【日本初上陸】太陽の国スペイン発!果実や果皮も100%一緒に搾り出したジュースって??

太陽の国と称されるスペイン。いっぱいの光を浴びて産声をあげたのが、itt JUICE(イットジュース)です。

スーパーフルーツやベジタブルの素材を丸ごと活かした100%ストレートジュースは、巷で大人気。濃厚リッチ、とびきりのフレッシュ感。想像するだけでゴクリ!思わず喉がなってしまいそうです。

itt JUICEは美味しくてカラフル
一杯で朝食がわりにも!

果汁100%のストレートジュースは、ヨーロッパではとってもポピュラー。日常的に飲まれています。最近、日本でも美容意識の高い人たちは、朝食がわりにジュースを飲んでいますよね。

itt JUICEは、一杯の中に7〜11種類の素材がミックスされています。しかも、砂糖や香料を一切不使用。カラフルなのは、果実や果皮もたっぷり使われているからなのです。口に含んでみると素材そのものの味がします。美味しいだけでなく、野菜不足になりがちな日本人にとっては救世主のようですね。

フレッシュな美味しさをキープする
ITT製法って?

生のフルーツやベジタブルをかじったかのようなフレッシュ感には、秘密があります。それが、ITT製法(Instant Treatment Technology)。従来の加熱時間を格段に短縮することで、フレッシュ感や栄養をキープしているのです。現在、この製法でつくられたジュースが、ヨーロッパでも「美味しい!」と評判になっているようです。

お仕事やエクササイズの前後にも
大活躍!!

素材そのままの味わいを楽しめる100%のストレートジュース。そのフレッシュさと濃厚な味にハマってしまう人たちが続出しています。中には、一日何度も飲んでしまう人もいるんだとか。ビタミンや食物繊維などの素材をチョイスしているので、とってもヘルシーだと評判です。

リピーターが多いワケは、自ずとカラダが求めるからかもしれませんね。

カラダを目覚めさせたい。元気をチャージしたい。頑張った一日の後は、自分へのご褒美にしたい…。朝・昼・晩の目的に合わせて飲み分けるのも手のうち。24時間、様々なシーンで大活躍しそう。しかも、¥390とはとってもお値打ち。毎日、飲み続けるには嬉しいお手頃プライスです。

どれにしようか迷っちゃう!
4種類のラインナップ

新顔の「ホワイト」は、ココナッツをはじめ、ラ・フランス、バナナのフルーティーな味わいです。

キウイ、ほうれん草、ケールなど8種類の素材が入った「グリーン」は、緑の見た目とは裏腹にフルーティーで、ほのかに甘い。

パイナップル、マンゴー、アセロラなど7種類の素材の「イエロー」は、一番どろっとしていて、トロピカルな甘さ。

グレープ、ラズベリー、ザクロなど11種類の素材の「レッド」は、味は鼻に抜けるような酸っぱさが特徴です。

味わいを覚えて、その時々の気分で飲み分けるのも、もちろんアリですよね。

itt JUICEは、密かにインスタグラマーの間で被写体になりつつあります。公式instagramのアカウントもあり、カラフルなitt JUICEが様々なライフスタイルの中に登場しています。それを見ているだけで、フレッシュさが伝わってきてスグに飲みたくなってくるほど!

うーん、どれにしようか迷っちゃう…そんなあなたに耳よりニュース。今なら、全国の『カフェ&バー プロント』で、「ホワイト」の発売記念として、itt JUICEのinstagram公式フォロー画面提示で全種類100円引き!この機会に、是非、飲み比べを!!

【instagram キャンペーン】
対象商品:itt JUICE「ホワイト」「グリーン」「イエロー」「レッド」
期間:2016年12月1日〜2017年1月31日
※itt JUICE「ホワイト」は数量限定商品のため、なくなり次第終了となります。

日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた「ペーパーカップタンブラー」。“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げ...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
リラクゼーションを目的として建てられた「Glass House」。その名の通りガラス張りで、周辺に何もないからリラックスできます。スペイン南部に広がる砂漠...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
11月1日にオープンする「渋谷スクランブルスクエア」への出店が日本初上陸となるスペイン王室御用達のレストラン「ホセ・ルイス」が、来年5月に世界初のリゾート...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
少量の野菜に特化した「ぬか床キット」が登場。これ、一人暮らしにはうってつけかも。
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
青森のりんごだけを使い、りんごの品種ごとの味わいが楽しめるジュース「青森りんごシリーズ」。これだけに特化した、その名も「りんご自販機」がJR東京駅、上野駅...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
世界各地で28万7000本以上を売り上げたという、”腕に巻く” サングラス「SUNFOLD」がクラウドファンディング「CAMPFIRE」で先行予約を受付中。
日本におけるサステイナビリティは金銭的インセンティブと企業のマーケティングとしての要素が強く、どうしても表面的になりがち。私が住んでいるスペインとは、少し...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...