賞味期限を管理してくれるタッパー「Ovie Smarterware」

「Ovie Smarterware」はちょっと変わったタッパー。食材の保存はもちろんのことですが、賞味期限も管理してくれるんです。便利!

これはタッパーに付いている丸い「スマートタグ」がポイント。食材もしくは料理を入れる時にスマートタグのボタンを押して、連動するAmazon Alexaに中身を伝えると賞味期限を計算してくれるとのこと。鮮度が落ち始めたら、スマホにメッセージを送ってくれる機能もあります。

一目見ただけでも鮮度が分かる工夫もこらされていて、タッパーが緑色のうちは「新鮮」、黄色は「食べれる」、赤色は「捨てよう」を意味するそうです。

もうすぐプレオーダーを開始するとのこと。10個くらいは欲しいですね。

©Ovie
©Ovie
Top image: © Ovie
Reference: Ovie
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
ビジネスにおいて大きな成果を残している人に話を聞くと、彼らは口を揃えて「もっと時間が欲しい」と言います。時間はすべての人に平等です。にも関わらず、いつも時...
夏は野外でのイベントも多く、炎天下に長時間……なんてことも。そんなとき気になるのが脇汗のにおい。たとえ他の人のにおいだとしても「もしかして自分?」なんて気...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...