現代版「モナ・リザ」は、ノリのいいお姉さんだった

いくら世の中で名画と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女』など、高貴な感じがどうも堅苦しくて苦手。

だけど、Dan Cretuの手にかかると、どれも親しみやすい雰囲気に変わってしまう。中には、ギャップがありすぎてクスッと笑ってしまうものまで。特に、常にカメラ目線で微笑む現代版のモナ・リザに注目して欲しい。

ゆる〜い雰囲気の名作たち

人気ドラマ『フレンズ』に、まさかの主演!?

ゴッホさん、やっぱり毛深いんですね。

ここにもスマホに夢中な人が。

電車で移動なんて、意外に庶民的なんですね。

プリッとしたカワイイお尻が丸見えですよ!

なぜか妙にしっくりくる。

美術界の美女たちが共演する夢のファッションショー。

コラッ!チャンネル争いしないの!

その肌は、絶対に小麦色にならないよ。

遊び慣れしてそうなメンバーが勢ぞろい。これからクラブですか?

最後はノリノリなモナ・リザ姉さんのダンスを!

Licensed material used with permission by Dan Cretu
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
数量限定の幻のチーズケーキ「Mr.CHEESECAKE」より、ブランド史上初となるアーティストコラボレーションとして、現代美術作家・加賀美健と共同開発した...
Jane Perkinsさんは、使い古されたボタンやオモチャなど、いわゆるガラクタを再生させるアーティスト。一つひとつに“違った物語”が詰まっているモノと...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「K...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
名店「鮨さいとう」と現代アートギャラリー「NANZUKA」のコラボレーションにより、昼は「NANZUKA」によるギャラリー、夜は「鮨さいとう」の至高のメニ...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
英国を拠点として活動する写真家Drew Gardner氏は、自身のプロジェクト「The Descendants」を通して歴史上の偉人にそっくりな子孫たちの...
金魚に魅せられ、創作を続けてきた現代美術家「深堀隆介」の創作展「金魚愛四季(きんぎょいとしき)」が「そごう横浜店」で開催中。平面である絵画と立体作品の境界...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
「Ginza Sony Park」地下一階に、先月28日(土)から、現代版の“茶屋” 「GEN GEN AN幻」がオープン。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
多拠点居住のニーズが高まりつつある現代では建築も多様化している。その土地の自然と融合する「SOL house」は、現代人の“自然と触れ合いたい”という欲求...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
創刊75年の老舗美術誌『美術手帖』が、今月21日(月)より有料会員記事「美術手帖プレミアム」の発信をスタートした。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
美術専門誌『美術手帖』が、オリジナルのポッドキャストを「Spotify」で開始した。アートとは何かについて音声コンテンツで届ける。