「森の蒸溜所」が世界でも稀なのを日本人こそ知らない

ウイスキーの蒸溜所と聞いてどんな場所を想像しますか?  正直なところあまりイメージもわかなかったりするのが本音だったりします。実は、世界でも稀な立地である、自然に囲まれた森の中に存在する蒸溜所があるんです。それも日本に。

そこは鳥の声を聞きウイスキーを愉しめる、心も潤う気持ちのいい場所でした。

名水を求めたら、森の中だった

ここはサントリーの第二の蒸溜所として1973年に誕生した「白州蒸溜所」。南アルプス、標高約700mにある、広大で豊かな森と南アルプスの山々をくぐり抜けてきた天然水が流れる場所、白州。サントリーはウイスキーづくりに適した理想の水を求めてこの地にたどり着き、蒸溜所を建設しました。
シングルモルトウイスキー「白州」は、このミネラルバランスのよい天然水で仕込まれ、様々な自然の恩恵を生む森の中で生まれます。蒸溜所の周囲の森を見渡し、清涼感ある空気を感じれば、「白州」がスッキリとした爽やかな味わいとなっているのも、なんだか納得できる気もしてきます。

このような緑豊かな森の中に存在する蒸溜所というのは、本場・スコットランドでもあまり見られず、世界的にも珍しい存在なのだそうです。

野鳥たちのさえずりに癒される
「バードサンクチュアリ」

豊かな森に囲まれる「白州蒸溜所」には、野鳥の聖域「バードサンクチュアリ」があるのも特長。環境の変化に敏感な鳥たちが年間約50種訪れるのも、豊かな自然が維持されていることの証になります。バードウオッチングなど自由に散策ができるこの森の中で、聞こえてくる野鳥たちの声は、訪れた人々の気分を癒してくれることかと思います。鳥たちのうた声は樽で熟成するウイスキーにもいい影響を与えているのかも……そう感じさせてくれる森がここにはあるんです。

森に囲まれ気持ちよく一杯を味わう
「ホワイトテラス」

これだけ自然の素敵な環境がそろった蒸溜所ですから、訪れるだけではもったいない。四季折々の豊かな自然の中、森の空気を感じながら生まれたウイスキーと相性が良い料理を楽しみたいもの。「白州蒸溜所」にある森の隠れ家のようなレストラン「ホワイトテラス」へ。「白州 森香るハイボール」を片手に、木漏れ日の射すテラス席に座り、手元も周囲も美しい緑を感じる食事の時間を過ごせます。同じテラスで燻されてから提供される「チーズのウイスキー樽燻製」や「ウイスキー樽燻製の盛り合わせ」、「小エビのハーブオイル漬け」など、季節に合わせて変わる新鮮な食材を取り入れた料理の数々と、「白州 森香るハイボール」の爽やかな味わいで、昼から贅沢な気分に。こういった自然を感じるランチタイムをとるのも、「白州蒸溜所」での素敵な過ごし方になります。

雰囲気を醸すBARでウイスキーの奥深さを知る
「BAR 白州」

蒸溜所内にある、「BAR 白州」にて、様々なウイスキーの魅力を体験するのもオススメです。シックで本格的なバーカウンターが迎えるこちらでは、白州をはじめとした世界各国のウイスキーが愉しめます。シングルモルトウイスキー「白州」を熟成年数ごとに「18年」「25年」と飲み比べて、変化を感じるのもいかがでしょう。爽やかな味わいの中でも、甘さや香りの違いを知るよき機会になるはずです。

森の蒸溜所へ訪れ、ここでしか知ることのできないウイスキーの奥深さ。これもまた稀有な経験となるはずです。

知識欲を満たすこともできる
「ウイスキー博物館」

心と体で「白州」を堪能したあとは、あわせて知識の面でも満たすのはいかがでしょう。この春リニューアルされたばかりの「ウイスキー博物館」は、森の蒸溜所とも呼ばれる白州蒸溜所らしく、白木を基調とした内装によって自然を感じられる空間。ウイスキーの歴史や文化、「白州」誕生の歴史の他にも、豊かな水と広大な森を守るサントリーの環境活動といった様々な展示を行う博物館です。そんな場所が、この森の蒸溜所には存在するんです。

世界でも希少な蒸溜所を巡る週末は
ゆっくり過ごしたい

豊かな自然に囲まれた、心も満たされる森の蒸溜所。世界を見渡しても例があまりないこの場所にせっかく訪れたのなら、立ち寄るだけとはいわず、じっくりとゆったりと楽しんで過ごしたい。ならば、週末を利用して泊まり旅といくのもいいのでは?

旅する宿のひとつとしてご紹介するのは、白州蒸溜所からほど近い場所に位置する高原リゾート・清里にある「オーベルジュ」。八ヶ岳の南麓に位置し、周囲の木々に溶け込むように建つ、客室わずか10室という特別な空間。館内は天窓から陽光が射し込むサンルームや暖炉のあるラウンジなど、趣きあるスペースが広がります。また、オーナーシェフの五味博さんによるシングルモルトウイスキー「白州」とマリアージュする特別メニューが愉しめるのもオススメなところ。地元の森で捕れるジビエ食材や五味シェフ所有の畑で八ヶ岳の名水などの恵から育った野菜による料理は、乾杯とともに白州蒸溜所で体験を思い出しながら、旅を締めくくってくれるはずです。

貴重な体験となる森の蒸溜所への旅だったら、宿もここまでこだわってみたいものですね。

牧場通りの小さな旅籠 オーベルジュ

住所:山梨県北杜市高根町清里牧場通りコート・ドゥ・ヴェール
TEL:0551-48-3405

森の蒸溜所を訪ね、気持ちが贅沢になる旅

豊かな緑と水の恩恵に囲まれ、訪れた人にも癒しをくれる白州蒸溜所。野鳥の声に耳を傾けながら、美味しく「白州 森香るハイボール」を飲んで、心から癒される……有意義で贅沢な旅になると思いませんか? 世界でも希少な場所がせっかく日本にあるのだから、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

「サントリー」は、ナチュラルミネラルウォーターの新工場の名称を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に決定し、2021年春の稼働を発表。
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売。