将来のために今知っておきたい、先輩花嫁たちの後悔とは?

「一生に一度の晴れ舞台」とも言われる結婚式。ここまで支えてくれた家族や友人の前で挙げる式は、絶対に後悔のないものにしたいところ。

でも、彼と自分の意見を取り入れながらゲストにも気を配るって、なかなか大変そう。

自分たちらしい理想の結婚式を叶えるために、私たちは何をすればいいのでしょうか。

リアルボイス!
先輩花嫁たちが、実は後悔していること。

5386675303743488

仕事も忙しいなか、彼と準備をがんばった思い出。当日は親しい人たちの笑顔に囲まれ、家族からも心から祝福された。

全体的には満足しているけど、じつはそれぞれ胸に秘めた「ちょっと残念な思い出」や「後悔する気持ち」もあるようです。結婚式当日にはなかなか口には出せなかった本音を先輩花嫁に聞いてみました!

「やっぱり何事もケチらずにプロに任せた方が良いと思った。新郎新婦(特に花嫁)が気を揉んだり、気をつかったりしていると楽しめないし、泣けない」(30代)

「もっと自然の中でやりたかった。アクセスの問題で都心になったけれど、本当は前後で宿泊とかして優雅に…(笑)」(30代)

「いろいろ盛り込みすぎるのではなくて、こだわるところだけしっかりこだわって、自分たちも落ち着ける結婚式にしたかった」(20代)

「もっと広い会場だと良かったのと、もっと団らんの時間が欲しかった」(30代)

「できればドレスをもっとこだわりたかった」(20代)

…と、経験者にしかわからない言葉ばかり。

式の最中に見せる花嫁たちの幸せそうな笑顔に、ウソはないでしょう。ただ、充実感で満たされていた気持ちが過ぎ去ると、後々ふり返って「そういえば…」とふいに感じることもあるようです。

先輩花嫁の意見も参考にしながら、これから花嫁となるすべての女性たちへ、紹介したいウェディングブランドがあります。

「一生に一度のこだわり」を
とことん追求!

5322767264120832

先に紹介した先輩花嫁たちの本音で特に印象的に感じたのは、「もっとこだわればよかった」「ゆっくり過ごしたかった」という声。

その思いを形にしてくれるのが、リゾートウェディングのパイオニア、ワタベウェディングの新たなブランドPLATINUM BIRTHY(プラチナバーシー)。花嫁たちの理想が詰め込まれているようなコンセプトに胸が高鳴ります!

『PLATINUM BIRTHY』は、国内外のリゾートにあるラグジュアリーホテルや邸宅でオーダーメイドの式をあげるという“最高に贅沢で特別な一日”を叶えてくれます。挙式だけではなく、衣裳、旅行、帰国後の披露宴まで、経験豊かなプロデューサーと何度も相談しながら進めることができるから、忙しいなかでの準備でも自分の理想どおりにこだわりを追求できます。

トータルプロデュースだから、最近増えてきたハワイウェディングも、安心してお任せできますね!

「海外慣れしていない家族は大丈夫かな…楽しんでくれるかな…」なんて心配している方も大丈夫。家族やゲストのみの滞在サポートも可能だから、安心してふたりの時間を大切に、思い切り羽を伸ばすことができます。

6726978904260608

なんと言っても
いちばんは、やっぱりドレス!

643126960062464046874663048970246158036263501824

会場となる場所はもちろんのこと、ドレスは絶対にこだわりたいところ。というのも、前述の「できればドレスにもっとこだわりたかった」という意見の他にも、「演出にお金をかけすぎたかも…。その分ドレスに贅沢しても良かったなぁ」など、先輩花嫁の後悔には、衣裳に関する声も多かったため。

ワタベウェディングは衣裳店から出発したことをご存知ですか?
多くのカップルに愛される現在のポジションを確立するずっと前から、ドレスブランドとして
多くの花嫁を幸せにしてきたのです。

そして、もちろん、未来の花嫁たちも。

PLATINUM BIRTHY(プラチナバーシー)』では、数々のブランドを手がけてきたデザイナーが、徹底的にヒアリングをして、デザイン画に書き起こし、素材選びからボディラインに合わせた微調整までを行い、世界で一着のドレスを仕立てます。
そのドレスを纏い、これまででいちばん美しい姿で、その日を迎えることができるのです。

夢にまで見た花嫁姿。大好きな彼とかけがえのない家族や友人に囲まれて、これ以上にない晴れの日。思い出までも曇りひとつない結婚式を挙げるための準備。プランニングからこだわりたいものですね!

6290295889068032
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...