本当の「愛」がある人との間に出てくる6つのフレーズ

私はあの人を愛していない。愛するとは、もっと別な、母の気持も含まれた、血のつながりを感じさせるような、特殊の感情なのではなかろうか。私は、あの人を愛していない。

ーー太宰治「女の決闘」

「愛ってなんだ?」って話題になると、決まって思い出すフレーズのひとつ。血脈まで感じるような、絶対的な一体感を「愛」と表した名フレーズ。

「Elite Daily」のライター、 さんの書いた恋愛の記事を見たときに、これって、恋人以外にも言えるよなぁって思ったんです。

結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。

「手伝えることある?」

4835775954812928

恋愛に限らず「好き」な人には、色々と世話を焼きたくなってしまうもの。かまいたくてたまらなくなる、放っておけない…そんな感じ。

たとえ「何も言わないで、ただ聞いていて欲しいだけなんだけどさ」と切り出されても、「自分にできることなら喜んで」と真剣に耳を傾けたくなるのが愛情なのです。

「一緒にいると、しっくりくるね」

思っていることを何の気なしに正直に伝えることができるのは、相手と「しっくり」くる仲だからこそ。それがいつも、どんなことでも至福に感じられる、ということを意味するわけではないとしても。

衝突があっても、なんだかんだで最終的には居心地が良い。そんな不思議な関係は、深い愛情があるが故なのです。

「どうしたらいいか、一緒に考えよう」

5475107606626304

愛があるというのは、決して争わないことを意味するのではありません。実はむしろ真逆。

争うけれども、そこで「じゃあもういい!」と手を放してしまわないこと、それでもどうにかして、一緒に、関係を続けようとしていくこと、そこに愛情というものがある

「なんでも話せる気がする」

4821917034872832

自分についての情報を、相手とシェアしようという意思や、そういった願いは、相手に弱さや欠点を見せるのを厭わない、ということにも繋がってきます。

それに至らぬところや繊細な部分を見せ合うことはより仲の深まる要因にもなります。

そういったことを話せる信頼や、それを受け入れて欲しいと思う思慕の裏付けになっているのも愛情です。

「あなたのこと知るの、好き」

愛とは時間がかかるもの。出会ってすぐなのに(恋はまだしも)「愛」を語るのは、やっぱりちょっと違います。だって、まだ本当には知らないものに対して「恋い焦がれる」ことはできるけど、「愛情を持つ」ことなんて、どうしてできるの?

「愛している」って早まっていってしまうよりも、まずは「あなたのことを知りたい」という言葉から始める方が誠実で、本当で、だからこそよく響きます。

「好きなんだ」

4821185816690688

「愛してる」よりも、こっちです。"LOVE"ではなく、"LIKE"です。だって「愛してる」って、重くて、生々しくて、危なくて、恐ろしいものなんですから。軽々しく言わないぶん、重みがあるってものなんです。

鳥が空を飛ぶのが好きなように、犬が走るのを好きなように、理由のない純粋な、自然な、でも絶対的な「好き」。それがあることが、まず前提。

わざとらしくなく、それを口にできるのは愛のしるし。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第9弾です。
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
「愛」と聞くと、まずは恋愛のことが思い浮かぶかもしれません。でも、私たちの生活には、恋愛以外にもたくさんの「愛」があふれています。家族や友だちへの愛、仕事...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
だから嬉しい!だから苦しい!
思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なん...
「恋するとキレイになる」。こんなことよく聞くけれど、これって本当だと私は思う。もちろん、ハッピーなだけじゃない。何気ないことで一喜一憂する乙女たち。愛くる...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第8弾です。
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
「愛」と「愛情」の正体を、まわりにいる人生の先輩たちに聞いてみることにしました。今回は、第3弾です。