この4つに注意すれば「家族で海外旅行」も怖くない!?

子どもと一緒に行く海外旅行。特別な思い出を作ることで、家族の絆がもっと深まることだって!

でも、ママにとっては(ときにはパパにとっても)楽しいことばかりではないのも事実です。慣れない環境に子どもを連れて行くことで、日常とは違った問題が…。

そこで、子連れ海外旅行でよく「苦労すること」をまとめてみました。反対に言えば、この4点に注意すれば、子連れで海外旅行も怖くない!?

ついつい荷物が多くなっちゃう…

子どもと一緒に行く海外旅行で一番はじめに苦労するのが搭乗手続きかもしれません。

子連れで安全かつ快適に海外旅行を楽しもうと思うと、どうしても「念のため…」と荷物が多くなりがち。かさばる荷物を抱えながら、そして子どもの相手をしながらの搭乗手続きは結構骨が折れるものです。

そんな時は、空港内のグラウンドスタッフを頼るというのも手です。

とくにフルサービスキャリアでは、専用カウンターで手続きができたり、機内に優先的に案内してくれたりと、さまざまなサービスを提供しています。事前に自分が利用する航空会社のホームページなどで、どんなサービスがあるのか、チェックしていくといいですよ。

現地の食べ物が、子どもの口に合わない!

ある程度大きな子どもでもよくあるのが、食事の問題。

「普段も和食だけを食べているわけじゃないから大丈夫!」なんて思いがちですが、子どもたちが慣れているのは、あくまで日本人向けに味付けされたものです。本場では日本とは違う香辛料や香草がたくさん入っていたり、食材自体が見慣れないものだったりすることも…。大人でもそういうことってありますよね? 

せっかくの楽しい旅行です。現地の食事にチャレンジするのもいいですが、子どもの食べ物やおやつなどは普段食べ慣れているものを持参していくのがベターです。

また、幼い子どもの場合は、食器やコップなどもいつも使っているものを持っていくのもオススメです。慣れない環境で感じるストレスを少しでもやわらげて、家族旅行を楽しみましょう!

オムツに日焼け止め、虫除けスプレーなど、肌に触れるものは注意を!

海外だからといって必要以上に身構える必要はありませんが、子どもの肌に触れるものだけはケアしてあげるようにしたいですね。

具体的には、オムツやお尻拭き、日焼け止めや虫除けなどなど。旅行先によっては日本と同じメーカーのものが売っていたりもしますが、土地勘のない場所ではお店を探すのも一苦労。また、入っている成分が違っている可能性も。肌に合わずかぶれてしまうなんてこともありえます。

食事やおやつと同じく、これらも日本から持っていくのがオススメですね。

長いフライトで、子どもの間が持たない…

じつはこれが一番の苦労かも。

機内では静かに遊んでいてくれるか、寝ていてくれると楽なのですが、終始落ち着かず騒ぎ出してしまうこともあります。

お気に入りのおもちゃや絵本を持っていくのはもちろんですが、長いフライトの場合であればサービス重視で航空会社を選ぶというのも重要です。

ポイントは、子ども向けの機内サービス&機内エンタメの充実度。このふたつの内容は、とくに長いフライトで、子どもと一緒に過ごす際、とっても重要になってきます。

ついついお値段で選んでしまいがちな航空会社ですが、子連れとなるとサービスも比較ポイントになりそうです。

ママとパパも海外旅行を楽しむために!

なによりも、せっかくの海外旅行、ママもパパも目一杯楽しみたいですよね。

備えあれば憂いなしと言いますが、事前にさまざまな苦労を想定して準備しておくことが、子どもと一緒の海外旅行を素晴らしい思い出にする一番の近道ですよ!

アンケートに答えて、「Amazonギフト券」1万円を当てよう!

この記事は、空の旅についての調査を目的としています。
下記のボタンからアンケートにお答えいただいた方の中から、10名様に「Amazonギフト券」1万円をプレゼントさせていただきます。
ぜひご協力ください。

【キャンペーン概要】
●応募期間
2017年1月23日(月)〜4月16日(日)

●プレゼント
「Amazonギフト券」1万円分を10名様へ。

●応募方法:下記のボタンよりご応募ください。

●応募規約
応募は1名につき1回となります。
ご入力いただいた情報(氏名・メールアドレス・アンケートへの回答)は、第三者(株式会社フィールドマネジメント)に提供され、個人を特定しないマーケティング活動における統計分析に利用させていただきます。その旨を同意していただいた方のみご応募ください。

海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
危機的状況が続くなか、ファッションブランドも新型コロナ対策支援に取り組んでいる。「グッチ」と「H&M」は、「世界保健機関(WHO)」にSNSアカウントを提...
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...