ペットボトルの紅茶と「旬」な果物を使って簡単♪「スムージー3選」

果物や野菜が主役のスムージー。ヘルシー、簡単といいコトずくめですが、作ってみると見た目や肝心の味が「もうちょっと……」なんてこともあるみたい。

でも、ここに集めた3種類のスムージーは違います!

共通するのは「ペットボトル紅茶」を使っている点。紅茶のキレイな色と適度な甘みやまろやかさがプラスされて、一気に美味しく、飲みやすくなるんですよ♪


好みのスムージーはどれ?
すぐにチェック!

Sponsored by Kirin Beverage
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
形の悪さや納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けるサービス「Clean Smoothie」。月に2回、...
おしゃれなトッピングは@mai_smoothieの魅力のひとつ。今回はマンゴーの果肉をたっぷり乗せた、ボリューム感あるスムージー。マンゴーに含まれる豊富な...
自宅で1日3分で出来る「太もも痩せトレーニング」をご紹介!先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集める...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
欧米の朝食の定番「オートミール」。オートミールは栄養価が高く、ヘルシーと健康志向の人を中心に注目されているフード。今回はTABI LABOメンバーが愛用す...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
 スムージーに梨を使う?意外に思われる方、@mai_smoothieのレシピのポイントは、すだちの酸味を活かしている点。さらにもうひとアレンジ。今回はシャ...
「オーマイグラス」は、プロのスタイリストが250種類のメガネを持って利用者の自宅へ出張する「移動式プライベートメガネサロン」を実施。もちろん、検眼機や度数...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
ヘルシー志向でがぜん注目度が増した「フムス」は、中東文化圏のソウルフード。カフェやレストランでは注文しても、これを自宅でつくるイメージは浮かばない、という...
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
バニラのフレーバー付きだからニオイを全く気にしなくていい!ヴァギナのかたちとアンダーヘアについてもまた然り。生理中にしたくなってもOKです。
今まさに最旬を迎えている桃。甘い芳香ピーチアルデヒトは、精神を落ち着かせるリラックス効果があります。また、ジューシーな果肉には、皮膚に潤いを与えてくれるカ...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
パステルピンクの正体はラズベリーと牛乳。ハートにあしらったバナナと、グラスのふちを彩るカラフルシュガーが、可愛らしさを演出します。自分の健康のためもいいけ...
今回、@mai_smoothieが教えてくれるのは、爽やかなキウイの甘酸っぱさにヨーグルトをMIXにした、ヘルシーなスムージー。キウイに含まれる豊富なビタ...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...