「忘れられない夜」の過ごし方 in バンコク

思いっきりハメを外したい!という時におすすめしたい旅先がバンコクです。東京から直通便に乗れば6時間程度で行けるのはもちろん嬉しいけれど、限られた予算でも想像以上に刺激的な、そして最上級の癒やし体験ができちゃう街って、きっと他にない。

「眠らない街」とも言われるくらいだし、観光の本番は陽が落ちはじめる頃から。ここではバンコクを楽しみつくす夜の過ごし方を紹介します。

記事の最後には、実際に行きたいという人へ向けて、お得に行けるキャンペーンも!

ここでしか買えない
キッチュでレトロな掘り出し物に出会う

バンコク各地でマーケットが開催されているなかで、いま地元の若者から人気が高いのは「タラート・ナット・ロットファイ・シーナカリン」。約1,000店舗が出店するここの楽しみ方は、フード屋台やバーでエネルギーチャージしながら、雑貨屋やアンティークショップ、激安古着店を巡って掘り出し物を探すのが◎。

営業時間は深夜1時まで。でも、BTS(スカイトレイン)の終電に乗り遅れないように注意して!

ちなみに、隣接の駐車場から一望できるマーケットの景色がかなりポップでキュートです。

スパイシーな料理にカラフル可愛いデザート
ストリートフードを食べつくす

タイでいちばん大きなチャイナタウン、ヤワラーは、夜になると屋台街に大変身。地元の人と観光客で賑わい、あたり一帯はお祭り並の混雑状態に。
足を踏み入れるのはハードルが高そうな気もするけれど、せっかくバンコクに来たなら試してみなきゃ!そういう熱気を感じながら食べるローカルフードこそが、日本に帰っても忘れられない味になったりするんです。

パッタイ、タイスキ、ヤムウンセン、ラーブガイ……スパイシーな料理でほんのり汗をかいたら、トロピカルフルーツのシェイク、ココナッツアイスなど甘いデザートでひんやりと。お腹いっぱいローカルグルメを楽しんで。

100万ドルの夜景を眺めながら
贅沢にチルアウト

世界には夜景で有名な観光地がたくさんあるけれど、じつはバンコクもそのうちのひとつ。まるで宝石箱をひっくり返したかのようにネオンきらめく街を眺めながら、食事やお酒が楽しめるルーフトップバーは、滞在中に一度でもいいから行っておきたいところ。

ラグジュアリーな空間でありながらリーズナブルなお値段で飲食できるお店も多いので、ちょっとだけドレスアップして、ゆったりと贅沢な時間を過ごしてみては?

チャオプラヤ川クルーズは、
あえてディナータイムに

バンコクの日中はほんとうに暑い!だからクルーズに出かけるにはディナータイムが良いのかもしれません。ライトアップしたお寺や街の景色をのんびり観て回れるし、ビュッフェ形式のディナーを堪能したり生ライブに酔いしれたり、観光も食もエンタメもトータルで楽しめて満足度は120パーセント。

ナイトクラブ街をトゥクトゥクでハシゴ酒

世界中からバックパッカーが集まるカオサンロードでわいわい安飲みしてもいいし、何店舗ものゴーゴーバーが点在しながら、新しいカルチャーの発信地としても注目を集めるシーロム・スクンビッドエリアで刺激的な出会いを求めるのもいい!

どちらも体験したいなら、ぜひ移動はトゥクトゥクで。ほろ酔い気分であの雑多な街を駆け抜ける爽快感たるや……一度味わえばやみつきです。
ただ、飲みすぎた時には乗らないように。料金をぼったくろうとする悪い運転手もいるみたい。

1日の疲れは、その日のうちにサヨナラ!
ほろ酔い気分でマッサージ店へ

この街にはコンビニに負けないくらいたくさんのスパが乱立。通り沿いのマッサージ店なら深夜営業もざら。しかも、ちょっとビックリするくらいの低価格(30分400円程度のお店もあります!)でハイクオリティな施術が受けられるから、そのコスパの良さにハマって毎日通う観光客も多いみたい。

1日の疲れをきれいさっぱりなかったことにしてもらいましょう。

片道1万円以下でバンコクに行ける!

AirAsiaがBIG SALE開催中の9月11日〜17日なら、成田・羽田や関空発のバンコクをはじめアジア各国、ハワイ、オーストラリア行きの航空券が片道9,900円から!

かなりお得にゲットできるこの機会に、旅行の計画を立ててみてはいかが?

AirAsia BIG SALE

予約期間:2017年9月11日(月)〜17日(日)

搭乗期間:2018年3月1日(木)〜11月21日(木)

バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
バンコク発「Silent Brew Yoga」は、ビールヨガとサイレントディスコのミックス。参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。そしてビールをすすり...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいな...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
百貨店のリニューアルといえば、2013年に森田恭通が手がけた「伊勢丹新宿店」が記憶に新しい。が、ここで紹介するのはそのインパクトにも負けない新規案件だ。舞...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
卵の風味を味わいながら、つるんとした喉越しを楽しむ茶碗蒸し。でも、自分で作ろうと思うと、これがなかなかの面倒ゴト。ならばこちらはどうでしょう。蒸し器がなく...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
街がイルミネーションで彩られるクリスマス。カップルが満足する素敵な過ごし方はどんなものでしょう? 恋人のいる人もいない人も、クリスマスデートの参考になるよ...