【日本初上陸】太陽の国スペイン発!果実や果皮も100%一緒に搾り出したジュースって??

太陽の国と称されるスペイン。いっぱいの光を浴びて産声をあげたのが、itt JUICE(イットジュース)です。

スーパーフルーツやベジタブルの素材を丸ごと活かした100%ストレートジュースは、巷で大人気。濃厚リッチ、とびきりのフレッシュ感。想像するだけでゴクリ!思わず喉がなってしまいそうです。

itt JUICEは美味しくてカラフル
一杯で朝食がわりにも!

果汁100%のストレートジュースは、ヨーロッパではとってもポピュラー。日常的に飲まれています。最近、日本でも美容意識の高い人たちは、朝食がわりにジュースを飲んでいますよね。

itt JUICEは、一杯の中に7〜11種類の素材がミックスされています。しかも、砂糖や香料を一切不使用。カラフルなのは、果実や果皮もたっぷり使われているからなのです。口に含んでみると素材そのものの味がします。美味しいだけでなく、野菜不足になりがちな日本人にとっては救世主のようですね。

フレッシュな美味しさをキープする
ITT製法って?

生のフルーツやベジタブルをかじったかのようなフレッシュ感には、秘密があります。それが、ITT製法(Instant Treatment Technology)。従来の加熱時間を格段に短縮することで、フレッシュ感や栄養をキープしているのです。現在、この製法でつくられたジュースが、ヨーロッパでも「美味しい!」と評判になっているようです。

お仕事やエクササイズの前後にも
大活躍!!

素材そのままの味わいを楽しめる100%のストレートジュース。そのフレッシュさと濃厚な味にハマってしまう人たちが続出しています。中には、一日何度も飲んでしまう人もいるんだとか。ビタミンや食物繊維などの素材をチョイスしているので、とってもヘルシーだと評判です。

リピーターが多いワケは、自ずとカラダが求めるからかもしれませんね。

カラダを目覚めさせたい。元気をチャージしたい。頑張った一日の後は、自分へのご褒美にしたい…。朝・昼・晩の目的に合わせて飲み分けるのも手のうち。24時間、様々なシーンで大活躍しそう。しかも、¥390とはとってもお値打ち。毎日、飲み続けるには嬉しいお手頃プライスです。

どれにしようか迷っちゃう!
4種類のラインナップ

新顔の「ホワイト」は、ココナッツをはじめ、ラ・フランス、バナナのフルーティーな味わいです。

キウイ、ほうれん草、ケールなど8種類の素材が入った「グリーン」は、緑の見た目とは裏腹にフルーティーで、ほのかに甘い。

パイナップル、マンゴー、アセロラなど7種類の素材の「イエロー」は、一番どろっとしていて、トロピカルな甘さ。

グレープ、ラズベリー、ザクロなど11種類の素材の「レッド」は、味は鼻に抜けるような酸っぱさが特徴です。

味わいを覚えて、その時々の気分で飲み分けるのも、もちろんアリですよね。

itt JUICEは、密かにインスタグラマーの間で被写体になりつつあります。公式instagramのアカウントもあり、カラフルなitt JUICEが様々なライフスタイルの中に登場しています。それを見ているだけで、フレッシュさが伝わってきてスグに飲みたくなってくるほど!

うーん、どれにしようか迷っちゃう…そんなあなたに耳よりニュース。今なら、全国の『カフェ&バー プロント』で、「ホワイト」の発売記念として、itt JUICEのinstagram公式フォロー画面提示で全種類100円引き!この機会に、是非、飲み比べを!!

【instagram キャンペーン】
対象商品:itt JUICE「ホワイト」「グリーン」「イエロー」「レッド」
期間:2016年12月1日〜2017年1月31日
※itt JUICE「ホワイト」は数量限定商品のため、なくなり次第終了となります。

日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
日本におけるサステイナビリティは金銭的インセンティブと企業のマーケティングとしての要素が強く、どうしても表面的になりがち。私が住んでいるスペインとは、少し...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
「郷に入れば郷に従え」という言葉があるけれど、実際自分が住む国以外の常識って知らないものです。「Things in Squares」はポップなイラストで、...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...