恋人との旅行、ケンカをしない秘訣は移動時間へのこだわりにあった!?

恋人との海外旅行。現地のおいしい料理を食べたり、驚くほどの絶景や歴史を感じさせる文化遺産を見たり、一緒にかけがえのない体験をすることで、ふたりの絆がぐっと深まるような気がします。ただ、慣れない環境で長時間一緒に過ごすために、疲れやちょっとした苛立ちから大ゲンカに発展してしまうことも…一体どうすれば?

ケンカをしたくないなら「移動時間」にこだわるべき
だから、「プレミアムエコノミークラス」という選択

旅先でのケンカを防ぐためには、じつは行き帰りの移動時間が重要なポイント。身動きが取りづらい機内で長時間過ごすため疲れやすかったり、目的地についたのになかなか出てこない荷物にイライラしたり…

ふたりに落ち度はなくても雰囲気を悪くするリスクが潜んでいるのが移動時間。そこに観光や食事と同じようにお金をかけてこだわることで、快適に過ごせるだけでなく、ちょっとした特別感を演出することができて一石二鳥です。

待ち時間や移動時間にこだわった格上旅をするなら、行き帰りの飛行機はJALの国際線でプレミアムエコノミークラスを選ぶのがいいでしょう。

空港での待ち時間はラウンジで過ごす

プレミアムエコノミークラスを利用すると、日本国内はもちろん海外の空港ラウンジも利用することができます。ゆったりくつろげる空間なので、搭乗までの待ち時間や、現地に着いてから一息つくのにぴったり。

場所にもよりますが、雑誌や本、飲み物が置いてあるラウンジが多いので、快適な時間を過ごせそう。ちなみに、羽田・成田にあるJALのサクララウンジでは、オリジナルビーフカレーやメゾンカイザーの焼き立てパンを楽しむことができます。

「25cm」の違いが、疲労の大きさを左右する!?
シートピッチの広いゆったり座席

プレミアムエコノミークラスは、従来のエコノミークラスの座席より前後の幅が最大で25cm広く、これが移動時間の疲労度を大きく左右します。脚を組むのもラクだし、トイレに立つ際も通り抜けやすいので、隣の人に気を使わなくて済みます。当然、座り心地はゆったり。大型のレッグレストやフットレストがついているので、脚が疲れにくいのもうれしいところ。

長時間飛行機に乗る海外旅行は、現地に着いたときにはすでにぐったり、ということがよくありますが、プレミアムエコノミークラスを選べば、飛行機疲れは大幅に軽減されるはず。現地に着いてからわざわざ休憩時間をはさまなくても、すぐに食事や観光に向かうことができそうです。

※当社現行座席比較。なお機材の種類によって仕様が異なる場合があります。

機内サービスも大充実

さらにプレミアムエコノミークラスは、機内サービスも充実しています。保湿マスクやアイリフレッシャーなどのアメニティが用意されていたり、こだわりの焼酎やシャンパンのなどの飲み物が楽しめたり。

機内エンタメを楽しむためのヘッドフォンは、ノイズキャンセリング機能搭載で、長時間付けていても疲れを感じにくい装着感です。

プレミアムエコノミークラスは現地に着く前の移動時間から格上の過ごし方ができるので、いい気分のまま旅を始めることができます。

到着後のスムーズな移動に欠かせない
「PRIORITY(優先)タグ」

誰だって、現地に到着したらすぐにでも空港を飛び出して、旅の気分を味わいたいもの。いつまでたっても手荷物が受け取れないと、ちょっとテンションが下がってしまいますよね。

プレミアムエコノミークラスを利用すれば、荷物に「PRIORITY(優先)タグ」を付けてもらえるので、比較的スムーズに受け取れます。無駄に空港で足止めを食ってイライラすることもなくなりそうです。

「プレミアムエコノミークラス」で
ケンカのない格上旅を

現地についてからもなるべく快適な移動手段を使ったり、効率のいいルートを探したり、移動時間に疲れや苛立ちを感じないようにするのが、恋人との海外旅行でケンカをせずに過ごす秘訣です。そのためには何事も初めが肝心。

JALのプレミアムエコノミークラスを選べば、長い移動時間や待ち時間を快適に過ごして、気分よく旅を始めることができます。さらに、ゆったりした座席や機内サービス、空港ラウンジの利用などで特別感もバッチリ。

疲れや苛立ちを感じず、さらに格上感を感じられるプレミアムエコノミークラスで、恋人との海外旅行をかけがえのない思い出にしましょう。

そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...