チープなアメリカ。

車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番なのが、Black Iceの香りです。

メンズライクな、強めの香水のような香りは、好き嫌いが分かれると思います。

アメリカ帰りの同僚によると、“学生が、親父のピックアップトラックを借りてデートする時、車内のニオイをなんとかしたくて使うようなチープな香り”とのこと。

この表現、言い得て妙だと思います。

全然ホメてない?

でも、時々この香りを楽しみたくなることがあるんです。

ちなみに、写真のファイバーカンタイプは、キャップで香りの強弱を調節できるのが◎です。

「リトルツリー ファイバーカン」で検索すると簡単に見つかります。香りのバリエーションは豊富ですが、チープなアメリカってイメージでは、やっぱりこのBlack Iceですね。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
〈KUUMBA(クンバ)〉のエアリフレッシュナーは、スプレーの噴射が強く、一気に部屋をいい香りへ。アロマ由来のやさしい香りも魅力です。
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープ でガチャガチャ...
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。