盲目的な恋に、注意喚起を。

日中仕事をしていても、考えるのは好きな人のことばかり。連絡が来るか来ないか、それだけで簡単にテンションが変わってしまう。周りは呆れるかもしれないけれど、恋は盲目。

今すぐにでも彼のもとへ走り出したいくらい、恋心が燃え上がっているのがもしも今なら。クリスマス直前の、この、今なら。

はやる気持ちを1分……いや、30秒でいいから抑えて、この言葉を胸にしまってみてほしい。

愛とは相手に変わることを要求せず、
相手をありのままに受け入れることだ。

ディエゴ・ファブリ

私はつくづく、本当にこのありきたりで、当たり前なことが恋に落ちると難しいと思ってしまう。

自分の気持ちより先に、相手の気持ちを考えているだろうか?

会いに行くとき、相手のことも考えられているだろうか。些細な行動のひとつひとつは、溢れ出てくる相手への思いは、本当に自己欲求だけではないだろうか。

恋をすれば、冷静さなんてなくなってしまう。だからこそ、忘れないでおくべきことは、これだけでいいと思う。けれどこの問いかけを失うと、考えることを怠ると、2人の間には簡単に溝ができてしまうから。

大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
いつの時代も「きれいごとだけでは済まされない」のが恋愛事情。そこには、美しい名言から、本質を突いたシニカルな言葉まで、数多く存在します。ここでは、家入一真...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
アインシュタインの、人生に対する格言はたくさんあるけれど、今回は「I Heart Intelligence」より、恋愛についての言葉だけをご紹介します。天...
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
<フェニルエチルアミン>は、恋愛の症状であるドキドキ・ときめき・胸きゅん・幸福感などを生み出すものだと言われているから。恋をすると胸がいっぱいで、食事が喉...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
恋愛を上手に楽しんでいる人たちを見る度、もっと恋人との関係を最高のものにしたい!なんて悔しく思ったりしませんか?たとえば愛情表現ひとつとっても、足りなくて...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
すぐには会えないもどかしさを、何度も何度も乗り越えているはずのふたり。2018年は少しだけ、今より近く感じられるように。遠距離カップルに向けて、3つのアイ...
恋愛は、人を盲目にします。ひとつの恋が終わって初めて、大切なことを学ぶこともあるでしょう。「Elite Daily」のライターPaulaさんが寄稿している...
「Elite Daily」の女性ライターAmandaさんは、うまくいきそうな男性がいても、後戻りできないくらい好きになってしまうのが怖くて、逃げてしまうと...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...