持ち歩く用じゃない「小銭入れ」。

ニューヨークの街で年間1億8,000個も使用されているというコーヒーの紙コップをモチーフにしたウォレット。ユニークではあるけれど、持ち歩くにはちょっと……。

でも、デスク上に置いておく小銭入れとしてはちょうどいいんです。

財布の中で小銭がいっぱいになると、コイツに入れ替えます。貯金箱とかトレイみたいな使い方ですね。

ちゃんと自立するし、クシャッと潰した紙コップとワークデスクって画的に相性がいいです。

商品名は「Lucky Beggar Wallet(ラッキーベガーウォレット)」。検索すると、簡単に見つかります。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

フェイクレザーを折りたたんで、2辺を縫い合わせただけ。それだけなのに、ちゃんと上品なルックス。約30枚の名刺やカードが収納できるという容量も十分だし、出し...
〈KIKKERLAND(キッカーランド)〉の小分け用のボトルセット。クリームタイプのケースやスプレー式のボトル、識別用のシールとポーチも付いてます。旅行時...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
見ての通り、ドリンクディスペンサー型になっているところがイイ! カウンターやテーブル横にセットしておけば、ドリンクバーよろしく、いつでもアイスコーヒーが楽...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!