この「プロジェクター」で、リビングがすっきりする!?

家庭におけるプロジェクターと言うと、ホームシアターをイメージする人がほとんどだろう。実際、「大画面で映画を観たい!」と思っていわゆる天井に設置するプロジェクターを購入する人が多いと思う。

そんな中、“ホームシアター派”というよりは、“インテリア派”に支持されているプロジェクターがある。

それが、ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1」だ。

見ての通り、ちょっと厚みのある本ぐらいのサイズ感。かなりコンパクトだ。

既存のプロジェクターとまったく異なるシンプルな佇まい、そして天井に仰々しく設置する必要のない手軽さは、いかにもインテリアにこだわる人たちから支持されそうだが、「ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1」は、なにも外観やデザインだけで人気を獲得しているわけではない。

これがあれば部屋がすっきりするという、副次的なメリットがあるところがポイントだ。

リビングの風景が一変する!?

まず簡単にスペックを。

「ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1」は、その名の通り超短焦点であるのがポイントだ。短焦点というのは、プロジェクターと映像の距離が短いということ。具体的には、壁に本体をピッタリとくっつけた状態、つまりプロジェクターと映像の距離がほとんどない状態でも22インチの画面が投写可能となっている。さらに言えば、たった約28cm壁から離すだけで最大80インチの画面が楽しめる。

多くのプロジェクターの欠点とも言える、設置の手間や映像を写すスクリーンとの距離の問題は、このプロジェクターには当てはまらない。そもそも壁に直接映像を写すことを前提とした製品なので、スクリーンを買う必要すらないのだ。

そして、もうひとつ重要なポイントが、ブルーレイディスクレコーダーやケーブルテレビのチューナーにつなぐことで、地上波を含むテレビ放送を視聴可能なことだ。もちろん、レコーダー内に録りためた番組を見ることだってできる。

コンパクトで超短焦点、しかも見た目が洒落ているということで、このメリットは案外見逃されがちだが、じつはこれこそが冒頭の「すっきりする」の正体。そう、このプロジェクターを使用することで、今あなたの部屋やリビングにあるテレビの代わりを果たすことができるというわけだ。

たしかに、テレビよりも小さなサイズのこのプロジェクターに置き換えるだけで部屋がすっきりするのは、想像に難くない。

テレビ中心のレイアウトに不満を持っている人は多いのでは?

考えてみれば、ひと昔前とくらべて、必ずしも家電としてのテレビが必要ではなくなってきているように思う。

それでも、多くの家庭のリビングではもっとも目につくところにあり、スペースもとっているはずだ。

そう考えると、インテリアにこだわる人たちの間で、このプロジェクターが支持されているのもうなずける。

「テレビがなかったら、リビングがもっとすっきりするのに」

そんなふうに思う人は、少なくないのでは?

厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーも、お互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。とくにドライバーから見る...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
「Lightform」は、誰でも簡単に映像を制作してそれを投影できてしまう優れもの。自宅やオフィス、いつも行く場所を特別な空間に変えたい人に最適!?
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
学校制度が始まり、100年以上。当然のことながら、その間に教科書やランドセル、文房具などは進化しています。しかし、唯一と言っていいほど変わらないもの…それ...
母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビ...
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
ラジオとカセットが合体してできた、日本発のイノベーション=ラジカセ。おそらくオーバー40くらいの方々にとっては「持ってた!持ってた!」とノスタルジーを掻き...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...