「1日3回以上SNSを開く人」に質問です。

最近よく耳にする「ライブ配信」や「ライブコマース」。
もちろんそれがどんなものかは答えられるし、話題のトピックスはいちおうキャッチしてる(つもり)。インスタだって、Facebookだって毎日触っているし。
と、そんな人に質問です。

「17」を声に出して読んでみて?

さんはい、◯◯◯◯!

「……え、ジュウナナ?」って小声でつぶやいてくれた方、ぜひこの記事を最後まで読んでいただきたい。会社や学校で、最新情報をつねにキャッチしてる人だって思ってもらうためにも。

正解は、イチナナ。

なぜこう読むのかって、実はいま、ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」が日本中で話題なのです。ある芸能人が、17 Live内で第2の夢への挑戦を近々発表することでも注目されているから、聞いたことがある人も多いかも。これ、知らないのは絶対損!

今さら聞けないよぉっていうあなたのためにも、17 Liveがどんなものなのか、そしてその面白さを教えちゃいます。

そもそも「イチナナ」って一体……

「17 Live」とは、いつでも誰でも無料で手軽に配信・視聴・参加できるライブ配信アプリ。

一方的に視聴するのではなく、気になる人の配信を視聴しつつも、自分自身も気軽に配信できるという、全員配信者スタイル。もちろん、"ながら見"するだけでもOK。

2015年に台湾で産声をあげて以来、アジア9カ国を拠点に爆発的にユーザーが増え、いまや4000万人(2017年9月時点)が使っているんです。

ちなみに、配信側を「17ライバー」、視聴者を「オーディエンス」と呼ぶのですが、"ライバー"というワードは、きっと近いうちに"ユーチューバー"並みに一般的になるはず。いまのうちから脳にインプットしておくことをおすすめします!

ここから続々とスターが誕生!?

アプリを開くと表示される人、人、人。
かわいい女性やイケメン、コスプレイヤー、ギャグばっかり言ってそうな人、どこにでもいそうな普通のおじさんなどなど。
その中から気になる人の配信を眺めたり、早速配信をしてみたり(これはハードルが高いか)するだけ。

でもまずはザッピング感覚でチェックしてみて。年齢や性別に関わらず、いろんな人がライブ配信していることにきっと驚くはず!

気になるところでは、
・素人とは思えない歌声で癒してくれる歌うまさん
・料理のコツを教えてくれる美人主婦
・新譜から名盤まで、独自のテクニックで魅了する学生風DJ
・配信中にイラストを書き上げる絵描きさん
・70代のキュートなおばあちゃま(!)
あたり。もちろん、オーディエンスとのおしゃべりがメインの人もたくさんいて、彼らに気軽に話しかければ(コメントすれば)ダイレクトに反応してくれます。この会話感にハマっちゃうんです。

なかには配信のたびに何万人もの視聴数を記録する、芸能人級なライバーも!

とくに気に入ったライバーへは「ギフティング」(デジタルギフトを贈ること)をして応援ができます。自分が選んだイラストが画面中央に大きく表示されるので、ライバーもすぐに気づいてリアクションしてくれて、なんだか嬉しくなっちゃいます。

ちなみに右下からぷよぷよ浮き上がってくる大量のハートは、オーディエンスからの「イイね」の意味(2回タップ)。なんとなーく見ているだけでも思わずポチポチっと押したくなるんですよねぇ。

他の人の配信が見たくなったら、縦スクロールすれば部屋を移動することもできちゃう。インスタ感覚でサクサク操作できるから、ずっと見てしまいますよ。

あきらめきれない夢を
叶えたい!

実は、17 Liveがここまで話題になっているのには、ほかにも秘密があります。
それは、ここが夢を叶えるプラットフォームであり、かつそれを応援できる場だということ。

前述したとおり、歌や料理などそれぞれの特技を生かした配信をしている人が多く、それぞれの夢や志をもって配信しているライバーがたくさんいます。

"タレントやモデルになりたい、シンガーとして歌を届けたい……"

こうした彼らの夢を、オーディエンスはギフティングで支援。ライバーは、ギフティングで得たポイントの一部を収益として得ることができるのです。ポイント分配率は約15%(当社調べ)。たとえば10万ポイントもらった場合は、15000円ほどもらえるという計算ですね。

だからこそ、とくに人気ライバーは自分の夢を叶えるために、よりいいライブを届けようと本気。それに心動かされたオーディエンスもギフティングで彼らを支援するという関係性が、しっかりと築かれています。

いやぁ〜、その一体感が、なんともスゴイんです!
自分の知らないところで、こんなにも多くの人が集う熱い世界が広がっていることに、きっと衝撃を受けるはずです。

みんなが"夢"を語れる

17 Liveには、キラキラした夢追い人がたくさんいるけれど、「夢を諦めてしまった」と回答した日本人女性は、ある調査(※)によると約81%にも及ぶのだそう。

たしかにオトナになるにつれ、自分の実力や運、そして熱量のなさを目の当たりにして、いろんなことを諦めてしまいがち。
興味はあっても自信もないし、私には無理だなって。

こう感じている人に向けて、2018年6月5日〜30日の期間中、17Liveでは「第2の夢」をテーマに、自分の本音を伝え合うキャンペーンを実施するのだそう。

※P&Gプレステージ合同会社調べ

あの人もプレゼンするの!?

「あぁ、むかし思い描いた将来の"わたし"は、いまのこの私じゃないよな……」

こんなふうに思っているのは、私たちだけではなかったみたい。憧れの対象である芸能人だって同じ模様。

たとえば、お笑い芸人バイきんぐの西村さん。芸人になった今でもあきらめきれない夢があるらしく、なんと17 Live内で"第2の夢"をプレゼンするんです。

ちなみにその夢は、なんと「キャンプレストランのオープン」!元々、お笑い芸人界では無類のキャンプ好きと有名で、夢の実現に向けて熱い想いを抱いているのだそう。ただこれが原因で解散の危機にあるとか……!?

プレゼンの様子は17 Liveから視聴可能で、「応援」を意味するデジタルギフトを送ってくれた人の中から抽選で、実際にキャンプレストランに招待してもらえるプレゼント企画もあるのだとか。西村さんの夢がイチナナで叶うのか、気になるところ!

2015年8月2日。京都市内で、和と洋の“極上のコラボレーション”が行われていたことを、あなたは知っているだろうか?舞台は世界遺産・清水寺。1,200年以...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
アイルランドで最大規模のお祭り「セント・パトリックス・デー(St Patrick's Day)」。この日の主役セント・パトリックとは、不況のためにアイルラ...
若返りの泉があるーー。そう聞いたら、多くの人が飛びつくでしょうか。でも本当に欲しいものは肉体的な若さではなく、精神的な若さだったり?毎秒、1分、1日ごとに...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
“大人でも子どもでもない”17歳のAnnegienは、アメリカで平凡な毎日を過ごす女の子。一瞬一瞬を大切に生きる彼女は、他の人の目からは、ごくごく普通に見...
「The Muse」に、言葉を巧みに操り人生を充実させる方法が掲載され、話題になっています。この記事で具体的に紹介されているのは、誰もが今すぐ使える17の...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
2014年の初上陸以降、日本中のダンスミュージックファンを熱狂の渦に巻き込んできた「ULTRA JAPAN」が2016年の開催を決定!12月20日(日)1...
このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。...
お父さんが亡くなったのは、3年前のこと。そのすぐ後に、三つ子を妊娠していることがわかりました。すくすくと成長していく孫たちを集めて、「元気に過ごしているよ...