目ヂカラが宿るLED搭載の「光るまつ毛」

エレガンスとは他人の目に止まることではなく、人の記憶に残ること──。

ユニセックスの走りであり、男女の性差を超えた融合をモード界にもたらした、ジョルジオ・アルマーニ。もしこのアイテムを“モードの帝王”が知ったなら、「エレガンテ!」と言ってくれ……るわけないか(笑)。

目で落とす、
主張する「LEDまつげ」

もう、これにいいも悪いもないんです。ファッションなんて感性だし、自分自身との対話みたいなものだから。でも、男女どちらが着けても、それなりにサマになってるからフシギ。

「ただ目立てばいい」ではなく、「誰でもない自分」になりたい人向けのウェアラブルデバイス「F.lashes」。まつげの上に載せるLEDライトです。ユーザーの動きに合わせてモーションセンサーが反応、5パターンの瞬きから……といった詳細はゴメンなさい、この際はしょっちゃいます。

だって、この手のものを笑い飛ばせる人ほど、黙ってたって飛びつくもんですからね。

闇を支配するエレガンスな目元

こちらはプロモ動画から切り出したショット。ミョ〜な没入感あるダンスも多分に気になるところですが、やっぱり真っ先に目が行くのは、パワフルでエレガント(?)な彼女たちの目元。多分。

だけど冗談抜きでレイブでも、野外フェスでも、花火でも、暗闇でこのピカピカは間違いなくオンリーワンの存在感。多分…。

なのに…、なのにです。詰めが甘いんだ(これがまたカワイさでもある)。
このご時世にまさかの有線って(♡50)。後ろから見たら基盤むき出しって(♡100)。もう、ネタとしか思えない、っていう。

と、ツッコミどころ満載だけど、この存在感は間違いなく、目も止め記憶にも残るって思うんです。いかがでしょう?ジョルジオ先生。

Licensed material used with permission by F.lashes
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
「F-94WA-8」という海外モデルです。数あるチープカシオのなかでもド定番のデジタルウォッチ「F-91W」がベースになっていますが……。
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
渋谷・宇田川町のクラブ「CLUB TK SHIBUYA」に潜入して、スナップ&セルフィー企画を実施。外が寒くても、クラブ内はとってもアツい。そのバイブスを...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...