恋人との旅行、ケンカをしない秘訣は移動時間へのこだわりにあった!?

恋人との海外旅行。現地のおいしい料理を食べたり、驚くほどの絶景や歴史を感じさせる文化遺産を見たり、一緒にかけがえのない体験をすることで、ふたりの絆がぐっと深まるような気がします。ただ、慣れない環境で長時間一緒に過ごすために、疲れやちょっとした苛立ちから大ゲンカに発展してしまうことも…一体どうすれば?

ケンカをしたくないなら「移動時間」にこだわるべき
だから、「プレミアムエコノミークラス」という選択

34dbf0f88d408c8a9da97ad440c03f119428de18

旅先でのケンカを防ぐためには、じつは行き帰りの移動時間が重要なポイント。身動きが取りづらい機内で長時間過ごすため疲れやすかったり、目的地についたのになかなか出てこない荷物にイライラしたり…

ふたりに落ち度はなくても雰囲気を悪くするリスクが潜んでいるのが移動時間。そこに観光や食事と同じようにお金をかけてこだわることで、快適に過ごせるだけでなく、ちょっとした特別感を演出することができて一石二鳥です。

待ち時間や移動時間にこだわった格上旅をするなら、行き帰りの飛行機はJALの国際線でプレミアムエコノミークラスを選ぶのがいいでしょう。

空港での待ち時間はラウンジで過ごす

01908bd042084ce788ea17e24e8598e7c18edc84

プレミアムエコノミークラスを利用すると、日本国内はもちろん海外の空港ラウンジも利用することができます。ゆったりくつろげる空間なので、搭乗までの待ち時間や、現地に着いてから一息つくのにぴったり。

場所にもよりますが、雑誌や本、飲み物が置いてあるラウンジが多いので、快適な時間を過ごせそう。ちなみに、羽田・成田にあるJALのサクララウンジでは、オリジナルビーフカレーやメゾンカイザーの焼き立てパンを楽しむことができます。

「25cm」の違いが、疲労の大きさを左右する!?
シートピッチの広いゆったり座席

57165c70994ba47f537e01a7995290bfff62d2c6

プレミアムエコノミークラスは、従来のエコノミークラスの座席より前後の幅が最大で25cm広く、これが移動時間の疲労度を大きく左右します。脚を組むのもラクだし、トイレに立つ際も通り抜けやすいので、隣の人に気を使わなくて済みます。当然、座り心地はゆったり。大型のレッグレストやフットレストがついているので、脚が疲れにくいのもうれしいところ。

長時間飛行機に乗る海外旅行は、現地に着いたときにはすでにぐったり、ということがよくありますが、プレミアムエコノミークラスを選べば、飛行機疲れは大幅に軽減されるはず。現地に着いてからわざわざ休憩時間をはさまなくても、すぐに食事や観光に向かうことができそうです。

※当社現行座席比較。なお機材の種類によって仕様が異なる場合があります。

機内サービスも大充実

2695473b6cfc2646ef14b0835c949cd610337207

さらにプレミアムエコノミークラスは、機内サービスも充実しています。保湿マスクやアイリフレッシャーなどのアメニティが用意されていたり、こだわりの焼酎やシャンパンのなどの飲み物が楽しめたり。

機内エンタメを楽しむためのヘッドフォンは、ノイズキャンセリング機能搭載で、長時間付けていても疲れを感じにくい装着感です。

プレミアムエコノミークラスは現地に着く前の移動時間から格上の過ごし方ができるので、いい気分のまま旅を始めることができます。

到着後のスムーズな移動に欠かせない
「PRIORITY(優先)タグ」

2208d655f973bdc5c9503bc432475297530a7af5

誰だって、現地に到着したらすぐにでも空港を飛び出して、旅の気分を味わいたいもの。いつまでたっても手荷物が受け取れないと、ちょっとテンションが下がってしまいますよね。

プレミアムエコノミークラスを利用すれば、荷物に「PRIORITY(優先)タグ」を付けてもらえるので、比較的スムーズに受け取れます。無駄に空港で足止めを食ってイライラすることもなくなりそうです。

「プレミアムエコノミークラス」で
ケンカのない格上旅を

0ae578203205f5da5d7784865b96a6df5c7bc2c6

現地についてからもなるべく快適な移動手段を使ったり、効率のいいルートを探したり、移動時間に疲れや苛立ちを感じないようにするのが、恋人との海外旅行でケンカをせずに過ごす秘訣です。そのためには何事も初めが肝心。

JALのプレミアムエコノミークラスを選べば、長い移動時間や待ち時間を快適に過ごして、気分よく旅を始めることができます。さらに、ゆったりした座席や機内サービス、空港ラウンジの利用などで特別感もバッチリ。

疲れや苛立ちを感じず、さらに格上感を感じられるプレミアムエコノミークラスで、恋人との海外旅行をかけがえのない思い出にしましょう。

そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
恋人とは、積極的に旅行に出かけましょう。そういう時こそ、普段の生活では見られない一面が良くも悪くも発見できるものだから。「相手のことはなんでも知ってる」な...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
パートナーとケンカをしたことない、というカップルはいないでしょう。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大事なのはケンカをしないこと...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...