音にも驚く! インテリアみたいなスピーカー。

ワイヤレススピーカーはいくつか持ってますが、リビングでの音楽鑑賞はこの〈ソニー〉の「グラスサウンドスピーカー LSPX-S1」に任せっきり。最近は口コミサイトでも評判になっているので、知っている人も多いかも。

どこがスゴイって、まずは音です。

自分もそうなんですが、ワイヤレススピーカーにおける音の良さってついつい低音ばかりを重視しがち。でも、この「グラスサウンドスピーカー」と出会ってその基準が変わりました。有機ガラス管が振動することで奏でられる、透明感のあるクリアな音!

初めて聴くと“えっ、これワイヤレスなの?”と驚くレベルです。

それもそのはず。高音を奏でる部分(ツイーター)は10年前に発売された「サウンティーナ」というスピーカーに搭載されていたバーティカルサウンドテクノロジーを小型化して採用しているそうです。サウンティーナの当時の販売価格は100万円(希望小売価格・税抜き)。これだけでも「グラスサウンドスピーカー」のサウンドがいかにスゴイか、わかろうというもの。

そして、もうひとつ大きなポイントが、インテリアとしての優秀性です。

見た目はまったくスピーカーに見えない出で立ち。リスニングポイントを限定しない360度スピーカーなので、どこに置いてもいいんですが、我が家では夕食時にテーブルのど真ん中にレイアウトしたり、寝る前はベッドルームに置いて音楽を楽しんだり。

さらに、最近ではSOHOスペースでも重宝しています。スタイリッシュな外観は、PCデスクとの相性もいいし、クリアな音質が耳に心地いいので、作業時のBGMを流すのに適しているな〜と。

これだけの機能とルックスです。ゆえに、価格は73,880円(税別)とワイヤレススピーカーとしては、ちょい高価に感じる人もいるかも。でも、自宅で、オフィスで、アウトドアで、100万円クラスの音が楽しめると考えれば、決して高くない。実際に使っている自分としても「コスパいいな〜」というのが感想です。

ソニーストアでも購入可能です。

ぼんやりした明かりは、それ自体が部屋の演出に!

有機ガラス管の下の部分。ボタン類がないため、すっきりしてます。こういうところがうれしい!

夕食時はこんな感じでムーディーに! クリアな音質で音楽を楽しめます。

360度スピーカーなので、どこに置いてもイイ音が楽しめる! 普段はこんな感じで棚の上にレイアウト。

現在、ソニーストアなどで購入可能です。 詳しくは下のボタンから!

「グラスサウンドスピーカー」のクリアな音は、高級スピーカーシステム「サウンティーナ」の技術がもとになっています。

上でも触れたように、「グラスサウンドスピーカー」のクリアな音は、2008年にソニーが発売した「サウンティーナ」の高音を奏でる部分(ツイーター)というもの。このシステムによって、透明感のあるクリアな音が楽しめるようになっています。

ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
スウェーデン「TRANSPARENT SOUND」から斬新な透明デザインのスピーカーが登場。インテリアとしても成立するデザインで、快適な音楽ライフを実現する。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
チェコのベンチャー企業が最先端の3Dプリント技術を駆使して開発した、うずまき型の高級スピーカーシステム「スピルラ」が発売。妥協を許さず実現した理想的なうず...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
おうち時間が増えたなら、「サウンド環境」も見直してみては?バルミューダ、イケア、バンクシーデザインなど、機能だけじゃなく「インテリア」としてもオシャレでか...
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
「FLUX SPEAKER」は、ワイヤレスでありながら、面倒なBluetooth接続を必要としません。
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。