人間の手首と指は「魚のヒレ」が進化したもの(米シカゴ大学)

人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え技術によって少しずつ明らかにされようとしている。

遺伝子組換え技術が
ナゾを解明した

人間の祖先や、陸上で暮らすほかの哺乳類が水生生物から進化したことは、これまでの研究で解明され、化石がそれを証明してきた。しかし、魚のヒレのどの部分が手足の指となったのかなど、詳細は不明のままだったそう。

研究者らが注目したのは、哺乳類の手首や指の細胞をつくるホメオティック遺伝子(Hox遺伝子)。「The Atlantic」によれば、1996年の時点でフランスの科学者が、Hox遺伝子の2つ(HOXA13とHoxd13)がマウスの手足の開発に関与している事実を発見している。

今回シカゴ大学研究チームは、遺伝子組換え技術を応用しマウスの手首と指をつくる細胞群が、魚(ゼブラフィッシュ)ではどの部分で働くかを実験した。

ヒレの中の軟骨が形を変え
手首や指になっている

遺伝子を改変し、Hox13を動かなくさせたマウスとゼブラフィッシュを比較したところ、マウスは手首や指がなくなったのに対し、ゼブラフィッシュは胸ヒレの柔らかい骨がほとんどなくなっていた。と、「The New York Times」が報じている。

このことから、ヒレの硬い骨ではなく、「皮骨(ひこつ)」と呼ばれる柔らかい骨の部分で細胞群が形成されていることが分かった。上の写真右側がゼブラフィッシュのヒレ。左がマウスの手。

写真で緑色に光る部分が皮骨。この軟骨組織が、次第に硬く変化することで、手首や指の成形にいたった。というのが今回の研究によって判明したこと。今月18日、研究者らは「Nature」誌に発表した。

ちなみに、研究チームには日本人の中村哲也研究員も参加しており、今回の発見を機に「魚が陸へと上がる進化の解明に向け、大きな前進になる」、とコメントを残している。

遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
ワンちゃんはマブダチ!ファミリー!そう思っている人も多いはず。じつは、彼らも人間の感情をちゃんと理解していると科学的に示された研究結果があります。2014...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
まだ相手のことがよく分かっていない、初デート。とくに向かい合って座る「食事」の時間はドキドキしますよね。好きなものはなんだろう?口の周りが汚れないものがい...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...