耐久性は鉄の15倍。超堅牢な「5本指ソックス」

アウトドアを楽しむ時、持っていく「靴」って迷いませんか?アクティブな動きに耐えられるしっかりとした造りが欲しい、でもかさばらないようにコンパクトであって欲しい。

靴下の常識には
当てはまらない

そんなわがままに応えてくれるのが、この靴下。ただ「靴下」という名前に反して、靴の下に履くものではありません。なんと靴下自体が靴の代わりになってしまうアイテムです。

特殊繊維の強度は
「鉄の15倍」

この靴下で使われているのは、Dyneema(超高分子量ポリエチレン)という名の特殊繊維。その強度は、なんと鉄の15倍。その強靭さは、破れたりしないどころか刃物でも傷つけることが難しいほど。(※メーカー調べ)

柔らかく、滑らない
しかも通気性も抜群

だからと言って硬いわけではなく、普通の厚手の靴下と同じように柔らかな感触。もちろん靴下なので、靴に比べれば通気性は段違い。さらに足の裏の特殊加工で、滑らないようにできているとか。

ロッククライミングや
ウォータースポーツにも

足を使うあらゆるシーンやスポーツで使用可能ですが、指先の柔軟性が活かせるという意味ではロッククライミングやボルダリング、通気性を活かすという意味ではウォータースポーツにも役立ちそう。(※ただし細い尖がったものは網目を貫通してしまうので、注意が必要)

価格は80ドル(約9,000円)。靴下としては高級ですが、靴と比べればお手頃。これからのアウトドアシーズンに向けて、一足いかが?

Licensed material used with permission by Barefoot Company
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
Dani Clodeさんが立ち上げたのが『The Third Thumb Project』。小指の奥の新たな指……違和感すぎてクスッと笑ってしまったのだけ...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ベアボーンズ・リビングの「プラスキアックス」と「ハチェット」、キャプテンスタッグの「全鋼馬斧 360」、バックの「バックナイフ 106 ハンドアックス」を紹介。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
スタンダードこそいいものを。
〈montbell(モンベル)〉の「ウィンドストッパートレッキングミトン」です。色はシールブラウン。ダウンジャケットからコート類まで、合わせやすいです。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...