているかもしれない価値観を、彼らはそのDNAに深く刻み込んでいるのでしょう。そして、それが「家族で一生使い続けられるブランドへ」というサボンの理念につながっているのは言うまでもありません。

今度の週末は、家族や大切な人とゆっくり語らいながら、SABONのアイテムでリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

《SABON Gift Short Film Project 作品》『 PLAN B 』

昨年全国のSABON愛用者からご応募いただいたギフトエピソードから選ばれたストーリーが、ついにショートフィルムとして完成し、SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIAで公開されます。衝撃の結末を、ぜひ劇場で。<上映情報詳細はコチラ

その他のイスラエル関連記事はコチラから

Sponsored by SABON Japan
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
今年3月より、日本からイスラエルへ初の定期直航便が就航。
イスラエルが世界でも有数のバードウォッチング大国だって知ってました?
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
イスラエルを旅したら、一度は食べてみたいフュージョンSushiのご紹介!
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
Netflixの番組「Tidying Up with Marie Kondo」で世界的に有名になった近藤麻理恵さん。イスラエルの新聞「Haaretz」も注...
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
チョコレート欲が高まる2月。寒さが厳しくなる日には「重い」と感じるほどの濃厚なホットチョコレートがいい。そう思って探し出した『Bonnel Cafe』では...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
イスラエル発のサンダルブランド「FREEDOM MOSES(フリーダムモーゼ)」が8月9日から、ビームス 大宮、ビームス 新宿、ビームス ストリート 梅田...
イスラエル出身のNuseir Yassinさんは、ハーバード大学を卒元エンジニア。しかしただ働くだけでは人生を楽しみきれていないと旅へ。1分間の動画を毎日...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...