「ヘイ、そこの彼女、俺のランボルギーニに乗ってかない?」

俺が小学生の頃、スーパーカーブームが起こった。池沢さとしの漫画『サーキットの狼』を無我夢中で読み、スーパーカー消しゴムを集めた。夏休みは、よみうりランドに本物のスーパーカーを観ようと出かけた。1970年代の話だ。

俺の憧れは、ランボルギーニ・カウンタック。ガルウィングという跳ね上げ式のドアは、間違いなくカッコよかった。いつかは、ランボルギーニに乗りたい。少年の心に刻まれた想いは、40年経っても変わらない。

数年前、麻布にあるランボルギーニのショールームに足繁く通い、試乗させてもらったことがある。ただし、数千万円ものクルマなので、案内されたのは助手席。しかも、運転中はハンドルに触らないなどの誓約書を書かねければならなかった。しかし、助手席とはいえ、エンジン音が高らかに鳴り響くと、俺の心は踊った。そのスピード感はハンパじゃなかった。

そんな訳で、このランボルギーニ・デスクを見つけた瞬間、あの興奮が鮮やかに蘇ったのだ。

男心をわしづかみ

これは、スーパーカーファンには、たまらないはず。ベースになっているのは、ランボルギーニ・ムルシエラゴ。2001年〜2010年にかけて製造された車種だ。この後に発売となったランボルギーニ・ガヤルドに比べるとアウディ社の影響が少ないモデルとして多くのファンに支持されているモデルだ。レプリカとはいえ、精巧に作られた外観はファンだけではなく、男心をわしづかみにすること間違いなしだろう。

デスクを製作したのは、ポーランドの家具メーカーである「Design Epicentrum」。カラーバリエーションは数種類あるようだけど、ランボといえばビビットカラー。個人的には、オレンジをオススメしたい。ちなみに、この色、正式には、アランシオアトラスと呼ばれている。気になる値段だが、12,900ドル(約146万円)とのことだ。これを高いと思うか、安いと思うかは、個人の価値観次第。

美しいデザインのランボルギーニ・デスクを手に入れたら、気になる女性に声をかけてみたい。その際は、「俺のランボルギーニに座っていかない?」ではなく、「俺のランボルギーニに乗っていかない?」と胸を張って言いたいものだ。

Licensed material used with permission by DESIGN EPICENTRUM
他の記事を見る
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.16 「中野ブロードウェイ その1 まんだらけ」俺が中野に住んでいた頃、ご多分にもれず、中野ブロードウェイに通った。そ...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。