【お好きな絶景旅をプレゼント!】ふたりの仲をぐっと縮める、「親友ペア活」してみない?

女子会でワイワイするのもいいけれど、なんとなく気を使っちゃう。それじゃ、本気で楽しめない。 でも、親友とだったら一緒にいるだけで、ほっとできる。ありのままの自分でリラックスできる。

親友としかできないこと、親友と一緒だからもっと楽しめることって、ありますよね。心から笑いあえる親友とだからこそ楽しめる活動、「親友ペア活」、始めてみませんか?

親友と一緒なら、100倍楽しめる!
「絶景トラベル」で親友ペア活してみた

旅行って普通の友達だと、やっぱり気を使っちゃうもの。でも、親友と一緒ならどうですか?

気の合う親友と一緒に行けば、1日中ふたりのペースで楽しめる。絶景スポットだって一人で観るよりずっと感動的。親友と一緒の「親友ペア活」だからこそ、そこでの景色がふたりの最高の思い出になるハズ。

今回、そんな「親友ペア活」に、3組のインスタグラマーがチャレンジ!それぞれの行き先は、トラベル系人気インスタグラマーSAKIEさんがプロデュースした、沖縄、高知、山形の3箇所です。さて、どんな旅になるのでしょうか?

【高知】
え?ここギリシャ?
世界一美しいと言われるサントリーニ島を再現した
素敵すぎるホテルにふたりで大ハシャギ

今回の「絶景の旅」をすべてプロデュースしてくれたSAKIEさん自らが、親友のさわこさんと行ったのは高知県。彼女には、どうしても行ってみたかったホテルがあったんです。

入り口からもう別世界。“本当にここは日本?!”と錯覚してしまうほどの世界観。高台にあるので、視界を遮るものがなにもない空と海。白壁の造りに濃青の塗装。まさにサントリーニ島。

ホテルで最高のひとときを過ごしたふたりは、気の向くままに龍馬が見守る桂浜で土佐犬を見たり、天然記念物の鍾乳洞・龍河洞を訪ねたりと、親友とだからこそ成り立つ、ノープラン&バラエティ豊かな1泊旅行を楽しんだようです。

PROFILE

【山形県】
大人気映画の舞台にもなった、美しい銀山温泉。
黄金に輝く幻想的な世界へのふたり旅。

ショートカットが印象的な長谷川あやさんが足を運んだのは山形県の「銀山温泉」。大正浪漫の情緒が漂う夜の温泉街は、雪景色にランプの色が滲んで金色に輝き超幻想的。

どこを撮っても素敵な景色の写真がとれてしまうので、記念写真の時間をやめるタイミングがわからずに困りました(笑)。

多忙な彼女がパートナーに選んだ大親友のゆりさんとは、久しぶりに温泉でゆったりしたり、こけしを作ったり、美味しいお蕎麦を食べたりと、ふたりで最高のひとときを過ごせたそうです。

PROFILE

【沖縄】
古宇利島のハートロックと、1日1組限定の
パノラマ絶景ホテルを贅沢に「ふたり占め!」

インスタグラマーの恵美里さんとあゆみさんが行ったのは、沖縄の古宇利島。岩がハートの形になっている「ハートロック」や、1日1組限定の特別感がたまらない「ワンスイートホテル&リゾート古宇利島」など、インスタジェニックなスポットが盛りだくさん。

もともと別荘で、リノベーションして一軒家のホテルにしたという事で、リビングは天井が高く、窓も大きく広々としていて、清潔感もあって素敵!!そして、屋上にはジャグジーまで!目の前には海が広がっていて最高の景色!

古宇利島を堪能したふたりは、そのあとシーサー作りも体験したそうです。

できたシーサーと写真を撮るとき、「はい!シーサー!」でこれまたふたりして爆笑!東京でも使っちゃおうかな(笑)?!

めちゃくちゃ楽しかったー!

PROFILE

上記3つの「親友ペア活」から、
お好きな旅をプレゼント!

記事を読んで「自分もあの子と行ってみたい」と思った人、いますよね。そんなあなたのために、今回ご紹介した旅をそれぞれ1組2名様、合計3組6名様にプレゼントしちゃいます。これが「親友ペア活」のスタートを切る素敵なキッカケになるかも?

果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...