望んで「ヴァージン」を売る女性たちに、世界が疑問を投げかける。

最近、時代の流れを大きく感じたのがこのニュースを見たとき。

あまり公にはなっていなかったけれど、使用済みの靴下や下着を売買するような違法サイトは、私が高校生の頃からあった。もっと昔からサイト自体はあっただろうけれど、「実は靴下売ってお小遣い稼いでるんだよね」という話を聞いても、そんなに驚かないところくらいまでは身近になっていた。

クラスメイトから「使用済みの下着が4,000円」と聞いた時に、他人にそんな物を手渡した対価が5,000円以下という安さに、なんて世知辛いんだろうと驚愕したことをよく覚えている。

ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサービスが、堂々と存在していることには衝撃を受けた。

若い女性の『初体験』に
3億円以上の値がついている

Giselle

今月、写真のジゼルさん(19歳)という女性が落札されたことを、数々のメディアが取り上げている。その額は、日本円で約3億3千万円。

彼女のページに飛んでみると、そこには落札証明書が表示されていた。

落札したのは、アブダビのビジネスマン。競り合ったのは、ハリウッド俳優ということが記載されている。こんなに堂々と、女性の体が取引されることが許されるのだろうか……。

このサイトを運営している『Cinderella Escort』には、隠すことなくメニュー画面に「処女」というタブを設置していて、そこにはジゼルさんと同じように、初体験を自ら出品している女性たちの一覧がある。

ウソかホントか、医師が検査をしたうえで「処女証明書」がきちんと発行されているのだとか。

どうせいつか失うなら、
高値のうちに売りたいの。

Ariana

もちろん金額の高さにも目を疑ったけれど、一番驚いたのは、処女を売ることに対して、彼女たちが物凄くポジティブだってこと。

THE Sun』によると、今回落札されたジゼルさんは、このようにコメントしている。

旅行もしたいし、学費も払いたい。こんなに高額で落札されるなんて、思ってもなかったから夢みたい!処女を売ることがトレンドになってることに、ある種の解放を感じるの。未だに偏見の目があることを、悲しく思う。

彼女だけでなく、過去に落札された女性たちも同じようにコメントしていて、お金が欲しいほとんどの理由は、旅行か学費だった。

落札された後は、彼女たちが安全にことを済ませられるよう、十分なサポートをすると運営サイトは説明している。あくまで悪質なサイトではないという主張をしている一方で、SNSの運営は規制されてしまった様子。

3億の落札によって注目が高まっている今、もしかしたらサイト自体の命も残り短いのかもしれない。

Reference:THE Sun
Licensed material used with permission by Cinderella Escorts
他の記事を見る
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
女性という、生き物について。
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
仕事とプライベートを両立するのは、なかなか難しいもの。そんな時は、成功者が何をしていて、何をしていないのかを学んでみると良いかもしれない。ここでは、ヴァー...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
米メディア「Mic」のライターJulianne Ross氏が、世の中にはびこるセックスの嘘を暴こうとまとめました。経験を重ねてきた人からすれば、“いまさら...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...