あのロボット掃除機「ルンバ」の兄弟機がすごいらしい

フローリングでは、掃除機をいくらかけても、気になるベタつきが残ることも。快適で清潔なフローリングのためには、雑巾掛けをしたいところです。

とはいえ、「 忙しくてなかなかできない」 「やらなきゃと思っていても、雑巾がけは面倒くさくて……」なんて声が聞こえてきそうです。そんな人たちに知ってもらいたいのが、このお掃除ロボット。ナント、自動で拭き掃除をやってくれるんです。

あの「ルンバ」の兄弟機!
当然、使い勝手は抜群です

最先端の技術を駆使して、アナログな作業を地道にこなしてくれるというスグレモノーーその名は「ブラーバ」。あのロボット掃除機「ルンバ」の兄弟機にあたります。

それだけで実力のほどは伺えますね。サイズ感は、兄「ルンバ」よりちょいコンパクト。留守の間でもしっかりと掃除をしてくれる、稼働音が静かなので就寝中に掃除もOK、手入れが簡単など共通点も多いのですが、弟「ブラーバ」の専門は拭き掃除です。その道のプロならではの機能を持っています。

例えば、水拭きと乾拭きの両方に対応している点。同じ拭き掃除でも床の汚れ具合によって水拭きとから拭きは使い分けたいところ。「ブラーバ」ならそれが叶います。

また、市販の掃除シートが使えるのも特筆すべき機能。日常使いのロボットだけに、このあたりの汎用性は重要ですよね。

なんと言ってもウリは
「清掃力」にあり!

今やロボット掃除機はいろいろなメーカーから発売されています。そのなかで「ルンバ」が頭ひとつ抜けた人気と評価を獲得しているのは、なんといっても「清掃力」。部屋中すみずみまで、細かいところもしっかりキレイにしてくれる、というストレートな魅力こそ強みです。

その血筋を「ブラーバ」もきっちり受け継いでいます。壁の際まで手を抜かずに拭き掃除をしてくれるし、ソファの下のような見えないところ(ホコリとかたまるんですよね、フローリングだと)までキレイに。きちんとクリーンに保ってくれます。

いろいろ機能はありますが、ロボット掃除機「ブラーバ」のウリは、本業である清掃力。「ルンバ」の兄弟機というブランドは伊達じゃありません!

皮脂汚れやベタつきも
「ウェットモード」でスッキリ!

ここからは「ブラーバ」が誇る2つの清掃モードに目を向けていきましょう。

フローリングの汚れのなかでも、とくに厄介なのが足あとなどによる皮脂汚れや食べこぼしのベタつき。とくに小さいお子さんのいる家庭では顕著ですよね。

これをスッキリとキレイにしてくれるのが「ブラーバ」のウェットモードです。もちろんただクロスがウェットなだけじゃありません。ウェットモードでは、前後に細かく動いて、落ちにくい汚れにも対応。

さらにウェットクリーニングパッドのタンクに水を入れておくことで、クロスが乾くことなく、水量を一定に維持。約20畳という広さでも、ウェットな状態を保ったまま拭き掃除をしてくれます。

人が雑巾掛けするよりも、ムラがない分キレイになる……というのも言い過ぎじゃありませんよ!

ハウスダストまでを
「ドライモード」で除去!

お次はドライモード。つまりから拭きです。このモードでは、髪の毛やホコリといった目につく汚れを掃除してくれるだけでなく、なかなか目につかないハウスダストまでを除去してくれます。

立って部屋を見渡すと一見キレイだけど、いざ座ってみると、細かい髪の毛やホコリなんかが気になる……というのはフローリングに住まう誰もが経験する“あるある”。そんな悩みから解放してくれるのが、「ブラーバ」のドライモードというわけです。

その他にも
「優しい機能」がいっぱい!

「ブラーバ」の賢さはまだまだあります!

搭載されているセンサーによって、頭の中に地図を描くように部屋中を把握し、隅々まで逃すことなくキレイにしてくれるし、バンパー付きなので家具に傷がつく心配はありません。ラグやカーペットなどに乗り上げることもなければ、段差がある場所で落ちてしまうこともナシ。

掃除が終われば元のスタート位置へ自動で戻ってきます。

ロボット掃除機というと、お出かけ中や就寝中に掃除をしてくれているイメージがありますが、じつは「ブラーバ」のユーザーの多くは、自分が自宅にいる時に使っているんですって。なんでも「静かだから気にならない」のだとか。

フローリングの掃除。自分で雑巾掛けもいいもんですが、「ブラーバ」に任せたほうが快適かもしれませんね。なんといっても楽ちんですし!

Sponsored by セールス・オンデマンド株式会社

関連する記事

えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
米オレゴン州のビーバートンで、緊迫した空気が一変して笑いに包まれる夜がありました。一本の通報電話に、地元の保安官が現場へ駆けつけるも待ち構えていたのは……。
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
掃除の夢の意味とは?掃除する場所や掃除道具の種類、シチュエーション、心理別に夢占いの専門家が解説します。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
クラウドファンディング実施中の折り畳み式洗濯機「MobileWasher」。世界最小クラスのサイズ感からは想像できない1kgの大容量が特徴。
「Dyson」は、日本の住環境と日本人の平均身長を考慮して開発した「Digital Slim コードレスクリーナー」を発売。25%の軽量化と20%の小型化...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
一般的な燻製機の手間をすべて排除して、手軽さにとことんこだわった「IBUSIST燻製機」。
布団クリーナーでお馴染みの「RAYCOP」より新商品が登場。持ち運びがしやすく、手軽に除菌&掃除ができる新時代の必需品。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
「LG」からマスク型の着脱式空気清浄機「LG PuriCare Wearable Air Purifier 」がついにローンチ!同社の家庭用空気清浄機と同...
壁掛けにも対応する空気清浄機「Sauberair FLAT(サウバーエア・フラット)」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
ネックストラップ式で手軽に使えるパーソナル空気清浄機が「Makuake」に登場。マイナスイオンによる空間除菌システムを採用しており、フィルター不要で使いやすい。
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...