知名度ほぼゼロだけど充実度は100%!?三重県のある町が、今年の春夏人気の予感

三重県・大台町(おおだいちょう)。
と聞いてピンときたアナタは、かなりのアウトドア上級者なはず。ここは、人と自然が密接に関わり合いながら発展を遂げてきた町。文部科学省により『ユネスコエコパーク』(生態系の保存と自然と人間社会の共生を目指す特別地域)に登録されるほど、日本有数の緑豊かな環境を誇っています。また、手付かずの大自然と触れ合うアクティビティがとっても充実しているので、アウトドア好きは要チェックの場所でもあるんです。

ゴールは日本有数の秘境。
もっとも人気がある登山

数あるアクティビティのなかで最も人気の登山。とくに日本屈指の峡谷コースとも言われる大杉谷登山道は、ゴールとなるエメラルドグリーンの「シン淵」とその奥に佇む雄大な「ニコニコ滝」をひと目見たいと、山開きの4月21日に向けてこの時期から予約が急増するそうです。
ただ、さすが峡谷コースだけあってその道程は危険が伴います。ガイドが同行してくれますが、吊橋や鎖場、岩場といったスリリングなスポットが点在するため初心者の入山はNG。経験者の方も心して登ってくださいね。

いまがベストシーズン。
新緑の「迷岳」をトレッキング

「迷岳(まよいだけ)」 は関西百名山のひとつに数えられるブナの原生林。自然を観察しながらのんびり迷岳山頂へ向かうこのアクティビティは、体力に自信がある登山未経験者におすすめ。大杉谷登山道ほど過酷ではありませんが、ゴールはなんてったって1309m。上るのは大丈夫だけれど下るには足がすくみそうな急斜面や岩場がいくつかあり、ちょっとスリルも味わいたいアナタにはぴったりでしょう。

心地よい風が吹きはじめ緑々しい葉が茂り、春の花も咲き、トレッキングのベストシーズンの到来です。

サイクリングでは、
贅沢な道草を楽しもう

スタートは大杉谷登山道の入り口、絶景ポイントに寄り道しながら約37kmの道のりをサイクリングします。国土交通省により日本一きれいな川として認定された清流宮川のダム湖にかかる吊橋、新大杉谷橋は通路がメッシュなっていて、渡る時はドキドキ。ダム湖周辺にある六十尋滝では、跳ね上げる水の音に耳を傾ければ心がスーッと浄化されることでしょう。そのほかいろいろなポイントに道草しながら自分達のペースで楽しんで♪

大人の川遊び、迫力大のリバーボードは
ここでしか体験できない!

リバーボードは、宮川の上流を一人用のエアボディボードにつかまって下る川遊び。6月〜9月に体験できる夏限定のアクティビティです。
装着する足ひれと自分の体重だけで方向調整しなければならず、バランスを崩して転覆してしまう人も少なくないのだそう。ラフティングよりもずっと近い距離で激流を体験できて迫力は満点だといいます。といってもずっと激流というわけでもありませんのでご安心を。

それが終った後は崖から宮川への飛び込みにも挑戦できます。結構スリリングなため、参加対象は高校生以上。ぜひ一度試してみてはいかがですか?

リバーボード同様、6月〜11月に宮川を起点として実施されるSUP。一人でボードに乗る定番のロングクルーズ含め、ここではなんと4種類のSUPが体験可能。

宮川のダム湖でのSUPプラン。最初に簡単なレッスンがあるので、初心者も安心して参加できます。広大で障がい物もなくすいすいと漕ぎ進められるし、うつ伏せに寝転べば透明度の高い水中を観察できて楽しい!きっと、心地よいSUPタイムが過ごせることでしょう。

ちょっと薄暗くて涼しい、すぐ近くには木々や岩場が迫ってきてアドベンチャー感満載です。経験者じゃないとチャレンジし難そう…と思いきや、ロングクルーズとセットプランになっているので、はじめての人でも気軽に体験できるのだとか。

満点の星空のもと静寂の宮川へ出かけましょう。SUPに専用のLEDライトをつけ、足元を照らしながらのツーリング。夜行性の魚や虫が活動をはじめ、昼間とはまた違った川の姿を見ることができますよ。

友達や家族とみんなで乗るのが楽しいメガSUP。ペットの同乗もOKなんですって。
安定感が抜群でツーリングをしながらおやつを食べてもいいし、コーヒーブレイクもできちゃいます。広大な川の上で大切な人とのんびり過ごす時間、なんてとっても優雅じゃありません?

ほかにもトレイルランニングやグランピングなどが用意されており、アクティビティのバラエティは本当に豊富。ひとつだけ、っていうのもありですし、あなた好みのものをいくつか組み合わせてプランを立てるのも良いでしょう。大台町で「アウトドアを極める週末」を!

他の記事を見る
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
東京から約2時間。埼玉県の北西部にある「長瀞町(ながとろまち)」。大自然に囲まれていて、オールシーズン楽しめる人気スポットなので遊びに行った記憶がある人も...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
埼玉にある「ときがわ」という場所は聞いたことあっても、実際どこにあるのかは埼玉県民でも知らない人が多いそうです。でも、古民家での田舎暮らし希望者となると話...
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
阿蘇の雄大な自然を満喫できるアクティビティを紹介します。パラグライダー、サイクリング、ボルダリング、熱気球、ホーストレッキング、そのほかロープウェーなど。...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...