「いい香りの人」になれる洋服用スプレー。

昨日、〈プラウドメン〉の汗拭きシートを紹介したところですが、続けて本日も同じブランドのアイテムです。

スーツリフレッシャーCMミニ」は、シャツやジャケットといった洋服用のスプレー。

香りはシトラス・ムスク。爽やかな香水のような感じです。

ポイントは、香りでごまかすんじゃなくて、洋服に染みついた汗やタバコのニオイを元から消し去った上で、洋服を香らせること。

携帯用なので、たいていのバッグの外ポケットにおさまるサイズなのもいいです。

僕のオススメは、電車とエレベーターに乗る前の使用。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、日常のなかで一定の時間、人と至近距離で過ごすのって、この2シーンぐらいです。

このスプレーと汗拭きシートを併用すれば、真夏でも「いい香りの人」になれます。

300448ff7cb97f4893ad2a3747408ecfefeea669Eddda894f045fec1d4f088fd91f8214c69d1b466

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
〈KUUMBA(クンバ)〉のエアリフレッシュナーは、スプレーの噴射が強く、一気に部屋をいい香りへ。アロマ由来のやさしい香りも魅力です。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番...