愛が枯れて、終わるのは、こういうとき。

今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。

けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最も苦しいことのひとつ。離婚から立ち直る方法をコーチングするBrenda Deschampsさんが、「Your Tango」に綴る4つのサインに共感してしまったのなら、もう恋の終わりを、認めないといけないのかも。

01.
相手から連絡をしてこない

連絡をとり始めるのはどっち?電話もメールもあなたから?返信がくるのは数時間後、もはや全く返ってこなかったり…なんてことになっていない?

本来好きな人とは、自然と連絡を取りたくなるもの。とくに中身がなくても、電話で声が聞きたかったり。

それぞれの性格もあるので、一概には言えませんが、お互いに連絡頻度が同じくらいなのがやっぱりベスト。電話でもメッセージでも、何かしらの連絡を安心して取りあえてこそ、絆は深まるものです。

02.
私に興味ないのかな?と思うことがある

彼はあなたにどう愛情を注いでいますか?恋愛とは、一緒に時間を過ごすことで相手のニーズを掴んでいくプロセス。愛情とはセックスのみならず、肌と肌の触れ方、言葉遣い、些細な気配り、そしてやさしさから滲み出るものです。

彼から感じる愛情が薄れてきている、もしくは完全に失われているように感じてしまった時点で、本当は赤信号だと思います。

03.
一緒にいるのに、寂しいと思う

せっかく一緒に時間を過ごしているっていうのに、彼は上の空。

ひょっとしたら、彼はべつの誰かのことを考えているのかも。以前までは感じられなかった「溝」がふたりの間にあるようなら、残念ながら心が離れてしまっているのかも。

しかしながら、それまでふたりが健全な関係を育んでいれば、きっとこの「溝」が生まれた理由がある程度想定できるはず。

彼はあなたの話に耳を向けてくれますか?そもそも彼と話していますか?彼はただつまらなそうにしているだけ?無関心な態度をとられて、寂しい気持ちになっていませんか?

こんなときこそ少し距離を置いて、様子を見るといいかもしれません。結果ふたりの距離はさらに広まり、あなたは傷を負うことになるかもしれません。でも上手くいっていないことを早い段階で把握できると、失恋もアザ程度の痛みで済むもの。 

04.
コミュニケーションに「誠実さ」が足りない

いつの間にか素直に気持ちを伝え合うことが困難に…なんてのは危ないサイン。相手を思いやる「誠実さ」は、恋愛において欠かせない。

たとえあなたが傷つこうと、物事を正直に打ち明けてくれる人こそが実はあなたを心底愛してくれている人なのです。調子のいい言葉ばかりで、行動に示さない人よりは信用できるでしょう?

前はもっと素直に話し合うことができていたのに、途端にそれができなくなってしまっているのであれば、これは放っておいてはいけないこと。


この4つが残念ながら当てしまったのなら、もう恋人との関係は終止符を打つことをオススメします。

彼らがあなたにかつて抱いた愛は、もう消えてしまったかもしれません。ですが、あなたは今すぐに方向転換することもできれば、将来を自分の手で変えていくことだってできるのです。

右折するでも左折するでもいいので、一方通行の道からとりあえず外れること。そうするだけで、今までにない愛情と幸せが手に入るかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Your Tango
じつは彼との関係、まだまだ良いものになるポテンシャルを秘めているかもしれませんよ?今諦めちゃっていいんですか?
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
だから嬉しい!だから苦しい!
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
まぁまぁみなさん、人目もはばからずに……。
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
韓国人イラストレーターHyocheon Jeong(@poetic.persona)さんの描く世界観に、甘酸っぱい想いを抱かずにはいられません。お互いを大...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
好きな子が遠くの町に引っ越してしまう。子どもの時に経験するお別れの中でも、甘酸っぱくていつまでも覚えている記憶です。お父さんの仕事の都合でカリフォルニアへ...
恋愛に別れはつきものだなんて知っているけれど、実際に直面すれば、やっぱり胸が引き裂かれそうになる。多くの人たちが、過去にこんな痛みを乗り越えたのかと思うと...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
ドクター・スースは「恋をしていると眠れなくなるのは、現実が夢を超越するから」なんてロマンチックなことを言いましたが、相手に夢中になりすぎて盲目になってしま...