目ヂカラが宿るLED搭載の「光るまつ毛」

エレガンスとは他人の目に止まることではなく、人の記憶に残ること──。

ユニセックスの走りであり、男女の性差を超えた融合をモード界にもたらした、ジョルジオ・アルマーニ。もしこのアイテムを“モードの帝王”が知ったなら、「エレガンテ!」と言ってくれ……るわけないか(笑)。

目で落とす、
主張する「LEDまつげ」

もう、これにいいも悪いもないんです。ファッションなんて感性だし、自分自身との対話みたいなものだから。でも、男女どちらが着けても、それなりにサマになってるからフシギ。

「ただ目立てばいい」ではなく、「誰でもない自分」になりたい人向けのウェアラブルデバイス「F.lashes」。まつげの上に載せるLEDライトです。ユーザーの動きに合わせてモーションセンサーが反応、5パターンの瞬きから……といった詳細はゴメンなさい、この際はしょっちゃいます。

だって、この手のものを笑い飛ばせる人ほど、黙ってたって飛びつくもんですからね。

闇を支配するエレガンスな目元

こちらはプロモ動画から切り出したショット。ミョ〜な没入感あるダンスも多分に気になるところですが、やっぱり真っ先に目が行くのは、パワフルでエレガント(?)な彼女たちの目元。多分。

だけど冗談抜きでレイブでも、野外フェスでも、花火でも、暗闇でこのピカピカは間違いなくオンリーワンの存在感。多分…。

なのに…、なのにです。詰めが甘いんだ(これがまたカワイさでもある)。
このご時世にまさかの有線って(♡50)。後ろから見たら基盤むき出しって(♡100)。もう、ネタとしか思えない、っていう。

と、ツッコミどころ満載だけど、この存在感は間違いなく、目も止め記憶にも残るって思うんです。いかがでしょう?ジョルジオ先生。

Licensed material used with permission by F.lashes
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
「F-94WA-8」という海外モデルです。数あるチープカシオのなかでもド定番のデジタルウォッチ「F-91W」がベースになっていますが……。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
「Disco Dog」と名づけられた犬用のベストは、スマートフォンでLEDをコントロールできる。アプリケーションで簡単に明るさや色を変えられるようだ。しか...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
『Sound Reactive LED Mask』は、その名の通りLEDライトが搭載されている仮面。ただ光るだけではなくて、周囲の音楽に合わせて浮かび上が...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。