東京のど真ん中で、泊まって遊ぶ。昔の友人との、こんな1日

高校時代からの親友が、東京に遊びに来る。 

地元に残った彼女と東京に出てきた私の人生は、もう全く違った方向に進んでしまったように思える。なんでも一緒だった高校のときと違って、共通の話題も好きなものも変わった。何より、もう随分、年齢も経験も重ねた。

さぁ、今日は彼女に、どんな東京を案内しようか。

圧倒的に大きな時間の流れで
時を忘れさせてくれる日本橋を歩く

「離れていた時間を埋められるかなぁ」なんていう僅かな心配が頭をよぎる。そんな時は、流行の最先端を追う街に行くのはやめて、日本橋や京橋エリアを歩こう。

再開発で生まれ変わった新しい顔を持ちつつも、江戸の粋と伝統が息づく街。江戸から平成まで脈々と続く点と点を辿っていけば、長い間変わらない、普遍的なものが見えてくる。高校を卒業してから20年経っただなんてこと、嘆く必要なし。もっともっと大きな時間の流れが、この街にはあるのだから。

東京で四代続く
老舗×オーガニックな鰻を頬張る

Photo by 八重洲はし本

東京駅まで友人を迎えに行くと、見慣れた笑顔が改札から出てきた。こうして会うのは久しぶりなのに、“見慣れた”なんて思うのはきっとSNSのせいだ。

何から話そうか……と戸惑う時は、美味しいごはんを食べるに尽きる。駅から歩いて5分の『八重洲はし本』で、四代目店主が焼き上げる極上のうな丼を頂こう。

丼にどどんと乗ってくるのは、『泰正オーガニック鰻』。家族経営の小さな池で、十三年間無投薬。想像を絶するような手間ひまをかけて育てられた鰻を待つ間、互いの近況を共有する。「お昼から鰻だなんて、大人になったね」と笑いながら。

大人になっても、やっぱり“コレ”
きれいな三角形をしのばせて

Photo by 榮太樓總本舗

「今日はさ、江戸時代からある飴やさんに行ってみない?」と提案し、向かったのは『榮太樓總本鋪』

小さな可愛い三角形の飴は、発売当初からその形を貫き続けている。平成に入り販売がはじまった、国産果実使用・無香料・無着色のフルーツキャンディも、製法そのものは江戸時代から変わらずだ。

「わー!カワイイ!」と喜ぶ彼女を横目に、「授業終わるたびに、いつも甘いもの食べてたじゃん(笑)」と高校時代の想い出が蘇ってくる。やっぱり、変わってないこともあるみたい。

伝統の技を「おそろい」で

この年になってくると、たとえば日用道具ひとつとっても「長く使えるもの」を選びたくなる。

日本橋に行くならと狙っていたのが、『うぶけや』の爪切り。これが、とにかく素晴らしい逸品だという噂を聞いていたからだ。こんなにも、重厚な輝きを放つ爪切りなんて見たことがない。何十年かぶりに、ふたりで「おそろい」を買うのもいいかもしれない。

「久しぶりに…プレゼント交換でもしちゃう?(笑)」

銀座のはずれの名店で
再会を祝う乾杯を

Licensed material used with permission by ビストロシンバ

住所は銀座なのだけれど、目印は京橋JCT。銀座のメジャーエリアではないにも関わらず、予約が取りづらいほどの人気店『ビストロシンバ』がある。ディナーにはここを、随分前から予約しておいた。

フランスで約10年の修行を積み、クラシックから最先端のフレンチまでを知ると言われているシェフがいる。わざわざ足を運ぶ価値がある名店は、こんな日のおもてなしにぴったりだ。

昔に戻りたい?なんて例え話をしてはみるけど、本当は全然戻りたくなんてない。こうやって、大切な人のために自由に時間やお金を使えること。大人になって良かったと、心の底から思える瞬間。

文化と時間が交差する
京橋エリアに宿を構える

そんな日本橋・京橋エリアをめぐる1日の最後に向かったのは、今日のために厳選して予約を入れた三井ガーデンホテル京橋。2016年の秋にグランドオープンしたばかりのホテルだ。限られたふたりの時間を大切にしたいから、今夜は私も泊まることにした。

東京駅からも徒歩5分という至極便利な立地にあるから、遠方からの友人を迎え入れるのにはもってこい。東京駅に着いたらそのまま荷物を預けに行くことも出来るし、ショッピングを楽しんだ後、夕食前に立ち寄って身軽になることだって出来る。そういうところが、実はすごくありがたかったりするのだ。

ホテルのピシッと整えられたベッドを見るのは、どうしてこんなにも心が躍るのだろう。枕元には江戸時代に流行した「判じ絵」という遊びで、「京橋 良き旅を」のメッセージが描かれている。

かつて京橋という場所は、日本橋から京都へ向かう道で最初に渡る橋として重要な意味を持っていたのだそう。その様子は歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれている。そんな歴史と文化へのリスペクトが、このホテルでは随所で見つけられるから面白い。

過去のこと、そしてこれからのこと……。時間を忘れて話し込んでしまった日は、少しだけ朝寝坊したいところだけど、やっぱりホテルは朝ごはん

『三井ガーデンホテル京橋』の目玉は、あのメゾンカイザーのクロワッサンが、朝からビュッフェで頂けること!目移り注意、食べ過ぎ注意。色とりどりの野菜も産地と旬にこだわっているようで、一つひとつ、とても丁寧に準備してくれていることが伝わってくる。

さ、朝食で元気をチャージしたら、残されたあと少しの時間を満喫するべく街に出よう。せっかく京橋に泊まったのだから、今日は銀座にも行ってみたい!という彼女のリクエストにも応えよう。『三井ガーデンホテル京橋』からなら、生まれ変わった銀座の街もスグだからね。

マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
浅草のローカル文化を体感できる人と繋がるコミュニティ・ホテルWIRED HOTEL ASAKUSA 〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2htt...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...