口コミだけで5千人動員。首都圏唯一の「オーガニック」音楽フェス

埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。

オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切だ。

世界でも有数の有機農業の里で開催される「Ogawa Organic Fes(小川町オーガニックフェス)」は、2014年に始まり、今年で4回目。

地元の農家さんを中心としたこの手作りフェスは、毎回ほぼノンプロモーション。それにも関わらず口コミだけで、初回1,000人、2回目3,000人、昨年はついに5,000人の来場者を突破。

9月9日(土)は、そんなオーガニックフェスを、五感全開で体感する1日なのだ。

500645bfe778b69f9f6215db23b8719a95257a56570aaffef027e131f34669ad28a3997fcb8abe85D3a5b04229361a415604b4316204978181b6977dA6f51439a7f096f35ef2a1a9d3dc5b0164942b3aC8cbd14630285df45122fb9396e49a4c7d8fead2Da26fabd8f97c46ffc7d9c9e69232be3b833ae6bF5c95223033b931db744f717aff64c061df5c610

日本の「里山カルチャー」は
美しい

このフェスの発起人で音楽ステージをプロデュースする、元レコード会社プロデューサーで、ニュージーランドで半自給自足の森の生活を送る四角大輔さんは、日本の「里山」の素晴らしさについてこう語る。

「ここ10年くらい、『パーマカルチャー』という言葉をよく耳にするようになったと思う。これは、人間が自然と共存しながら暮らす、ひとつの理想とされているんだけど、オーストラリアの2人の男性が構築した持続可能なライフスタイルなんだ。彼らはどうやってこれを思いついたかというと、まず世界中を旅した。

手つかずの大自然は、とても美しいよね。自然というのは人間の手がノータッチで、なにもしない形が一番理想。よく『日本の森が荒れている』とか言われるけど、これは人の手が加わってしまった林のことで、純粋な自然林ではないんだ。原生林といった自然の森は、人が管理しなくても、何もしなくても永続的に続いていく。逆に、一度でも人が手を加えてしまうと、永遠に面倒を見ないといけなくなってしまう。

そして、日本には『里海・里山』の文化があった。大自然と人が暮らす街っていう、本来は相容れない両者の間に「里」という、持続可能なエコシステムを作ったんだよね。そこで人間は自然と共生しながら、とても美しいライフスタイルを送っていた。

オーストラリアの若者2人が『どこかに自然と人間が共生する理想郷があるんじゃないか』と世界中を旅して見つけたのが、日本の里山だった。じつはパーマカルチャーのルーツは、日本の里山にあったんだよね。例え東京の真ん中で暮らしてたって、ぼくらは『命』をいただかないと生きていけない。食糧や水に限らず、物だって、地球の恵み。

つまり、都市空間だろうと森のなかだろうと、僕らはどこにいても自然に依存しているんだ。これは意識しようがしまいが、絶対的な事実。僕は、ひとりでも多くの人に、そういう意識を持ってもらいたいと思ってる。そして、自然と共存するライフスタイルを、日本人が先頭を切って発信できたらカッコいいのに!と、そう信じて表現活動を続けているんだ」

集落全員が有機農業に転換した
オーガニックタウン下里地区

E04f5a92ce236dad22f4f630883d4e16f0d51b9c

さて、話を元に戻す。

都心から電車に揺られて1時間ほど経つと見えてくる、のどかな田園風景。小川町(OGAWAMACHI)は、緑溢れる里山、色鮮やかな野菜が育つ畑や豊かなお米を生み出す田んぼが広がる。そのなかでも下里地区は、すべての農地が100%有機という、世界中から注目されるオーガニックタウン。

日本から発信する「自然と共存するライフスタイル」。

この町に集まり、一人ひとりの人生をシフトする一歩になれば…。そんな思いが込められているというこのイベントでは、MINMI、GAKU-MC、河口恭吾、d-iZeらの音楽ライブも行なわれる。

この首都圏唯一の大規模フェスで出される飲食は、何とすべてがオーガニック。大自然のなかで、オーガニックフードやオーガニックビールやワインを味わいながら、心と体のデトックスをしてみては?

Ogawa Organic Fes(小川町オーガニックフェス)

日時:2017年9月9日(土)10:00〜16:00
会場:埼玉県立 小川げんきプラザ
入場料:無料

有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
お葬式を、”故人の最後のメッセージ”と価値づけた新しい概念が「ナチュラル×フューネラル」だ。例えば、自然に優しい間伐材を使用した棺、または、強化段ボール製...
あっという間に年末ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、今年も「TABI LABO YEAR END PARTY」を開催します。今回は、なかなか入手が難しい...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
エナジーバーといえばアウトドアやスポーツ時の「補給食」のようなイメージが強いが、忙しさを極めるビジネスパーソンたちも日々酷使する目を癒したり、集中力を取り...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
オーガニックアイスクリームブランド全米No.1が代官山に上陸。
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
しばしばアグリテックの先進地という言い方をされる新富町は、こゆ財団を中心に地域版アグリテックに取り組んでいる。そこでチャレンジする国産ライチ生産者、新規就...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...