目ヂカラが宿るLED搭載の「光るまつ毛」

エレガンスとは他人の目に止まることではなく、人の記憶に残ること──。

ユニセックスの走りであり、男女の性差を超えた融合をモード界にもたらした、ジョルジオ・アルマーニ。もしこのアイテムを“モードの帝王”が知ったなら、「エレガンテ!」と言ってくれ……るわけないか(笑)。

目で落とす、
主張する「LEDまつげ」

B314071ec9ee7f7b59d517eba978cafd07dffd1e969a8a4cd1f7265a96b50842b3a8887fce0d2210440e7b098902693d44aa812078f4cf6f4a903fd2Cbad32ffef59e61b783ba127d2af24f2f105eb6e23bab085f3d76e2bb7969f4a8cfb668d9cb036203a11a29d1372bbad20e6cc9b1144d6b7022f5e21

もう、これにいいも悪いもないんです。ファッションなんて感性だし、自分自身との対話みたいなものだから。でも、男女どちらが着けても、それなりにサマになってるからフシギ。

「ただ目立てばいい」ではなく、「誰でもない自分」になりたい人向けのウェアラブルデバイス「F.lashes」。まつげの上に載せるLEDライトです。ユーザーの動きに合わせてモーションセンサーが反応、5パターンの瞬きから……といった詳細はゴメンなさい、この際はしょっちゃいます。

だって、この手のものを笑い飛ばせる人ほど、黙ってたって飛びつくもんですからね。

闇を支配するエレガンスな目元

3e9c974765636810e371a15610c19871ed85e31820965b2c191c19c87c6ae034ba7c8b8d79ffca6c

こちらはプロモ動画から切り出したショット。ミョ〜な没入感あるダンスも多分に気になるところですが、やっぱり真っ先に目が行くのは、パワフルでエレガント(?)な彼女たちの目元。多分。

だけど冗談抜きでレイブでも、野外フェスでも、花火でも、暗闇でこのピカピカは間違いなくオンリーワンの存在感。多分…。

329cb649d820da207dce8ece7057f8776f64ed98

なのに…、なのにです。詰めが甘いんだ(これがまたカワイさでもある)。
このご時世にまさかの有線って(♡50)。後ろから見たら基盤むき出しって(♡100)。もう、ネタとしか思えない、っていう。

と、ツッコミどころ満載だけど、この存在感は間違いなく、目も止め記憶にも残るって思うんです。いかがでしょう?ジョルジオ先生。

Licensed material used with permission by F.lashes
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
「F-94WA-8」という海外モデルです。数あるチープカシオのなかでもド定番のデジタルウォッチ「F-91W」がベースになっていますが……。
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
「Disco Dog」と名づけられた犬用のベストは、スマートフォンでLEDをコントロールできる。アプリケーションで簡単に明るさや色を変えられるようだ。しか...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...