続かなかったあなたが「RUN」にハマれる、5つのヒント

自分のライフスタイルに「RUN」を取り込もうとしたことがある人は多いでしょう。でも、なぜか続かない?ストイックに走り続けた先にはきっと素晴らしい何かが待っていることは想像できるのに、初めの一歩が踏み出せない?

それは、もしかしたらあなたがRUNに抱いているイメージのせいかも。心当たりがある人は、これを読んでみてください。RUNって、もっと自由でいいんです。

01.
たとえ100mでも「RUN」

最低でも5kmぐらい走らないとカッコがつかないし、効果がないと決めつけていませんか?

最初の一歩を踏み出すなら、ローハンギングなほうがいい。今日は気分が乗らない、なんていうときもある。だから、たとえ100mだって立派なRUNと認定する。まずは小さな達成感の積み重ねを生み出しましょう。

02.
「RUN」を目的にしない

RUNのために早く起きる、早く帰宅することを実行できるのは素晴らしいことです。ただ、そのためにスケジュールを組み続けることが最初はツラく感じたりするもの。

だから、美味しいビールを飲みたいから「喉を渇かすために」走る、でいい。好きなアーティストの曲を集中して聴き込む「ついでに」走る、とかもアリ。

絶対に走ってゴールする必要だってないのだから、たとえば、スーパーへ買い出しのために「行きだけ」走る。それでもあなたは充分「RUN」をしているんです。

03.
旅は「RUN」にハマるチャンス

どこかに旅をするということは、景色のいいところやいつもと違う風景に出会えるということ。それを、ただ歩いている人やすぐタクシーに乗ってしまう人よりも断然多く楽しめるのはランナーの特権です。

ちょっとしたホテルなら周辺のランニングマップをフロントに用意しているところも多いから、いつもと違う旅の思い出作りのつもりで走り始めるのも手。

ランニングマップをコレクションしていくうちに、日常生活でもRUNを欲するようになるかもしれません。

04.
シューズを買うこともすでに「RUN」

例えば、見た目が好みのランニングシューズがあるとします。それを手に取ることも、RUNの入り口。買っただけで満足しちゃう?それでも構いません。シューズが手元にある、つまりいつでも走り始められる準備ができたってこと。

05.
「RUN」は仲間とやるもの=「Run Crew」

RUNって、個人競技のイメージがとっても強い。だから、独りでストイックに続けることに対する苦手意識を持ってしまいがち。でも、そんな中にも誘われたらやるタイプの人がけっこういるはず。

世界には、RUNを楽しむ仲間を「Run Crew(ランクルー)」と呼ぶ文化があります。ポジティブなリーダーがメンバーを鼓舞して公園を何周もするシリアスなチームもあれば、もっとサークル的なノリのチームまで、そのレベルは様々ですが、RUNを仲間と楽しむという一点においては全チーム共通。

仲間と走ると何がいいって、まず、話し相手がいること。それだけで参加する理由になります。もうちょっとハマってくれば、ライバルが見つかること。ライバルはいつだって自分を引き上げてくれる貴重な存在。何より、このSNS偏重の時代に、特別なスキルや凝った道具を必要とせずとも、リアルな時間をシェアできるのは、かなり貴重な体験になるはずです。

この記事を読んで「あれもRUNになるかな?」と考えた人、あなたも今日から立派な「Run Crew」ですよ。

 

アンダーアーマーは今回のシューズだけでなく、様々なRUNのスタイルや楽しみ方、実用的で普段使いもできるギアなど、あなたの快適なランニングを全面的にサポートしてくれます。走った人にしかわからない「RUNの向こう側」に待っているものを、あなたも体感してみませんか?

「RUNの向こう側」についての記事をもっと読む

どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
心身ともに健康でいられるためにも、あなたに悪影響を与える「有害」な人はできるだけ早くに避けましょう。ネガティブな人、あなたを変える人、あなたを尊重しない人...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
イギリスのタイルメーカー「Casa Ceramica」のショールームに続く廊下は、注意しなくても、きっとおそらく走ることはありません。どんなにやんちゃな子...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...