「いい香りの人」になれる洋服用スプレー。

昨日、〈プラウドメン〉の汗拭きシートを紹介したところですが、続けて本日も同じブランドのアイテムです。

スーツリフレッシャーCMミニ」は、シャツやジャケットといった洋服用のスプレー。

香りはシトラス・ムスク。爽やかな香水のような感じです。

ポイントは、香りでごまかすんじゃなくて、洋服に染みついた汗やタバコのニオイを元から消し去った上で、洋服を香らせること。

携帯用なので、たいていのバッグの外ポケットにおさまるサイズなのもいいです。

僕のオススメは、電車とエレベーターに乗る前の使用。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、日常のなかで一定の時間、人と至近距離で過ごすのって、この2シーンぐらいです。

このスプレーと汗拭きシートを併用すれば、真夏でも「いい香りの人」になれます。

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。