自慢のアフロに「お花」を添えて。21歳のインスタグラマーに世界が夢中

「自分らしさを大切に」とはいうものの、自分の周りにそのロールモデルになるような人はいるでしょうか?

21歳のKiera Pleaseさんは、まさにそれを体現しているような存在。トレードマークのアフロヘアに、素敵な花を飾った写真が話題になっているんです。23万人のフォロワーを抱えるInstagramを中心に、YoutubeやTwitterも人気。

彼女がフェスに行くと、頭に花を飾った人たちが「影響を受けました!」と話しかけてくるほどだとか。

「つぼみが花開くように
自分もそうありたい」

「もともとは、Dionne Davenportっていう大好きな映画のキャラクターの自由奔放さに憧れてはじめたの。彼女はいつもファンキーな帽子をかぶっていたり、編み込みの中に花をつけていたりしたの。だから、私にとって花を飾ることは、単なるオシャレだけじゃない。つぼみが花開くように、いつもより素敵な自分として輝いていたい、ということ」

「アイデンティティは
変化していくもの」

「私は、人のアイデンティティや性格は絶対的なものではなく、あくまで流動的で変化し続けるものだと考えているの。『自分らしさ』が変化しないものだと思っている人も多いけど、人生と経験が積み重なっていくなかで、つねに形が変わっていくものなのよ」

「色んな側面があると思うの、アイデンティティも性格もね。ひとことでは言い表せない。つねに成長していくものだと思うからこそ、私は新しい趣味や新しいファッションを試していきたいの。私が好きなのは、自分の新しい一面を知って、自分を深めていくこと」

「だから私をフォローしてくれているみんなにも、新しいファッションや新しい外見を恐れず、全力で楽しんでほしい。これまでとはまったく違うスタイルにも挑戦してみませんか?何が似合うかなんて、わからないんだから」

Licensed material used with permission by Kiera Please
これが、2018年度『Guinness World Records』で認定されたアフロ。彼はBenny Harlemさん。アメリカを拠点にモデル・歌手とし...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
カラフルでハッピーなインスタ映えを意識する写真が増える中で、Mimmi Strinnholmは「闇」のある写真を公開し続けている。彼女の魔女をイメージさせ...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
アルツハイマーになる可能性があると医者に診断されたおばあちゃんは、これまで辛いことが多かった人生を楽しもうと決意。孫の力をかりて、世界中を旅行し写真や動画...
多くの海外メディアに取り上げられている、今話題のインスタグラマー。彼女の家は、カラフルで可愛いと注目されていますが、部屋をDIYしたきっかけを聞くと意外な...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...