「限界に挑み続けろ!」自分のアバターから届くメッセージ

自分の分身となるキャラクター、アバター。全世界興行収入第1位となった映画『アバター』続編の制作もはじまるようだけど、現実の世界においてアバターネタで話題を呼んだプロジェクトを紹介したい。

それが、NIKEの『Unlimited Stadium』。昨年8月、オリンピックの開催に合わせてマニラの中心部に期間限定でオープンされたのだが、注目された理由は、LEDスクリーンに映しだされた自分の分身をライバルとしてレース対決できるユニークなコンセプトにあったのだ。

「人気モデルの靴跡」が
トラックレイアウト

上空からの写真であれば、一瞬で分かるだろう。けど、念のために。

トラックのレイアウトは、NIKEのランニングシューズ「ナイキ ルナエピック フライニット」の靴跡がモチーフとなっている。その上に無限大「∞」のカタチをしたランニングコースが設定されているのだ。200メートルのコース上には、LEDのスクリーンが並べられていて、この連続したスクリーンにアバターが映し出されるという設計。

走った速度や距離に応じて
アバターが成長

ランナーはラップタイムを設定した後、シューズにセンサーを取りつけてスタート。

このデジタルな仕組みによって、アバターと並走することができるのだ。しかも、走った速度や距離に応じてアバターは成長して、走るスピードもアップしてくるからたまらない。そうなったら、もう真剣勝負。

こうやって、ランナーには、常に自己ベストのタイムを更新するチャレンジ が課せらていたのだ。

「負けられない」気持ちが
ユニークな体験を生んだ

アバターとの勝負は、LEDスクリーンによって一目瞭然だから負け続ける訳にはいかない。だから、自分を追い込むしかない。そこで、いかに自分の限界に挑み続けられるかが大きな鍵になってくる。しかも、このコースには、最大で30人ものランナーが参加ができるということだったので、想像するにランナー同士も刺激を与え合ったに違いないー。

当然、煽られるように走るワケだが、この背景には、自分の限界に挑み続けるランナーにインスピレーションを与えるというNIKEの狙いがあったようだ。

視覚的にも分かりやすくアバターとの対決といったユニークなユーザー体験を生むことになった本プロジェクトは、ONE SHOWをはじめとして世界中の広告賞を受賞する結果となった。 

Licensed material used with permission by NIKE
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
クライミングシューズは、もっとファッショナブルでなければ。と、一念発起してつくられたのが「So iLL」。レトロなシューズデザインから着想を得て開発された...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...