エースホテルも認めた。本格アウトドアブーツを街履きする快適さ

クラフトマンシップをリスペクトする土地柄のポートランドは、多くのアメリカンアウトドアブランドが集まる場所。アメリカンブーツの代表格『ダナー』もそんなブランドのひとつです。本格的なアウトドアブーツでありながら、ここ日本でも街履きしている人をよく見かけるから、本場ポートランドでは、大勢の人が履いているハズ…

と思いきや、意外なことにポートランドではダナーを街履きする人はあまりいないんです。なぜかって?彼らにとってダナーは「ハンティングや山歩きの時に履くもの」という強い固定概念があるから。

それって、もったいなくない?ーー

ということで、クリエイティブでファッショナブルなポートランダーに「ダナーの街履き」を提案しに行ってきました。

アウトドアシューズの代名詞
「ダナーライト」

ダナーのラインナップの中でも特に「ダナーらしい」のが『ダナーライト』。GORE-TEX®を世界ではじめて靴に採用した靴として知られています。武骨でありながら細身なルックスはどんなコーディネートとも合わせやすく、日本でも靴好きのなかでは定番といえる存在。

なんといってもGORE-TEX®×vibram®が生み出す「軽い、タフ、完全防水、どんな場所でも滑りにくい」というスペックの高さは、実は日常生活でとても重宝するところ。突然の雨でもわざわざレインブーツに履き替える必要がないし、鉄の上でも滑りにくい安心感で足元を気にせずガシガシ歩けます。

この良さを、ダナーのふるさとポートランドでも知ってもらわねば!

アウトドア代表「ダナー」
in 都会代表「エースホテル」

今回、「ダナーの街履き」を提案しに行った先は、エースホテル。90年ほど前に建てられたダウンタウンの古いホテルをリノベーションしたこのブティックホテルは、今やポートランドのクリエイティブでな側面を象徴するアイコンです。

その影響力は、「僕はもう5年もダウンタウンに行ってないからね」というローカルがいたほど廃れた場所だった地区が、「カルチャーの発信地」と言われるまでになったほど。ある意味ポートランドブームの中心地でもあります。

トレンドに敏感でファッショナブルなポートランダーであるエースホテルのスタッフたち、ダナーの存在はもちろん知っています。

実はエースホテルの真向かいにダナーのフラッグシップショップがあり、ホテルのスタッフがしばしばショップを訪れて、同じポートランドに住む者同士として交流があるそうで、中にはダナーのドレスシューズを履いているスタッフもいるのだとか。

そんな彼らにダナーライトを見せると、やっぱり「それは山で履くものだろう?」という反応が返ってきました。

「いやいや、日本ではダナーを街で履いているんだ。いいから試してみて。調子いいよ!」

ポートランダー、
ダナーライトの街履き初体験

こちらがエースホテルでフロントマネージャーを勤めるブライアンと、スタッフのマティ。ブライアンにはブラウンのダナーライトを、マティにはブラックのダナーライトを履いてもらいました。シャープで細身なユニフォームに、ボリューム感のあるダナーライトがマッチしています。

ブライアンは語ります。

エースホテルのスタッフは白のシャツに黒のパンツと黒の靴、とドレスコードが決められている。でもダナーだけは特別だ。同じポートランドの仲間として、ダナーであればブラウンの靴でも仕事中の着用が認められているから、このダナーライトもオーケーだね。

ブライアンが自分で所有しているのはダナーのドレスシューズで、勤務する際もよく履くそうですが、ダナーライトの履き心地はどう?

エースホテルは最初に入社するとドアマンからキャリアがスタートするんだ。雨も多いし、冬はとても寒いため、とても辛い業務。ダナーの靴は雨が全く染み込まないので足先が冷たくならないし、立ちっぱなしでも疲れない。今までダナーライトはアウトドアの時しか履いたことがなかったけど、とても良いね。実はアウトドアマンだけでなく、ホテルのスタッフにもピッタリな靴だったんだね!

 マティはダナーのシューズを履くこと自体が初めて。初体験の感想は?

周りのスタッフや友人が履いているのを見てダナーのことは知っていたんだけど、履いたのは今日が初めて。ボリュームがあるのでもっと重いかと思っていたけれど、思ったよりずっと軽くていいわ。ホテルでは仕事中ずっと立ちっぱなしだから、靴は大事。これは足首までしっかりと支えてくれるから、疲れなさそうね。ポートランドではアウトドアブーツを街で履いたりしないんだけど、日本ではこういう風に履くんですってね。とてもファッショナブルだし、真似してみたいわ!

エースホテルのスタッフは
ダナーライトを街でこう履きこなす

ブライアンが休憩中にやってきたのはウィラメット川のほとりにあるウォーターフロント・パーク・トレイル。昼休みにこんな自然と触れ合えるのがポートランドのいいところ。休憩中も着替えることなく、スタイリッシュなタイドアップスタイルにアウターを1枚羽織って出かけます。

 このスタイルでいると街のどこにいてもエースホテルのスタッフだと分かってくれるからね。この街は秋から春まで雨や雪が降り続けるし、石畳の道や坂道も多い。この場所もカナダグースがたくさんいて雨が降るとぬかるんで大変なんだけど、ダナーライトだとまったく気にならないね。日本では街なかでダナーライトを履くと聞いて最初は驚いたけど、本当はポートランダーこそ街なかでダナーを履くべきだよね!

初体験のダナーライトを街でサラリと履きこなすあたりはさすがです。日本でも、アウトドアファッションだけじゃなく、ビジネスカジュアル系の服に合わせると面白いかもしれませんね!

ポートランド発、アウトドアブーツの代名詞『DANNER(ダナー)』と、ミル・スペックのバッグでおなじみの『BREIFING(ブリーフィング)』。生粋のma...
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
ケアに手間がかかるからこそ愛着がわくアウトドアで話題の「オイルドジャケット」をご紹介。「バブアー」「フェールラーベン」「ベルスタッフ」など人気ブランドのア...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
シュラフや専用マクラ、スリーピングマットなど、外遊びの疲れを癒してくれるアウトドア用スリーピングギアを厳選してご紹介。「ZEROGRAM」「サーマレスト」...
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
世界的なファッションコンペでファイナリストに選ばれた女性デザイナー日原氏が考案する「重力を超えるシューズ」とは......?その才能と発想に世界が注目!
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...