「何もない」をプラスに変える。山梨の限界集落に人が訪れる理由とは?

どんな仕事も最初から好条件が揃っているなんてことはなかなかありませんが、そんな時に「環境が悪い」「タイミングが悪い」と考えるのではなく、マイナスをプラスに変える力が必要になります。

都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。仕事がない。だから若者がどんどん都会に出て行ってしまう。現在は町全体の約3分の1が空き家になっているのだといいます。

でも言い換えれば、空き家はたくさんあるということ。そんな「限界集落」という一見マイナスに見えるこの状況を、一つひとつ変えてきた女性がいます。

「空き家」を使って
遊ぶ場所と仕事を作ろう

E23ef3ef32ce6e7d385015dd1390a0d70cd7a1d6

今回お話を伺ったのは、古民家宿「LOOF」で「澤之家」と「坂之家」の2軒のオーナーを務める保要佳江さん。

この土地で生まれ育ち、東京の大学に行くために町を後にしたひとりです。大学時代は国際協力に関心を持ち、大学3年のときにアイルランドに留学。そんな彼女がなぜ海外ではなく、自分の地元に目を向けるようになったのでしょうか。きっかけは留学中にある人から言われた「まずは身近なことを変えないと、世界は変えられない」という言葉だったといいます。

ちょうどその頃に地元の芦川町が限界集落だということを知り、村おこしをしたいと考えました。

3872a3b63340b48d6e33b8251e525c8983d00b23

2014年にオープンした、兜造りの青い屋根が特徴の「澤之家」。

野菜のプロモーション経験が
「古民家宿」の経営に活かされる

保要さんは村おこしをすることを決意してからも、すぐには芦川町へ戻りませんでした。3年間「国立ファーム」という農業会社で「農家の台所」の店長を務めます。

そして芦川に里帰りした際に、リノベーションされた古民家を発見。都心からアクセスがよく、周辺には富士山や河口湖、石和温泉、勝沼ワイナリーなどの観光スポットがある。その強みを活かし、町に150棟以上ある空き家の古民家を使って宿をやるという構想へとつながっていきます。

それにしても国立ファームでの経験は、古民家宿の経営のどんなところに活かされているのでしょうか。

「今の仕事も、国立ファームでの仕事とそんなに変わらないんです。国立ファームは野菜にブランド価値を付けたり、農家さんをブランド化して、きちんと価値ある価格で販売するというプロモーションに力を入れていた会社。田舎も同じで、どんなお客さんにどう見てもらいたいかブランディングして、それに見合った宿のクオリティーと価格でお客さんに来てもらう。あとはスタッフをマネジメントしたり、数字を見たり、規模が違うだけで、当時の経験が全部そのまま活かされています」

Cf58e5becfa0195d9d829e02bc2488ed9717c0a8
持ち主の家財を片付け、柱と屋根以外はすべて解体。
「澤之家」の空間は、床を張り替え、新しい家具を入れ、見違えるように。
56e10ca8891fdbf37bc712ec352a50115eac0c39

茅葺き屋根を眺めながら眠りにつける「くつろぎの間」。

71d532e86d9383db42c3211fe6d7fe7e7b1ba3d3
保要さんが特にこだわったのは、囲炉裏を囲む「語りの間」。
掘りごたつにすることで、正座ではなく足を伸ばしてくつろげるように。
C36cf339228dedd6ba779b98dfac70ce5a218783

「何もない環境もいい」と
思うようになった

古民家再生は自治体によって補助金が利用できるところもあります。ですが保要さんは「失敗しても成功しても、自分のお金でやりたいから」と補助金は使わずに、自己資金と一部クラウドファンディングで宿泊券やイベントのチケットなどを特典に付けて資金を集めました。

「最初は、本当にお客さんが来てくれるのだろうかという不安もあった」そうですが、クラウドファンディングのリターンで宿泊券を選ばれた方や、掲載された雑誌を見た方などを筆頭に、お客さんが足を運んでくれたのだそうです。

Airbnb(エアビーアンドビー)やExpedia(エクスペディア)にも登録しているため、海外からも多くのお客さんが訪れるそう。

Ff3496a7e3705aba3af19499cbd4d45011db369e
1軒目での経験を活かし、2軒目の「坂之家」では建築士の方は入らず、
保要さんご自身が内装デザイナーにアドバイスを受けながら
デザインや家具の配置などを考えられたそう。
8e44d122ab0af6ebacc1422ceb3c3ea3a8e6ee19

押入れスペースを活かした「ひとりの間」はゆっくり本を読むのにぴったり。

宿が増えれば、雇用が増えて人が集まるようになります。澤之家を始めたばかりの頃は保要さんひとりでしたが、現在はスタッフが5人に増えたそうです。全国から「古民家宿を開きたい」という方が勉強のために引っ越してきて、働くことも多いといいます。

すでに近くの古民家を利用して一棟貸しの宿を始めた方もいるそう。保要さんは「LOOFと同じようなモデルを、他の地域にも広げて展開していきたい」と話します。全国にたくさんある限界集落からも、こんな新しい動きが生まれたらいいですね。

E3c46583b9579dda367d66719ed049c8845d90b4

い草の香りが落ち着く「くつろぎの間」。

D2a150a232737c0292f7dc9a88c079364feaead5

夏は縁側の前の庭でBBQが楽しめます。

67c94eb543e1e0e003d62caa76c55652bd23ccb9

冬は薪ストーブを焚くため、スタッフで薪を割った。
これで大体2年分くらいになるそう。

一度は「芦川には何もない」と東京へ出た保要さんですが、今は逆に「この何もない環境がいい」と話します。

現在は東京と山梨の両方に拠点を持ち、「ちょうどよいバランス」で田舎と都会を行き来しているのだそう。今年中には近くの古民家でシェアオフィス兼シェアハウスをオープンする予定です。

LOOF(澤之家・坂之家)

住所:〒409-3703 山梨県笛吹市芦川町中芦川559-1
料金:施設使用料20,000円 +サービス料金 6,500円(夕飯1食付き)/お一人様(税抜)
定員:1名様~10名様
問い合わせ:050-3786- 7025(10:00〜21:00)
予約:info@ashigawa.jp
※電話での予約は受け付けていません。

今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
エコビレッジなど、持続可能な暮らしを育むコミュニティでの宿泊・体験プログラムを提供する『NuMundo JAPAN(ニュームンド ジャパン)』が、日本初上...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
6月6日の水曜日。東京は雨。そんな日にぴったりなお話と音楽を。
3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。実際、この村=...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...